2012年 05月 05日 ( 4 )

粟粒肺内転移をきたした非小細胞肺癌ではEGFR遺伝子変異の頻度が高い

粟粒肺内転移をきたした非小細胞肺癌ではEGFR遺伝子変異の頻度が高い_e0156318_1715485.jpgmiliary intrapulmonary carcinomatosisという
言葉があるが、粟粒肺癌、粟粒肺内転移という
訳もあるものの、これぞという日本語訳はまだない。
Laack E, et al. Miliary never-smoking adenocarcinoma of the lung: strong association with epidermal growth factor receptor exon 19 deletion. J Thorac Oncol 2011; 6: 199-202.

粟粒肺内転移をきたした非小細胞肺癌において、
EGFR陽性率が高かったというERJからの報告。


Shang-Gin Wu, et al.
Frequent EGFR Mutations in NSCLC Presenting with Miliary Intrapulmonary Carcinomatosis
Eur Resp J ,Published online before print April 20, 2012,


背景:
 非小細胞肺癌(NSCLC)で粟粒肺内転移:miliary intrapulmonary
 carcinomatosis (MIPC)をきたすことはまれである。
 われわれは、NSCLCにおいて初期診断においてMIPCをきたした患者の
 臨床的特徴やEGFRの頻度を調べた。

方法:
 2004年6月から2008年12月の間、われわれは
 NSCLCと新規に診断した患者において画像診断上MIPCをきたした
 患者をスクリーニングした。われわれは臨床的データとEGFR遺伝子変異を
 調べた。比較として、われわれはMIPCのないNSCLC患者からの検体で
 EGFR遺伝子変異を2001年4月から2008年11月の間調べた。

結果:
 3612人のNSCLC患者のうち、85人に初期にMIPCが同定された。
 81人が腺癌であった。85人のうち、60人にEGFR遺伝子変異
 スクリーニングを施行し、42人(70%)が陽性であった。
 673人のIV期非MIPC-NSCLCと比較すると、MIPC患者は
 有意にEGFR遺伝子変異率が高かった(p =0.036)
 (Del-19が35%、L858Rが20%であった)。
 男性喫煙者のほうがその率が高かった(91%)。OSの予後予測因子を
 同定するMIPC85人の多変量解析において、腺癌、肺外転移がないこと、
 EGFR遺伝子変異陽性は、長期生存と関連していた。

結論:
 初期にMIPCをきたしたNSCLC患者では、腺癌とEGFR遺伝子変異の
 頻度が高かった。EGFR-TKIはMIPCをきたしたアジア人患者において
 有用な治療選択肢となりうるかもしれない。

by otowelt | 2012-05-05 17:19 | 肺癌・その他腫瘍

慢性壊死性肺アスペルギルス症に対するイトラコナゾールの短期・長期の有効性

Yoshida K, et al.
Efficacy and safety of short- and long-term treatment of itraconazole on chronic necrotizing pulmonary aspergillosis in multicenter study.
J Infect Chemother. 2012 Apr 24. [Epub ahead of print]


背景:
 呼吸器科領域において、慢性壊死性肺アスペルギルス症(CNPA)や
 アスペルギローマといった慢性肺アスペルギルス症は重要である。

方法:
 われわれは、CNPA症例において短期と長期のイトラコナゾール投与の
 効果と安全性を調べた(内服-注射のスイッチを含)。このスタディに
 参加した病院すべてにおいて、プロトコールは倫理委員会の承認を受けた。
 このスタディはUMIN登録後に開始した(UMIN000001727)。
 このスタディに登録した患者は呼吸器科において臨床的あるいは
 確定的にCNPAと診断された患者であり、日本の
 深在製真菌感染症ガイドライン2007に基づいて診断された。
 16病院において2008年5月から2011年3月まで実施された。
 治療はイトラコナゾールの点滴から開始された。
 その後薬剤は経口へ移行された。効果は、
 主要項目:臨床症状、発熱、画像所見、副次項目:栄養状態、炎症性マーカー
 によって評価された。

結果:
 29人の患者が登録され、安全性は24人、効果は23人で評価された。
 23人の患者のうち10人(43.5 %)に効果がみられた。
 短期的に治療された8人、長期的に治療された15人においてそれぞれ
 25.0 %、53.3 %の効果がみられた。イトラコナゾールの血中濃度は
 点滴開始から3日後においてアスペルギルス症に効果があると思われる
 血中濃度に到達していた。高用量カプセルへ変更したあとも血中濃度は
 維持された。肝機能障害や心不全などの有害事象は24人中9人にみられた。
 さらに6人の患者は死亡した。しかしながら、これらのイベントと
 イトラコナゾール投与とは関連性は認められなかった。

結論:
 イトラコナゾール投与を経口スイッチすることは
 長期治療を必要とするCNPA患者において有用な治療法であると考えられる。

by otowelt | 2012-05-05 16:50 | 感染症全般

ベバシズマブ投与における肺出血リスクの回避

M. Reck, et al.
Predicting and managing the risk of pulmonary haemorrhage in patients with NSCLC treated with bevacizumab: a consensus report from a panel of experts
Ann Oncol (2012) 23 (5): 1111-1120.


背景:
 ベバシズマブは、VEGFに対するモノクローナル抗体である。
 進行NSCLCにおけるベバシズマブ治療において
 重度の肺出血はまれではあるが、重篤な潜在的副作用である。

方法:
 NSCLCにおけるベバシズマブを使用する上での手助けとなるよう
 肺出血の予測因子を同定するために腫瘍専門医、肺癌専門医、
 放射線科医により有用なデータがレビューされた。

結果:
 NSCLC患者は基礎疾患プロセスにより
 有意に肺出血のリスクが上昇した。
 扁平上皮癌 and/or grade2以上の血痰の病歴(2.5ml以上)
 がある場合にはベバシズマブは投与されるべきではない。
 いずれの臨床的あるいは放射線学的特徴(空洞や中枢性腫瘍を含む)も、
 重篤な肺出血をベバシズマブ治療患者において予測しなかった。
 腫瘍血管浸潤や気管支血管浸潤、包括、隣接は
 肺出血を予測するかもしれないが、血管浸潤についての厳密な
 基準は存在しないのが現序うである。ベバシズマブ投与を行う是非に
 ついては、年齢やPS、抗凝固・抗血小板療法に影響されるものではない。

結論:
 ベバシズマブ投与を考慮しているNSCLC患者すべてにおいて、
 個々のリスク―ベネフィットのアセスメントをおこなうべきである。
 肺出血のリスクについてはさらなる研究を要する。

by otowelt | 2012-05-05 12:18 | 肺癌・その他腫瘍

ヒ素曝露は呼吸困難のリスク

WHOでは飲料水におけるヒ素の濃度を10μg/L未満にするよう推奨している。
Smith AH, et al. Contamination of drinkingwater by arsenic in Bangladesh: a public health emergency. Bull World Health Org 2000; 78: 1093–1103.

ヒ素曝露によって呼吸器系に障害をきたす(慢性気管支炎、肺癌など)ことが
知られているが、そのリスクについて評価した論文は少ない。

Gene R. Pesola, et al.
Arsenic exposure from drinking water and dyspnoea risk in Araihazar, Bangladesh: a population-based study
Eur Respir J 2012; 39: 1076–1083


背景:
 バングラデシュは水からのヒ素曝露が高い。慢性的なヒ素曝露が
 呼吸困難をもたらす疾患をもたらすかもしれないとされているが
 その情報は不足している。

方法:
 ヒ素の試験からベースライン情報を収集した。
 内科医により11746人から呼吸困難のデータを集めた。
 データは、人口疫学的因子(喫煙、血圧、ヒ素曝露)を収集し、
 ロジスティック回帰モデルによりヒ素曝露と呼吸困難の関連性における
 オッズ比と信頼区間を求めた。

結果:
 高ヒ素濃度(50μg/L以上)の水の曝露による呼吸困難の
 補正オッズ比は1.32(95% CI 1.15–1.52)であった(p<0.01)。
 これについては有意な用量反応相関性がみられた。
 非喫煙者において呼吸困難の補正オッズ比はヒ素濃度が
 7-38μg/L、39-90μg/L、91-178μg/L、179-864μg/Lでそれぞれ
 1.36, 1.96, 2.34、1.80であった
 (<7μg/Lと比較、p<0.01; Chi-squared test for trend)。

結論:
 水からのヒ素曝露は喫煙とは独立した呼吸困難と関連していた。
 このスタディは、水からのヒ素曝露を減少させることで呼吸困難症状を
 軽減できる可能性を示唆している。

by otowelt | 2012-05-05 09:16 | びまん性肺疾患