2019年 03月 07日 ( 1 )

悪性胸膜中皮腫と診断されたあと早期緩和ケア介入を紹介する意義は乏しい

e0156318_10535567.png 意外な結果でした。

Brims F, et al.
Early specialist palliative care on quality of life for malignant pleural mesothelioma: a randomised controlled trial.
Thorax. 2019 Jan 19. pii: thoraxjnl-2018-212380. doi: 10.1136/thoraxjnl-2018-212380.


目的:
 悪性胸膜中皮腫(MPM)は症状がひどく生存率が低い。他の癌種のエビデンスによれば、早期の専門家による緩和ケア(SPC)はオンコロジーサービスと組み合わせることで健康関連QOL(HRQoL)にいくらか利益があるとされているが、確たるエビデンスが不足している。

方法:
 われわれは多施設共同ランダム化並行群間試験において、早期SPC紹介と通常ケアをイギリス19施設および西オーストリアの大規模1施設で比較した。MPMと新規に診断された参加者と、その後主な介護者が追加で登録された。

介入:
 割り付けの3週間以内にSPCのレビューを受け、試験期間中4週ごとに受診した。HRQoLはベースラインおよび4週ごとにヨーロッパ癌研究機関(EORTC)QOL質問票コア30(C30)を用いて評価された。

プライマリアウトカム:
 ランダム化から12週時点でのEORTC C30のGlobal health status変化。

結果:
 2014年4月から2016年10月まで、174人の参加者がランダム化された。観察期間中央値は41.1週だった。12週時点でのHRQoLスコアには両群の有意差はなかった(平均差1.8、95%信頼区間―4.9~8.5、p=0.59)。24週時点でのHRQoLも群間差はなかった(平均差-2.0、95%信頼区間-8.6~4.6、p=0.54)。12週あるいは24週時点での抑うつ/不安スコアにも差はなかった。介護者においても、12週あるいは24週時点でのHRQoLあるいは気分には差はみられなかったが、介入群を支持するようなケアに対する一貫した好みはあった。
e0156318_1635675.png


結論:
 必要に応じてSPCへのアクセスが良好な施設に通院しているMPM患者において、診断がつけられてからすぐにルーチンにSPCを紹介する意義はない。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Dr.倉原の 呼吸にまつわる数字のはなし ナース・研修医のための
価格:2160円(税込、送料無料) (2019/1/10時点)



by otowelt | 2019-03-07 00:38 | 肺癌・その他腫瘍