2018年 10月 18日 ( 1 )

アルブミン尿の存在はCOPDに対して悪影響

e0156318_1633480.jpg 上皮傷害が起因していると議論されていますが、果たして。

Elizabeth C Oelsner
Albuminuria, Lung Function Decline, and Risk of Incident COPD: The NHLBI Pooled Cohorts Study
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Sep 28. doi: 10.1164/rccm.201803-0402OC


背景:
 COPDや喘息を含む慢性下気道疾患(CLRD)は、総死亡の第4位である。これまでの研究で、上皮傷害のバイオマーカーであるアルブミン尿は、COPD患者において増加することが示されている。

目的:
 アルブミン尿が肺機能の減少やCRLDの発生と関連しているかどうか調べること。

方法:
 アメリカにおける6つの集団ベースコホートが統合されプール解析された。臨床的な肺疾患に罹患している被験者は除外された。アルブミン尿(尿中アルブミン/クレアチニン比)はスポット尿検体で計測された。肺機能はスパイロメトリーを用いて測定された。CLRDに関連した入院および死亡の発生は、裁量や管理基準によって分類された。混合および比例ハザードモデルを用いて、年齢、身長、体重、性別、人種、教育、出生年、コホート、喫煙ステータス、喫煙歴(pack-years)、腎機能、高血圧、糖尿病、投薬で補正した個々の関連性を調べた。

結果:
 10961人の被験者は肺機能が保たれており、アルブミン尿測定時の平均年齢は60歳で、51%が非喫煙者、アルブミン尿中央値は5.6mg/g、平均1秒量減少は31.5mL/年だった。ln(自然対数)アルブミン尿が1標準偏差上昇するごとに、1秒量の減少は2.81%増加(95%信頼区間0.86-4.76%、p=0.0047)、1秒率の減少が11.02%増加(95%信頼区間4.43-17.62%、p=0.0011)、スパイロメトリーで定義された中等症から重症のCOPDの発症ハザードが15%上昇した(95%信頼区間2-31%、p=0.0021)。lnアルブミン尿が1標準偏差上昇するごとに、イベント発生を追跡された14213人の被験者の間で、COPD関連入院/死亡のハザードが26%上昇した(95%信頼区間18-34%、p<0.0001)。喘息イベントは有意に関連していなかった。現在の喫煙、糖尿病、高血圧、心血管性疾患がない被験者において、補正後も関連性が観察された。

結論:
 アメリカの集団ベースコホートにおいて、アルブミン尿は、より大きな肺機能の減少、スパイロメトリーで定義されたCOPD、COPD関連イベントの発生と関連していた。





by otowelt | 2018-10-18 00:00 | 気管支喘息・COPD