2019年 06月 27日 ( 1 )

プレアルブミンはIPFの予後不良因子

e0156318_14441648.jpg 栄養指標はおおむね予後不良因子として知られていますね。

Li B, et al.
Serum prealbumin is a prognostic indicator in idiopathic pulmonary fibrosis.
Clin Respir J. 2019 May 18. doi: 10.1111/crj.13050.


背景:
 特発性肺線維症(IPF)はさまざまな経過をたどる致死的な間質性肺疾患。プレアルブミン(PA)は、ルーチンで測定される血液生化学検査である。われわれは、IPF患者の予後予測的な価値があると考えた。

目的:
 IPF患者におけるPAの予後予測価値を調べること。

方法:
 中国2施設において2012年7月から2016年12月までにIPF患者の血液生化学検査、患者特性、肺機能検査データを収集した。感染例、肝腎機能障害、肺移植例はコホートから除外した。

結果:
 多変量Cox回帰分析では、PAは、BMI、努力性肺活量(FVC)、血清アルブミン、血清相タンパクとともに、IPFの有意な予後予測因子であった。PA < 0.2 mg/Lは、PA正常例よりも生存期間が短かった。PA < 0.2 mg/Lおよびアルブミン35g/Lの患者は、PA < 0.2 mg/Lの患者と生存期間に差はなかったが、PA < 0.2 mg/Lおよびアルブミン35g/Lの患者の平均生存期間は短かった。

結論:
 われわれの研究では、PA < 0.2 mg/LのIPF患者は予後不良だった。さらなる研究によって、IPF患者におけるPAの予後予測能や病態生理を解明する必要があろう。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

研修医のための人生ライフ向上塾! [ 鈴木 瞬 ]
価格:2916円(税込、送料無料) (2019/5/16時点)



by otowelt | 2019-06-27 00:10 | びまん性肺疾患