2019年 07月 25日 ( 1 )

筋炎関連ILDに対するアザチオプリンおよびミコフェノール酸モフェチル

筋炎関連ILDに対するアザチオプリンおよびミコフェノール酸モフェチル_e0156318_93123.png 膠原病関連ILDの研究がさかんになってきました、最近。

J.A. Huapaya, et al.
Long-term treatment with azathioprine and mycophenolate mofetil for myositis-related interstitial lung disease
CHEST, DOI: https://doi.org/10.1016/j.chest.2019.05.023


背景:
 間質性肺疾患(ILD)に対するアザチオプリン(AZA)およびミコフェノール酸モフェチル(MMF)の有効性が報告されているが、それは主に膠原病関連間質性肺疾患(CTD-ILD)においてである。この研究の目的は、肺機能検査に対するAZAおよびMMFの効果と筋炎関連ILD(M-ILD)におけるプレドニゾン用量への影響を調べることである。

方法:
 ジョンズ・ホプキンス病院におけるM-ILDの後ろ向き研究で、AZAあるいはMMF、その他ステロイド減薬因子を用いている患者を組み入れた。線形混合効果モデルで性別、年齢、抗ARS抗体、喫煙歴を補正し、%努力性肺活量(FVC%)、%拡散能(DLCO%)、プレドニゾン用量を比較した。

結果:
 66人のM-ILD患者がAZAで治療され、44人がMMFで治療された。非喫煙者はAZA群で有意に多かった(p=0.03)。AZA群の53%、MMF群の15.9%が抗Jo-1抗体陽性だった(p<0.0001)。治療開始時、平均FVC%およびDLCO%変化はAZAのほうがMMFよりも有意に低かった。両群ともに、2~5年におよびFVC%は改善しプレドニゾン用量は減少した。しかしながら、DLCO%は、AZA群のみが改善した。補正モデルでは、治療後FVC%もDLCO%も有意な差は観察されなかった(それぞれ平均差1.9%、-8.2%)。しかし、AZA群では36ヶ月時点でプレドニゾン用量が6.6mg減った。
筋炎関連ILDに対するアザチオプリンおよびミコフェノール酸モフェチル_e0156318_14010100.png
(%努力性肺活量:文献より引用)
筋炎関連ILDに対するアザチオプリンおよびミコフェノール酸モフェチル_e0156318_1422422.png
(%DLCO:文献より引用)

 有害イベントはMMFよりAZAのほうが頻度が高かった(33.3% vs 13.6%, p=0.04)。トランスアミナーゼ上昇はAZA群で15.2%、MMF群で2.3%だった。

結論:
 M-ILDにおいて、AZA治療はFVC%改善, DLCO%改善, プレドニゾン用量減少と関連していた。MMFで治療された患者は、FVC%およびプレドニゾン用量が改善した。36ヶ月後、AZAで治療された患者はMMFで治療された患者よりもプレドニゾン用量が少なかった。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2019) [ 林清二 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/5/1時点)



by otowelt | 2019-07-25 00:17 | びまん性肺疾患