2019年 08月 06日 ( 1 )

鼻炎・喘息の悪化と抑うつの関連

e0156318_9473145.png いろいろ間に交絡因子はありそうですが。

Grosso A, et al.
Depression is associated with poor control of symptoms in asthma and rhinitis: A population-based study.
Respir Med. 2019 Jun 30;155:6-12.


背景:
 多くの研究が、喘息/鼻炎とうつ病との関連性を強調してきたが、これらの疾患のどの特性がうつ病のリスクと関連しているかは依然として不明である。イタリアの一般集団を用いた代表的なサンプルにおいて、うつ病と、喘息または鼻炎の関連性を調査することを目的とした。

方法:
 イタリアの多施設共同集団ベースマルチケースコントロール研究であるGEIRD研究からデータを集めた。2227人(21-86歳、女性50%)が標準化されたインタビュー、皮膚プリックテスト、肺機能検査を受けた。現在喘息を有する症例(528人)、喘息のない鼻炎症例(972人)、コントロール症例(727人)に分けられた。患者健康調査票(PHQ-2)からの特異的な2質問が、抑うつ気分とアンヘドニアの同定に用いられ、大うつ病性障害の代替とした。

結果:
 うつ病の頻度は、喘息患者の16.7%、鼻炎患者の11.9%、コントロール患者の5.1%だった。喘息と鼻炎のいずれにおいても、うつ病のある患者は呼吸器関連QOLが悪く、疾患関連症状は非うつ病の集団よりも多かった。喘息において、うつ病は疾患コントロール不良と関連していた。鼻炎においては、うつ病は疾患関連のADL制限、症状増悪、呼吸器系薬剤の処方と関連していた。抑うつのある鼻炎症例は、アトピー性が少なかった。

結論:
 非アトピー性の患者における鼻炎の悪化や、喘息のコントロール不良は、一般集団における抑うつ気分の存在と強く関連していた。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

医療者のための結核の知識 第5版 [ 四元 秀毅 ]
価格:3672円(税込、送料無料) (2019/6/26時点)



by otowelt | 2019-08-06 00:43 | 気管支喘息・COPD