2019年 02月 02日 ( 1 )

ネーザルハイフロー治療の成否を予測する指標:ROX

ネーザルハイフロー治療の成否を予測する指標:ROX_e0156318_932349.png 呼吸器内科において、とても実臨床的な指標ですね。カットオフ値は感度重視・特異度重視の2パターン頭に入れておく感じでよいと思います。4.88以上あれば安心で、3を切ってくるとかなり厳しいですね。

Roca O, et al.
An Index Combining Respiratory Rate and Oxygenation to Predict Outcome of Nasal High Flow Therapy.
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Dec 21. doi: 10.1164/rccm.201803-0589OC.


背景:
 急性低酸素性呼吸不全(AHRF)の患者におけるハイフロー鼻カニューレ(HFNC)治療における重要なことは、挿管を遅らせないことである。

目的:
 HFNCのアウトカム(挿管の適否)を同定するための、ROX([SpO2/FiO2]/呼吸回数[/分])の診断精度を調べること。
ネーザルハイフロー治療の成否を予測する指標:ROX_e0156318_9404899.png
方法:
 これは、2年におよぶ、HFNCで治療された肺炎患者を含む他施設共同前向き観察コホート研究である。ROXとHFNCアウトカムの関連をCox比例ハザードモデルを用いて同定した。HFNC治療の失敗・成功を予測する最も特異的なROX指数カットオフ値が調べられた。

結果:
 検証コホートにおいてHFNCで治療された191人のうち、68人(35.6%)が気管挿管を要した。解析した各時間におけるROX指数の予測精度は、ROC曲線下面積で装着2時間0.679、6時間0.703、12時間0.759だった。ROX≧4.88をカットオフ値とした場合、HFNC開始後2時間(ハザード比0.434、95%信頼区間0.264-0.715、p=0.001)、6時間(ハザード比0.304、95%信頼区間0.182-0.509、p<0.001)、12時間(ハザード比0.291、95%信頼区間0.161-0.524、p<0.001)のいずれにおいても気管挿管のリスクが低かった。これは潜在的交絡因子で補正しても同等の結果だった。
ネーザルハイフロー治療の成否を予測する指標:ROX_e0156318_9483634.png
(文献より引用改変)
ネーザルハイフロー治療の成否を予測する指標:ROX_e0156318_953647.png
(文献より引用)
ネーザルハイフロー治療の成否を予測する指標:ROX_e0156318_9575426.png
(文献より引用)

※参考:FLORALIコホート(ROXカットオフ値4.88以上)
ネーザルハイフロー治療の成否を予測する指標:ROX_e0156318_955286.png
(文献より引用)

 HFNC開始から2時間後のROXが<2.85、6時間後のROXが<3.47、12時間後のROXが<3.85の場合、HFNC治療は失敗しやすいことが予測された。HFNC治療が失敗した患者は12時間にわたってROX指数の上昇が軟調だった。トレーニングコホートでも一貫した結果が得られた。

結論:
 ARFの肺炎患者でHFNCの治療をうける際、ROXは気管挿管リスクの低い患者を同定する上で、簡便かつ通用な精度の高い指標である。





by otowelt | 2019-02-02 00:06 | 集中治療