2019年 07月 22日 ( 1 )

世界的なLTBI有病率はどのくらいか?

e0156318_1302985.jpg 4~5人に1人というところですね。

 メディカルトリビューンで詳しく解説しています。

「世界で4人に1人が結核菌に感染」(URL:https://medical-tribune.co.jp/rensai/2019/0716520754/

Cohen A, et al.
The global prevalence of latent tuberculosis: a systematic review and meta-analysis.
Eur Respir J. 2019 Jun 20. pii: 1900655. doi: 10.1183/13993003.00655-2019.


背景:
 1999年、WHOは世界人口の少なくとも3分の1が潜在性結核感染症(LTBI)に罹患していると推定し、近年それは4分の1にアップデートされた。しかしながら、これはまだツベルクリン反応(TST)調査と組み合わせているため議論の余地がある。TSTよりも高い特異度を有するインターフェロンγ遊離試験(IGRA)は、その後広く実施されてきたが、世界的なLTBI有病率を推定するためには用いられていない。

方法:
 われわれは、2005年~2018年に出版された研究から、IGRAおよびTSTの両データを有するものを用いて、LTBI有病率を推定するべくシステマティックレビューおよびメタアナリシスをおこなった。地域および世界的なLTBI有病率が算出された。結核の低蔓延国、中蔓延国、高蔓延国によって層別化し、ランダム効果モデルを用いて各地域の統合推定値が算出された。

結果:
 3280の研究がスクリーニングされ、36ヶ国から88研究が組み入れられた。そのうち、41がIGRA(67167人)、67がTST(28万4644人)の研究だった。世界的なLTBI有病率は、IGRAに基づくと24.8% (95%信頼区間 19.7–30.0%)、TST(10mmをカットオフ値に設定)に基づくと21.2% (95%信頼区間17.9–24.4%)だった。有病率の推定値は、WHOの発生率とよく相関していた(Rs = 0.70、p <0.001)。

結論:
 IGRAおよびTSTの両サーベイを用いたLTBIの世界的有病率を調べた初めての研究において、世界人口の4分の1が結核菌に感染していることが分かった。両試験は、不完全ではあるものの、予防治療に適格な個人を同定する上で使用されるため、関連性があると考えてよいだろう。水面下で活動性結核を増やす原因となっている、潜在的な結核感染患者集団をターゲットにするなお一層の努力強化が必要である。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

医療者のための結核の知識 第5版 [ 四元 秀毅 ]
価格:3672円(税込、送料無料) (2019/6/26時点)



by otowelt | 2019-07-22 00:50 | 抗酸菌感染症