2019年 12月 17日 ( 3 )

クリスマスBMJ2019:政治的イベントは医師の気分に影響を与える

クリスマスBMJ2019:政治的イベントは医師の気分に影響を与える_e0156318_1016912.png 若干誰かをディスっている感がありますが。次の大統領選を見据えたよい論文ですね(笑)

Elena Frank, et al.
Political events and mood among young physicians: a prospective cohort study
BMJ 2019; 367 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.l6322


目的:
 最近の政治イベントが若手医師の間の気分に与える影響を調査すること。
 
デザイン:
 前向きコホート研究。

場所:
 アメリカ合衆国の医療センター。

参加者:
 2016年~2018年に実施された研修医健康研究による2345人の研修医の縦断的な気分データ。

アウトカム:
 影響力のある政治的および非政治的イベント後の1週間の平均気分スコアと、前の4週間の対照期間における平均気分との比較。

結果:
 分析のために、9つの政治的イベントと8つの非政治的イベントを同定した。7月にインターンシップを開始すると、研修医の気分の平均低下は-0.30(95%信頼区間-0.33〜-0.27、t = -17.45、P <0.001)だった。2016年のアメリカ大統領選挙(平均気分変化-0.32、95%信頼区間-0.45〜-0.19、t = -4.73、P <0.001)およびその後の大統領就任(平均気分変化-0.25、95 %信頼区間-0.37から-0.12、t = -3.93、P <0.001)でも有意な影響がみられた。
 男性と比較して、女性は2016年の大統領選挙(平均性差0.31、95%信頼区間0.05~0.58、t = 2.33、P = 0.02)と大統領就任(平均性差0.25、95%信頼0.01~ 0.49, t=2.05, P=0.04)の両方の後、より大きな気分の低下がみられた。
 全体として、政治的イベントの66.7%(6/9)に続いて、統計的に有意な気分の変化があった。反面、分析に含まれた非政治的イベントについては、いずれも気分の変化と関連していなかった。

クリスマスBMJ2019:政治的イベントは医師の気分に影響を与える_e0156318_10415594.png
(文献より引用:政治的・非政治的イベントと医師の気分)

結論:
 政治などのマクロレベルの要因は、若手医師の気分と相関する可能性がある。若手医師とその担当患者のために、政治と医学の絡み合いについてはさらに検証が必要であろう。



by otowelt | 2019-12-17 10:42 | その他

クリスマスBMJ2019:臨床研究の著者が男性の場合、研究結果は誇張される?

クリスマスBMJ2019:臨床研究の著者が男性の場合、研究結果は誇張される?_e0156318_1016912.png 臨床研究のフレーミング効果について。

Marc J Lerchenmueller, et al.
Gender differences in how scientists present the importance of their research: observational study
BMJ 2019; 367 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.l6573


目的:
 女性は、医学部や生命科学の分野で代表的な立ち位置にいない。臨床研究の主たる研究者に性差が存在し、これが影響する可能性があるかどうかは調査が困難だった。この研究の目的は、性別が研究結果をどの程度肯定的なものにするか分析し、こうした研究がその後の引用の増加に関連しているかどうかを調べることである。

デザイン:
 後ろ向き観察研究。

データ:
 PubMedで検索され、2002年から2017年の間に発行された101720の臨床研究のタイトルとアブストラクトおよび約620万の一般的なライフサイエンス記事からデータを得た。

アウトカム:
 タイトルとアブストラクトを分析して、男性と女性が「新規」や「優秀」などのポジティブな用語を使用して研究を提示しているかどうかを判断した。ファーストオーサーとラストオーサーの性別構成を調べ、科学雑誌、出版年、雑誌のインパクトファクターなどで補正し、25の肯定用語のセットについて男女のポジティブフレーミングの相対確率を推定した。

結果:
 ファーストオーサー、ラストオーサーの両方が女性である記事は、タイトルまたはアブストラクトの10.9%で25の肯定的な用語の少なくとも1つを使用し、これが男性の場合は12.2%だった(相対差12.3%、95%信頼区間5.7%-18.9%)。
 肯定的な提示の性差は、インパクトファクターの高い臨床系ジャーナルで最も大きく(インパクトファクター>10)、女性は研究をポジティブに提示する可能性が21.4%少なかった。 臨床ジャーナル全体で、ポジティブな提示は9.4%(95%信頼区間6.6%-12.2%)高くその後の高い引用と関連しており、インパクトファクターの大きい臨床ジャーナルでは13.0%(95%信頼区間9.5%-16.5%)高く関連していた。
 これらの結果は、一般的なライフサイエンスの記事に適用されたときと類似しており、ポジティブな用語を使用する際の性差は、科学雑誌以外の状況においても一般化されることを示している。
クリスマスBMJ2019:臨床研究の著者が男性の場合、研究結果は誇張される?_e0156318_10255233.png
(ポジティブな用語:文献より引用)

結論:
 男性のファーストオーサー・ラストオーサーが関与する臨床論文は、特にインパクトファクターが高いジャーナルで、両方が女性である論文と比較して、タイトルおよびアブストラクトで研究結果を肯定的に提示する可能性が高い。研究結果を肯定的に提示することで、その後の引用が増えた。



by otowelt | 2019-12-17 10:16 | その他

ヘロイン愛用者は呼吸機能が低下しやすい

ヘロイン愛用者は呼吸機能が低下しやすい_e0156318_1501072.png 偏見かもしれませんが、ヘロイン愛用者って追跡できるもんなんですかね。結構シビアなドラッグだと思っています。

Nightingale R, et al.
Screening heroin smokers attending community drug clinics for change in lung function: A cohort study: Lung function decline in inhaled drug users.
Chest. 2019 Nov 21. pii: S0012-3692(19)34224-2. doi: 10.1016/j.chest.2019.11.006.


背景:
 ヘロイン喫煙者は、COPD、気道合併症、入院、死亡の頻度が高い。われわれは、この集団において、症状の自然経過、肺機能の自然経過をアセスメントした。

方法:
 COPDを有するヘロイン喫煙者を18~24ヶ月追跡した。ベースラインと追跡時の呼吸器症状がMRC、CATで評価され、気管支拡張後スパイロメトリーが実施された。パラメトリック、ノンパラメトリック、および線形回帰モデルを使用して、経時的な症状と肺機能の変化を分析した。

結果:
 372人が当初登録されたが、161人が追跡時にアセスメント可能で(平均年齢51±5.3歳、74人[46%]が女性)、106人が気管支拡張後スパイロメトリーを実施できた。全被験者は、ヘロインの現・既喫煙者であり、122人(75.8%)はクラックスモーカーだった。経年的に症状は増加し、MRCは1年あたり0.48上昇(p<0.001)、CATスコアは1年あたり1.60上昇した(p<0.001)。1秒量は1年あたり90±190mL減少した(p<0.001)。この呼吸機能の悪化は、タバコやヘロインの喫煙状況の変化や吸入薬使用とは関係なかった。

結論:
 ヘロイン喫煙は、慢性気道症状に重く影響する。COPDの喫煙者と健康な非喫煙者の間で観察される、通常の加齢による1秒量低下の範囲を超える影響がある。




by otowelt | 2019-12-17 00:37 | 呼吸器その他