2018年 09月 11日 ( 1 )

ベンラリズマブが効きやすい因子

e0156318_1637713.jpg 「鼻ポリープを有する例」については至極同意です。メポリズマブでも有効とされている集団ですね。
 
Eugene R. Bleecker, et al.
Baseline Patient Factor Impact on the Clinical Efficacy of Benralizumab for Severe Asthma
European Respiratory Journal 2018; DOI: 10.1183/13993003.00936-2018


背景:
 ベンラリズマブは抗好酸球モノクローナル抗体であり、好酸球性炎症がある重症コントロール不良喘息患者の増悪を減らし肺機能を改善させる効果がある。われわれは、重症喘息患者におけるベンラリズマブの有効性に影響するベースライン因子を評価した。

方法:
 この解析は、第III相試験であるSIROCCO試験およびCALIMA試験のプールデータを解析したものである。12~75歳の高用量ICS/LABAを吸入している重症コントロール不良喘息患者がベンラリズマブ30mgを8週ごと(最初の3回は4週間ごと)、4週ごと、あるいはプラセボを投与される群に割り付けられた。ベンラリズマブの有効性に影響を与えるベースライン因子(経口ステロイド使用、鼻ポリープ、気管支拡張前努力性肺活量、過去1年の増悪、診断時年齢)が評価された。年間増悪率や気管支拡張前1秒量といった有効性アウトカムが治療終了時に比較された。

結果:
 ベンラリズマブ8週ごとは、好酸球300/μL以上の患者ではベースラインの因子にかかわらず有効だった。好酸球300/μL未満の集団では、経口ステロイド使用、鼻ポリープ、努力性肺活量<65%の因子を有する患者が8週ごとのベンラリズマブによる増悪率減少の恩恵を受けた。

結論:
 ベースラインの臨床的因子や好酸球数は、ベンラリズマブに反応しやすい患者を同定する上で役立つ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

呼吸器内科実践NAVI “近中”の極意 [ 林 清二 ]
価格:4860円(税込、送料無料) (2018/5/22時点)



by otowelt | 2018-09-11 17:50 | 気管支喘息・COPD