2019年 04月 16日 ( 1 )

NPPVのマスクにかかる圧の測定

NPPVのマスクにかかる圧の測定_e0156318_21563989.jpg NPPVのときのマスクの圧に関する実臨床的な報告。面白いです。

Brill AK, et al.
Mask pressure effects on the nasal bridge during short-term noninvasive ventilation.
ERJ Open Res. 2018 Apr 9;4(2). pii: 00168-2017. doi: 10.1183/23120541.00168-2017. eCollection 2018 Apr.


目的:
 この研究の目的は、非侵襲性換気(NIV)中にマスクから鼻梁にかかる圧が、マスクの種類、換気設定、体位によって受ける影響および快適性について調べることである。

方法:
 われわれは18歳以上の健常人20人(男性12人、女性8人)に4つの異なるNIVマスクを装着してNIVを受けてもらい(3つは口鼻マスク[Hospital Fullface、Quattro Air、Comfort Gel Full]、1つは鼻マスク[Easylife])、3種類の換気設定を用いて坐位(IPAP:15, 20, 25 cm H2O)で、またはIPAP20cm H2Oで仰臥位で換気し、鼻梁にかかる圧を測定した。EPAPは5cmH2Oを維持した。客観的な圧測定は、I-Scan pressure-mapping systemを用いた(写真)。主観的なマスクフィットの快適性は、100mmVASで評価した。
NPPVのマスクにかかる圧の測定_e0156318_2335758.png
(写真. I-Scan™)

結果:
 健常者の平均年齢は36±11歳、平均BMIは25.1±3.3 だった。マスクによって鼻梁に平均47.6±29 mmHg~91.9±42.4 mmHgの圧がかかった。全マスクにおいて仰臥位時の圧が低かった(仰臥位:57.1±31.9 mmHg vs 坐位:63.9±37.3 mmHg、p<0.001)。口鼻マスクでは吸気時気道陽圧(IPAP)は鼻梁の圧に影響を与えなかった。主観的な不快感は高IPAPと関連しており、皮膚に対する圧と正の相関をしていた。試験中に合併症はみられなかった。

結論:
 マスクフィット時の皮膚に対する圧を客観的に測定することは、マスク選択の一助となりうる。仰臥位のマスクフィットが、臨床においてルーチンに考慮されるべきである。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】【本】集中治療,ここだけの話 田中竜馬/編
価格:5400円(税込、送料無料) (2019/3/19時点)



by otowelt | 2019-04-16 00:56 | 集中治療