2012年 10月 30日 ( 2 )

間質性肺疾患のある患者への呼吸リハビリテーションは有効

間質性肺疾患のある患者への呼吸リハビリテーションは有効_e0156318_13563316.jpg 呼吸リハビリテーションはほとんどがCOPDの論文ですが、ERJから間質性肺疾患に対する有効性の報告がありました。

Patrick Huppmann, et al.
Effects of In-Patient Pulmonary Rehabilitation in Patients with Interstitial Lung Disease
ERJ Published online before print October 25, 2012


背景:
 呼吸リハビリテーションは、国際的ガイドラインにおいても特発性肺線維症(IPF)を含む慢性肺疾患患者に推奨されている。
Raghu G, et al, ATS/ERS/JRS/ALAT Committee on Idopathic Pulmonary Fibrosis. An official ATS/ERS/JRS/ALAT statement: Idiopathic pulmonary fibrosis: evidence-based guidelines for diagnosis and management. Am J Respir Crit Care Med 2011; 183:788-824
 しかしながら、間質性肺疾患患者に対するデータは非常に限られている。そのため、わたしたちは入院している間質性肺疾患患者の機能ステータスやQOLに対する呼吸リハビリテーションの効果を検証した。

方法:
 1999年から2010年までにSchoen Klinik Berchtesgadener Land呼吸リハビリテーションセンターに入院した402人の連続した間質性肺疾患患者を評価した。すべての患者は、入退院時の呼吸機能検査、血液ガス分析、6分間歩行試験、SF36を含む標準化された呼吸リハビリテーションプログラムを受けた。

結果:
 患者平均年齢は60±1歳(range 21-89)で、202人(50%)がIPFの確定診断を受け、21人(5%)はIPF以外の特発性間質性肺炎(NSIP,COP)、59人(15%)が過敏性肺炎、50人(12%)がサルコイドーシス、24人(6%)が膠原病肺、46人(12%)が薬剤や放射線などのその他の原因による間質性肺疾患であった。299人(74%)が肺移植登録患者であった。111人(28%)が肺高血圧の徴候があった。80%の患者は在宅酸素療法を受けていた。全体の平均肺活量は予測値の54±1%であった。
 平均呼吸リハビリテーション期間は30±1日であった。6分間歩行試験は46±3m (308±6m vs.354±6m, p<0.001)の改善がみられた。呼吸困難に変化はみられなかった。呼吸機能検査は、肺活量の改善がみられた(+1±0%, p=0.002)。SF-36は身体的・精神的健康サマリースコアと同様8つのサブスコア全てで増加がみられた(physical: 6±1 points, p<0.001; mental-health: 10±1 points, p<0.001)。さらに、肺高血圧徴候のある患者においても呼吸リハビリテーションの効果がみられた。
間質性肺疾患のある患者への呼吸リハビリテーションは有効_e0156318_1350640.jpg
limitations:
・ランダム化試験ではないこと
・患者側の因子だけでなく、治療者側の意欲も結果に影響している可能性がある
・患者の何人かは病状の悪化で入院してきた経緯があり、アウトカム改善が呼吸リハビリテーションによるものだけではない可能性がある

結論:
 この大規模コホート試験によって、間質性肺疾患のある患者への呼吸リハビリテーションは、機能ステータスやQOLに効果がみられることがわかった。

by otowelt | 2012-10-30 13:57 | びまん性肺疾患

メトホルミンは癌死亡リスクを減少

 メトホルミンは、肺癌の分野でも少し注目されていますね。ちなみにメトホルミンと癌のリスク減少については過去にいくつか報告されています(Cancer Prev Res (Phila) 3: 1451–1461, 2010.,Diabetes Care 34: 2323–2328,2011.)。

Hiroshi Noto, et al.
Cancer Risk in Diabetic Patients Treated with Metformin: A Systematic Review and Meta-analysis
PLoS One. 2012;7(3):e33411


背景:
 メトホルミンは潜在的ではあるが癌のリスクを下げると示唆されている。われわれの目的は、糖尿病患者においてメトホルミンが、部位を問わない癌あるいは臓器特異的な癌のリスクに対する効果検証するものである。

方法:
 MEDLINE, EMBASE, ISI Web of Science, Cochrane Library, ClinicalTrials.govにおいて、2011年10月12日の時点で出版されている論文を調査し、システマティックレビューおよびメタアナリシスを施行した。検索ワード:‘diabetes’, ‘metformin’, ‘cancer’ or ‘neoplasms’, and ‘risk’ or ‘risk factors’。総癌死亡率と癌の頻度を計算した(リスク比)。

結果:
 6試験(4:コホート試験、2:ランダム化比較試験)で21195人の糖尿病患者が登録され、991人(4.5%)が癌によって死亡した。10試験(2:ランダム化比較試験、6:コホート試験、2:症例対照研究)210892人のうち、11117人(5.3%)に癌の発生がみられた。
 メトホルミン使用者における癌のリスクは有意に非メトホルミン使用者より低かった(癌死亡RR 0.66, 95%CI 0.49–0.88、全ての癌発症RR0.67, 0.53–0.85、大腸癌RR0.68, 0.53–0.88、肝細胞癌RR0.20, 0.07–0.59、肺癌RR0.67 , 0.45–0.99)。
メトホルミンは癌死亡リスクを減少_e0156318_1671653.jpg
 ほかの癌種については統計学的有意差はみられなかった(前立腺癌、乳癌、膵臓癌、胃癌、膀胱癌)。
メトホルミンは癌死亡リスクを減少_e0156318_1674333.jpg
Discussion:
 メトホルミンが癌の発生・死亡リスクを抑制する理由として、体重増加の抑制や高インスリン血症の改善などが考えられる。また、メトホルミンとAMPK経路の関連が示唆される。LKB1はAMPK経路の上流にあり、メトホルミンがLKB1依存性の腫瘍形成を阻害している可能性がある。

結論:
 糖尿病患者におけるメトホルミン使用は有意に癌死亡と癌発症を減少させる。しかしながら、この解析はおもに観察研究に基づいており、長期のランダム化比較試験が必要であると考えられる。

by otowelt | 2012-10-30 00:01 | 内科一般