2018年 11月 13日 ( 1 )

肺高血圧症患者に対する気管支鏡は安全に実施できる

肺高血圧症患者に対する気管支鏡は安全に実施できる_e0156318_9511053.jpg 肺高血圧症があると、積極的な生検を躊躇してしまう傾向があるのは事実です。

Ishikawa T, et al.
Safety of diagnostic flexible bronchoscopy in patients with echocardiographic evidence of pulmonary hypertension
Respiratory Investigation, DOI: https://doi.org/10.1016/j.resinv.2018.08.009

背景:
 肺高血圧症(PH)の存在と抗凝固薬の治療は、気管支鏡処置に関連した出血/血行動態上の合併症リスクを上昇させる。この研究の目的は、PHの患者における診断的軟性気管支鏡(FB)の安全性を評価することである。

方法:
 日本の単施設において、2004年から2016年に診断的FBを適用された、心臓超音波に基づくPH(右室拡張期圧[RVSP]>40mmHg)がある患者の診療録を用いた後ろ向きレビューが実施された。同時期にFBをおこなわれたPHを支持する臨床的所見のない患者がペアワイズマッチコントロール群として登録された。マッチングに用いられた因子は、年齢、性別、おこなわれた処置である。

結果:
 全体で、45人のPH群、90人のコントロール群患者が登録された。PH群の6人(13%)が重症PH(RVSP>61mmHg)を有していた。鉗子生検および経気管支針吸引が、PH群の62%、13%、コントロール群の58%、13%に実施された。FB中の出血の頻度は、両群で差がなかった(18% 対 16%; p = 0.742)。FB後2時間に記録されたバイタルサインについても、両群で差はなかった。不整脈やFB処置に関連した死亡のエピソードはなかった。

結論:
 本データによれば、診断的FBは心臓超音波によるPHを有する患者において、安全に実施できると考えられる。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

気管支鏡ベストテクニック改訂2版 [ 浅野文祐 ]
価格:10260円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)



by otowelt | 2018-11-13 00:20 | 気管支鏡