2018年 08月 14日 ( 1 )

EBUS-TBNA時のネーザルハイフローは低酸素血症の予防に有効

e0156318_9511053.jpg これって、ネーザルハイフロー使用の加算はとれるんでしょうか?

Takakuwa O, et al.
Prevention of hypoxemia during endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration: Usefulness of high-flow nasal cannula
Respiratory Investigation, DOI: https://doi.org/10.1016/j.resinv.2018.06.004


背景:
 処置前に呼吸器系の障害がない患者でも、EBUS-TBNA時の低酸素血症は、しばしば起こる問題である。この研究の目的は、EBUS-TBNA時の低酸素血症を予防するためにハイフロー鼻カニューレ(HFNC)の有効性を評価することである。

方法:
 本研究は前向きパイロット研究である。登録患者は、EBUS-TBNAでミダゾラム鎮静を行われた者とした。主な除外基準は、酸素化に障害がある80歳を超えた高齢者、室内気でSpO2が95%未満の患者とした。プライマリアウトカムは、処置中の酸素化レベルとした。PcCO2および合併症がセカンダリアウトカムとして評価された。HFNCは、FiO230%でSpO2を90%以上に維持できるよう投与された。EBUS-TBNA時の最低SpO2を通常鼻カニューレを用いた処置(ヒストリカルコントロール)と後ろ向きに比較された。

結果:
 12人の患者がHFNCを受けた。平均最低SpO2は93%だった。処置開始から早期に平均SpO2は減少する傾向にあったが、処置中を通してSpO290%以上を維持することができた(図)。
e0156318_16593956.png
(文献より引用)

 平均PcCO2は39mmHgだった(範囲30~46mmHg)。主要な合併症は観察されなかった。通常鼻カニューレでEBUS-TBNAを受けた患者では、平均最低SpO2は88%で、HFNCの症例よりも有意に低かった(p = 0.005)。

結論:
 EBUS-TBNA時の低酸素血症を予防するうえで、HFNCは効果的かつ安全なデバイスである。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

気管支鏡ベストテクニック改訂2版 [ 浅野文祐 ]
価格:10260円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)



by otowelt | 2018-08-14 00:34 | 気管支鏡