2019年 09月 02日 ( 1 )

COPD患者に対するβ遮断薬の処方頻度は低い

e0156318_10322082.jpg これは主治医の防衛的心理の問題でしょうね。

Parkin L, et al.
Underuse of beta-blockers by patients with COPD and co-morbid acute coronary syndrome: A nationwide follow-up study in New Zealand.
Respirology. 2019 Aug 11. doi: 10.1111/resp.13662.


背景および目的:
 臨床ガイドラインでは、急性冠症候群(ACS)患者に対してβ遮断薬やその他心血管系予防薬の使用が推奨されている。いくつかの国の研究では、心疾患合併のCOPD患者におけるβ遮断薬の処方は少なく、使われているのは一部のサブグループのみである。われわれは、COPDおよびACS患者におけるβ遮断薬および他の心血管予防薬の使用について、ニュージーランド国内の追跡研究で調査をおこなった。

方法:
 国内の健康保険および医薬品調剤データをコホート研究に用いた。登録前および追跡中にACSや心不全で入院した患者を特定し、薬物使用について調べた。

結果:
 コホートには45歳以上の83,435人の患者が登録され、追跡は290,400人年だった。2,637人が追跡期間中1回以上のACSで入院し、56.6%のみがβ遮断薬を処方されていた(初回入院から6ヶ月時点)。アスピリンとスタチンは、それぞれ87.7%、81%の処方率だった。
 COPD重症度が高い患者は、重症度が低い患者よりもβ遮断薬が処方される頻度が低かった。

結論:
 ACS入院後のβ遮断薬の使用は、予想よりはるかに低かった。アスピリンとスタチンを使用する割合が高いこと、およびCOPDの重症度によるベータ遮断薬の投与率が低いことから、COPD患者にβ遮断薬を処方することに抵抗があるものと推察される。



■「呼吸器内科医」はm3を応援しています!新規登録で3,000円相当ポイント進呈!
e0156318_8184968.png

by otowelt | 2019-09-02 00:05 | 気管支喘息・COPD