2019年 06月 25日 ( 1 )

モザイクパターンはIPFでもよくみられる

e0156318_10574046.jpg モザイクパターンらしい所見があると、CHP>IPFという風潮に流れるは不自然だなと思っていましたが、このあたりの疾患は極めてheterogeneousな集まりを分類しているという認識なので、そもそも二元論ありきなのもしっくりきていません。
 
Barnett J, et al.
Variable Utility of Mosaic Attenuation to Distinguish Fibrotic Hypersensitivity Pneumonitis from Idiopathic Pulmonary Fibrosis.
Eur Respir J. 2019 Jun 4. pii: 1900531. doi: 10.1183/13993003.00531-2019.

背景:
 CTにおけるモザイクパターンは、特発性肺線維症(IPF)とは対照的に、線維性過敏性肺炎(FHP)の重要な診断的特徴として国際ガイドラインで認識されている。しかしながら、モザイクパターンには、複数の異なる放射線学的徴候(low density lobules[LDL]、preserved lobules [PL]、air trapping [AT]、そしていわゆる"headcheese sign")が提示されており、診断有用性が異なる可能性がある。さらに2疾患における鑑別にモザイクパターンの拡がりの差が必要かどうかは定かではなく、国際ガイドラインにおいても妥当性の検証はされていない。

方法:
 吸気および呼気CTが102人の患者(IPF57人、FHP45人)で実施され2人の専門家によってモザイクパターンの半定量スコアリングが評価された。所見については外的妥当性の検証がなされた(IPF34人、FHP28人)。

結果:
 LDLおよびATはIPFでよく観察され、患者の51%にのぼった。ガイドライン(ATSおよびFleischner Society)に基づくLDLおよびATの拡がりの増加は、FHPの診断特異度上昇と関連していたが(それぞれ96%、98%)、感度は低下させた(それぞれ16%、20%)。headcheese signは、FHP診断に高い特異度を有し(93%)、中等度の感度(49%)を有していた。外部コホートにおいて、headcheese signは、FHPに特徴的とされるCT所見の妥当性が否定される中、高い特異度を維持した(読影者1,2でそれぞれ94%、95%)。
e0156318_14202017.png
(文献より引用)

結論:
 モザイクパターンはIPFでも頻繁にみられる所見である。しかしながら、headcheese signはIPF診断にはそぐわず、FHPに特異的と考えられる所見である。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2019) [ 林清二 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/5/1時点)



by otowelt | 2019-06-25 00:58 | びまん性肺疾患