2018年 05月 25日 ( 2 )

IPFに対する遺伝子組み換え型ヒトペントラキシン2は肺機能低下を抑制

e0156318_7331272.jpg ATS2018でもっとも注目を集めていた報告の1つです。

Raghu G, et al.
Effect of Recombinant Human Pentraxin 2 vs Placebo on Change in Forced Vital Capacity in Patients With Idiopathic Pulmonary FibrosisA Randomized Clinical Trial
JAMA. Published online May 20, 2018. doi:10.1001/jama.2018.6129


背景:
 IPFは進行性肺疾患であり、予後不良である。適応のある治療をもってしても、疾患進行を止めることはできない。

目的:
 この研究は、遺伝子組み換え型ヒト・ペントラキシン-2タンパク質製剤とプラセボを比較し、28週時点での努力性肺活量の平均変化を調べることである。

方法:
 IPF患者117人(年齢40~80歳、%努力性肺活量50%~90%、1秒率70%超、%DLCO25~90%、6分間歩行距離150m以上)を対象に、第2相ランダム化二重盲検プラセボ対照試験が7ヶ国18施設で実施された(2015年8月~2018年5月)。患者はランダムにペントラキシン2(10mg/kg静注4週ごと:77人)あるいはプラセボ(39人)に24週間割り付けられ、現在のIPF治療ステータスによって層別化された。
 プライマリエンドポイントは、ベースラインから28週時点での%努力性肺活量の最小二乗平均変化とした(MCID:2~6%減少)。セカンダリエンドポイントは胸部HRCTにおける肺容量の変化、6分間歩行距離(MCID:24-45m)とした。

結果:
 117人がランダム化された。116人が少なくとも1回の薬剤治療を受けた(平均年齢68.6歳、81%が男性、IPF診断からの平均期間3.8年)。111人が試験を完遂した。ベースラインから28週時点での%努力性肺活量の最小二乗平均変化は、ペントラキシン2群-2.5%、プラセボ群―4.8%だった(差+2.3%、p=0.001)。肺容量については両群とも有意差はなかった。6分間歩行距離はペントラキシン2群で-0.5m、プラセボ群で-31.8mだった(差+31.3m、p<0.001)。ペントラキシン2による有害事象は、咳嗽(18% vs 5%)、疲労(17% vs 10%)、鼻咽頭炎(16% vs 23%)がよくみられた。
e0156318_12544040.png


結論:
 プラセボと比較して、遺伝伝子組み換え型ヒト・ペントラキシン-2タンパク質製剤はIPF患者において28週時点での肺機能減少を抑制する。効果と安全性のさらなる検証が望まれる。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

画像から学ぶびまん性肺疾患 [ 酒井文和 ]
価格:10260円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)



by otowelt | 2018-05-25 12:41 | びまん性肺疾患

LIBERTY ASTHMA VENTURE研究:ステロイド依存性喘息に対するデュピルマブの有効性

e0156318_13451472.png ATS2018で発表された注目演題の1つです。デュピクセント®は将来的に喘息適応をとるでしょう。デュピクセント®を投与すると一時的に好酸球が増える患者さんがいるそうで、この理由として論文中に「デュピルマブはIL-4およびIL-13によるエオタキシン産生を阻害することにより、組織へ好酸球が移行することをブロックするため」と書かれています。

Rabe KF, et al
Efficacy and Safety of Dupilumab in Glucocorticoid-Dependent Severe Asthma
NEJM, May 21, 2018, DOI: 10.1056/NEJMoa1804093


背景:
 デュピルマブは、IL-4およびIL-13のシグナルを阻害するヒト抗IL-4抗体受容体αモノクローナル抗体である。重症喘息患者において、喘息コントロールを維持したまま経口ステロイドを減量する効果があるかどうかは定かではない。

方法:
 210人の経口ステロイド治療を受けている喘息患者がランダムに追加的デュピルマブ(300mg)あるいはプラセボを2週ごとに24週まで投与される群に割り付けられた。ランダム化前にステロイド用量調整期間3~10週間をもうけた。ステロイド量はランダム化から4~20週で漸減するよう調整し、その後4週間は維持期として継続した。
e0156318_1326226.png
(文献より引用:Supplementary Appendix Figure S1)

 プライマリエンドポイントは、24週時点でのステロイド量の減少率(%)とした。セカンダリエンドポイントとして、24週時点での最低50%のステロイド減量が達成できた患者の比率および5mg/day(プレドニゾロン換算)未満に減量できた患者の比率を設定した。また、重度の増悪率および気管支拡張前1秒量が解析された。

結果:
 デュピルマブ群におけるステロイド量減量は-70.1%で、プラセボ群の-41.9%よりも大きかった(p<0.001)。少なくとも50%の減量ができたのはそれぞれ80%、50%で、5mg/day未満に減量できたのはそれぞれ69%、33%だった。また全体でデュピルマブ群の48%、プラセボ群の25%が経口ステロイド使用を中止できた。プラセボ群を含め全体的にステロド量の減量ができたものの
、デュピルマブ治療は重度の増悪率をプラセボ群よりも59%減じた(95%信頼区間37-74%)。また、1秒量も220mL高かった(95%信頼区間0.09-0.34)。注射部位反応はデュピルマブ群のほうがプラセボ群より多かった(9% vs 4%)。3000 cells/mm3を超える一時的な好酸球増多はデュピルマブ群の方が多かった(14% vs 1%)
e0156318_13334616.png
(文献より引用:プライマリエンドポイント)

結論:
 ステロイド依存性の重症喘息患者において、デュピルマブ治療は、経口ステロイド投与量や重症の増悪率を減少させ、1秒量を増加させる効果がある。デュピルマブで治療された患者の約7人に1人に一時的な好酸球増多がみられた。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

気管支鏡ベストテクニック改訂2版 [ 浅野文祐 ]
価格:10260円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)



by otowelt | 2018-05-25 00:01 | 気管支喘息・COPD