2019年 10月 24日 ( 1 )

BRIGALK試験:リアルワールドにおけるブリガチニブの有効性

e0156318_10535567.png アルンブリグが日本で承認されると、ザーコリ、アレセンサ、ジカディア、ローブレナに続いてALK阻害剤は5剤になります。

・参考記事:ALTA-1L試験:ALK阻害剤ナイーブALK陽性NSCLCに対するブリガチニブ

Descourt R, et al.
Brigatinib in patients with ALK-positive advanced non-small-cell lung cancer pretreated with sequential ALK inhibitors: A multicentric real-world study (BRIGALK study).
Lung Cancer. 2019 Aug 14;136:109-114.


目的:
 ブリガチニブは、クリゾチニブ既治療のALK陽性非小細胞肺癌(NSCLC)に対して開発された次世代ALK阻害剤である。

方法:
 この多施設共同後ろ向き研究には、クリゾチニブを含む少なくとも1つのTKIで治療されたことがあるALK陽性進行NSCLC患者が登録された。プライマリエンドポイントは、研究者によって評価された無増悪生存(PFS)である。

結果: 
 104人が登録された(平均年齢56.6歳、非喫煙者61.5%、腺癌98.1%、IV期88.5%)。ALKについて免疫組織化学染色で診断されたのは84%だった。患者は、少なくとも2つのALK阻害剤(主にクリゾチニブ→セリチニブ)を含め中央値3ラインの治療を受けていた。ブリガチニブ開始時、59.1%の患者がPS0-1で、51.9%が3部位以上の転移を有し、74.5%が中枢神経系への転移を有し、8.8%に癌性髄膜腫症がみられた(平均転移数は3.3±1.3部位)。ブリガチニブ治療期間中央値は6.7ヶ月(95%信頼区間0.06-20.7ヶ月)だった。
e0156318_8425567.png
(文献より引用:前治療)

 PFS中央値は6.6ヶ月(95%信頼区間4.8-9.9ヶ月)だった。ブリガチニブ前に、2ライン、3~4ライン、>4ラインの治療を受けていた患者のPFS中央値は、それぞれ4.3ヶ月(95%信頼区間2.5-8.9ヶ月), 10.4ヶ月 (95%信頼区間5.9-13.9ヶ月)、3.8ヶ月 (95%信頼区間0.8-7.4ヶ月)だった。91人の評価可能な患者のうち、疾患制御率は78.2%だった。
e0156318_8463976.png
(PFS:文献より引用)
e0156318_8493544.png
(治療ラインごとのPFS:文献より引用)

 ブリガチニブ開始からの全生存期間中央値は17.2ヶ月(95%信頼区間11.0ヶ月-未到達)だった。ブリガチニブ治療後に病勢進行がみられた患者68人のうち、中枢神経系に病変があったのは29.4%だった。NSCLC診断からの全生存期間中央値は75.3ヶ月(95%信頼区間38.2-174.6ヶ月)だった。

結論:
 複数ラインの既治療を受けたALK陽性進行NSCLC患者コホートにおいて、リアルワールドのブリガチニブの有効性を示した。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

肺がん化学療法副作用マネジメントプロのコツ [ 倉田宝保 ]
価格:4644円(税込、送料無料) (2019/8/6時点)



■「呼吸器内科医」はm3を応援しています!新規登録で3,000円相当ポイント進呈!
e0156318_8184968.png

by otowelt | 2019-10-24 00:14 | 肺癌・その他腫瘍