2019年 03月 20日 ( 1 )

長期酸素療法のアドヒアランスに影響する因子

e0156318_10273519.png 個人的には、どれだけ患者さんと話ができるかにかかっていると信じています。

Moy ML, et al.
Characteristics at the time of oxygen initiation associated with its adherence: Findings from the COPD Long-term Oxygen Treatment Trial.
Respir Med. 2019 Feb 13. pii: S0954-6111(19)30040-X.

背景:
 COPDにおける長期酸素療法(LTOT)のアドヒアランスに関連した特性は不透明である。

目的:
 アドヒアランスに関連した酸素開始時期の患者特性を調べた。

方法:
 LTOT試験に組み入れられた359人のCOPD患者の二次解析を実施した。被験者は、研究登録時のベースラインの酸素飽和度低下パターンに基づいて、持続的(214人)あるいは間欠的(145人)酸素投与を行われた。初回酸素処方の時点で、被験者は準備意識、自信、そして酸素を用いる重要性について0〜10の尺度で評価した(0 =全然だめ、10 =大丈夫)。追跡期間中、自己申告によって1日あたりの平均酸素使用時間(アドヒアランス)を患者は報告した。アドヒアランスは、短期間(0〜30日)、中期間(9〜12ヶ月)、長期間(13ヶ月目から最後の追跡調査まで)の間隔で平均化した。多変量ロジスティック回帰モデルによって、それぞれの間隔期間における高アドヒアランス(持続群で1日16時間以上、間欠群で1日8時間以上)に関連した特性をさぐった。

結果:
 被験者の準備意識、自信、酸素を用いる重要性は、短期および中期的なアドヒアランスと関連していた。ベースラインで準備意識が高いと、短期的なアドヒアランスは高いオッズ比を示した(持続群:オッズ比1.21、95%信頼区間1.05-1.40、間欠群:オッズ比1.94、95%信頼区間1.45-2.59)。両群において、中期的な高いアドヒアランスは、長期的な高いアドヒアランスと関連していた(持続群:オッズ比12.49、95%信頼区間4.90-31.79、間欠群:オッズ比38.08、95%信頼区間6.96-208.20)。

結論:
 LTOT開始の準備意識、自信、使用の重要性、早期の高いアドヒアランスは、長期酸素治療アドヒアランスと有意に関連していた。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

抗菌薬ドリル 感染症診療に強くなる問題集 [ 羽田野 義郎 ]
価格:3888円(税込、送料無料) (2019/3/3時点)



by otowelt | 2019-03-20 00:08 | 気管支喘息・COPD