2019年 08月 02日 ( 1 )

喘息患者は自殺リスクが高い

e0156318_9473145.png どのような疾患であっても、有意なリスク上昇はあると思って診療をしています。

Zhang Y,et al.
Suicidality among patients with asthma: A systematic review and meta-analysis.
J Affect Disord. 2019 Jun 30;256:594-603. doi: 10.1016/j.jad.2019.06.031.


背景:
 喘息は複数の精神的合併症と関連している。しかしながら、喘息と自殺の関連はよく分かっていない。

方法:
 電子データベースから、2019年1月25日までの信頼できる研究を抽出した。希死念慮、自殺企図、死亡を喘息患者と非喘息患者で比較した研究を含めた。ランダム効果モデルを使用して推定値を算出し、含まれている研究の質をNewcastle-Ottawa Scaleで評価した。

結果:
 28の研究、275万9841人の喘息患者、1629万362人の非喘息コントロール者のデータがプールされ解析された。プールデータでは、喘息患者は希死念慮(オッズ比1.52; 95%信頼区間1.37-1.70), 自殺企図(オッズ比1.60; 95%信頼区間1.33-1.92)、自殺死亡(オッズ比1.31; 95%信頼区間1.11-1.55)のリスクが高かった。特筆すべきこととして、思春期の喘息患者は、非喘息コントロール者よりも自殺死亡リスクが2倍高かった(オッズ比2.14; 95%信頼区間1.61-2.83)。

リミテーション:
 本研究のリミテーションとして、研究デザインの多様性と高い異質性が挙げられる。

結論:
 喘息患者は、希死念慮、自殺企図、自殺による死亡のリスクが著しく増加している。臨床医は、喘息患者の自殺のリスク増加にもっと注意を払い、これら希死念慮や行動をスクリーニングし、必要に応じて適切なメンタルヘルスへ紹介するべきである。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

医療者のための結核の知識 第5版 [ 四元 秀毅 ]
価格:3672円(税込、送料無料) (2019/6/26時点)



by otowelt | 2019-08-02 00:52 | 気管支喘息・COPD