2019年 08月 03日 ( 1 )

気管支サーモプラスティのエビデンス:ショートレクチャー

e0156318_23102871.png 今日はショートレクチャーです。

 気管支サーモプラスティは薬物治療では対応できない重症喘息患者に対して用いられる気管支鏡を用いたインターベンションです。肥厚した気道平滑筋に熱エネルギーを与えることによって、気道収縮を抑制するのが狙いです。標的気管支内でバスケットを開き、65℃の通電を10秒おこなう、という作業を繰り返すのですが、一度に全気管支をおこなうこととはできず、3週間以上の間隔をあけて合計3回、入院して実施する必要があります。5年の追跡において、喘息増悪の減少、症状の改善、救急外来受診の減少などの効果がみられており(表)、一度治療を受ければ、長期間恩恵を受ける可能性があります。
e0156318_1129868.png

 治療数時間後に、施術部位周辺の気道狭窄や喘鳴を生じやすいです。胸部画像上、同部位に浸潤影を形成することも多いです。これは熱損傷による必然的な経過であり、通常1週間以内に軽快します7)

 気管支サーモプラスティは計3回の入院で約130万円の医療費がかかります。麻酔費用や入院費用もあわせると、3割負担の場合、50万円近くかかります。ゆえに、1ヶ月に2回、翌月に1回といったプランで2ヶ月のあいだに計3回治療を受けるのがベストな選択です。


(参考文献)
1) Cox G, et al. Asthma control during the year after bronchial thermoplasty. N Engl J Med. 2007 Mar 29;356(13):1327-37.
2) Thomson NC, et al. Long-term (5 year) safety of bronchial thermoplasty: Asthma Intervention Research (AIR) trial. BMC Pulm Med. 2011 Feb 11;11:8.
3) Pavord ID, et al. Safety and efficacy of bronchial thermoplasty in symptomatic, severe asthma. Am J Respir Crit Care Med. 2007 Dec 15;176(12):1185-91.
4) Castro M, et al. Effectiveness and safety of bronchial thermoplasty in the treatment of severe asthma: a multicenter, randomized, double-blind, sham-controlled clinical trial. Am J Respir Crit Care Med. 2010 Jan 15;181(2):116-24.
5) Castro M, et al. Persistence of effectiveness of bronchial thermoplasty in patients with severe asthma. Ann Allergy Asthma Immunol. 2011 Jul;107(1):65-70.
6) Chupp G, et al. Long-term outcomes of bronchial thermoplasty in subjects with severe asthma: a comparison of 3-year follow-up results from two prospective multicentre studies. Eur Respir J. 2017 Aug 31;50(2). pii: 1700017. doi: 10.1183/13993003.00017-2017.
7)Iikura M, et al. Bronchial thermoplasty for severe uncontrolled asthma in Japan. Allergol Int. 2018 Apr;67(2):273-275.





by otowelt | 2019-08-03 00:26 | レクチャー