2019年 03月 18日 ( 1 )

気管支鏡に関する国内調査結果:2016年

e0156318_9511053.jpg
Horinouchi H, et al.
Current status of diagnostic and therapeutic bronchoscopy in Japan: 2016 national survey of bronchoscopy.
Respir Investig. 2019 Feb 6. pii: S2212-5345(18)30230-2.


気管支鏡処置に関するアンケート調査の結果を報告した論文です。2010年にも行われたことがありますが、今回2016年のデータを公開しています。本アンケートに回答したのは、200~500床以上の大きめの病院がほとんどでした。

・外来気管支鏡
 外来で気管支鏡をおこなうことが減りました。2010年には19.5%の施設がほぼ外来で実施していたものが、現在は6.8%と入院志向になりつつあります。これは安全面の懸念や入院稼働率の問題など、理由はいろいろあると思います。当院は基本的に全例入院でおこなっております。

・モダリティ
 気管支鏡ナビゲーションシステムが導入されているのは41.7%とかなり多く、ここ数年で大きく飛躍した分野の1つではないでしょうか。VincentとBF-NAVIが2台巨頭のようです。

・気管支鏡処置関連
 45.2%に予防的抗菌薬が処方されているのが解せませんでした(ほとんどが処置終了後内服)。個人的にはよほどの例を除けば不要と思っています。
 49.0%がルーチンの静脈麻酔を用いていることがわかりました。そのうち76.9%がミダゾラムです。当院もミダゾラムを用いていますが、まだ全例ルーチンではありません。アトロピンの使用はもっと少ないかと思いましたが、まだルーチンで8.8%も用いられているそうです。さすがにエビデンスと逆行していますね。
 経鼻気管支鏡をルーチンにおこなっているのは3.2%で、まだまだこちらは普及していませんね。当院も経口でおこなうことがほとんどです。
 気管支鏡中の酸素投与をルーチンで行っているのは39.2%でした。当院ではSpO2モニタを測定し、問題なければ非投与でおこなっています。ただし、気管支肺胞洗浄を行う場合、基本的に酸素を吸入していただいています。
 気管支鏡後レントゲンをルーチンで撮影しているのは43.5%、選択症例におこなっているのは40.2%でした。当院では生検をおこなった症例には全例実施していますが、観察目的の場合には処置後撮影しておりません。
 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

気管支鏡ベストテクニック改訂2版 [ 浅野文祐 ]
価格:10260円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)



by otowelt | 2019-03-18 15:31 | 気管支鏡