2019年 04月 25日 ( 1 )

COPD患者に対する吸入ステロイドは肺癌リスクを減少

COPD患者に対する吸入ステロイドは肺癌リスクを減少_e0156318_1633480.jpg 既知の知見ですが、実臨床での実感はないですね。

Raymakers AJN, et al.
Inhaled corticosteroids and the risk of lung cancer in chronic obstructive pulmonary disease (COPD): a population-based cohort study.
Eur Respir J. 2019 Apr 7. pii: 1801257. doi: 10.1183/13993003.01257-2018.


背景:
 吸入ステロイド(ICS)はCOPD患者によく処方されている。COPD患者の主な死亡原因である、肺癌のリスクに対するICSの影響は不明である。

方法:
 1997年~2007年までの間、カナダのブリティッシュコロンビア州において、集団ベースの処方データを用いてCOPD患者における肺癌リスクとICSの使用の関連性を評価した。COPDは、50歳以上でCOPDに関連した3薬のいずれかの処方があったものと定義した。ICS曝露時期(曝露既往、累積使用期間、累積使用用量、加重累積使用期間、加重累積使用用量)に基づいた多変量Cox回帰モデルにICS曝露を組み込んで解析した。

結果:
 39676人が適格基準を満たした。コホートの平均年齢は70.7±11.1歳で、53%が女性だった。追跡期間中に994人(2.5%)が肺癌を発症した。リファレンスケース分析(曝露既往)において、ICS曝露は、肺癌リスクの30%減少と関連していた(ハザード比0.70、95%信頼区間0.61-0.80)。ICS曝露は曝露定量の5手法すべてにおいて肺癌のリスク減少と関連していた。
COPD患者に対する吸入ステロイドは肺癌リスクを減少_e0156318_7565950.png
(文献より引用)

結論:
 この集団ベース研究では、COPD患者においてICSは肺癌リスクを減少させた。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Dr.倉原の 呼吸にまつわる数字のはなし ナース・研修医のための
価格:2160円(税込、送料無料) (2019/1/10時点)



by otowelt | 2019-04-25 00:37 | 気管支喘息・COPD