2018年 11月 22日 ( 1 )

気胸におけるエアリーク量と治療アウトカムの関連

e0156318_14441648.jpg シンプルですが実臨床の印象とマッチする知見です。

Hallifax RJ, et al.
Predicting outcomes in primary spontaneous pneumothorax using air leak measurements
Thorax, http://dx.doi.org/10.1136/thoraxjnl-2018-212116


概要:
 原発性自然気胸(PSP)のエアリークについて調べた研究で、前向きに81人のPSP患者を登録した。胸腔ドレナージday1, day2のエアリークを観察し、その後の気胸治療アウトカムと関連しているかどうか調べた。
 気胸治療マネジメントに失敗した症例は、day1におけるエアリーク(360mL/分 vs 10mL/分、p=0.02)、day2におけるエアリーク(190mL/分 vs 10mL/分、p=0.03)が大きかった。
 day1, day2にエアリークが顕著だった症例は、入院期間も延長した(p=0.02)。
 day1でエアリークが100mL/分以上であった場合、マネジメント失敗のリスクは上昇(非補正オッズ比率5.2、95%信頼区間1.3-20.0、p=0.01)。
 気胸の虚脱率が大きいからといって、治療マネジメント失敗とは関連していなかった(オッズ比1.4、95%信頼区間0.4-4.3, p=0.60)。
e0156318_15532970.png






by otowelt | 2018-11-22 00:44 | 呼吸器その他