2019年 09月 11日 ( 1 )

AJRCCMでのやりとり:外科的肺生検とクライオバイオプシー

e0156318_1543237.jpg AJRCCMで「IPF診断における外科的肺生検とクライオバイオプシー」について議論が交わされています。

参考記事:クライオバイオプシーと外科的肺生検の病理医による一致率は不良

クライオバイオプシーがダメという論調ではなくて、サンプリングエラーをどこまで考えるかという話です。

Romagnoliらの文章を引用します。

「In conclusion, if one considers TBLC as “the baby”, we suggest that the bathwater is dirty and requires a paradigm change. (中略) If we can “clean-up” the bathwater via robust pathological markers that render the probability of diagnosis independent of biopsy size, the baby will be much more comfortable.」

(Romagnoli, et al. Cryobiopsy Compared with Surgical Lung Biopsy in ILD: Reply to Maldonado et al., Froidure et al., Bendstrup et al., Agarwal et al., Richeldi et al., Rajchgot et al., and Quadrelli et al. AJRCCM, August 23, 2019 as DOI: https://doi.org/10.1164/rccm.201906-1252LE)



■「呼吸器内科医」はm3を応援しています!新規登録で3,000円相当ポイント進呈!
e0156318_8184968.png

by otowelt | 2019-09-11 09:05 | びまん性肺疾患