2019年 12月 26日 ( 1 )

全身性強皮症関連肺高血圧症は、若年層で生存期間が延長しつつある

全身性強皮症関連肺高血圧症は、若年層で生存期間が延長しつつある_e0156318_9102283.jpg 現在では初期併用治療(upfront combination therapy)が標準的になってきました。DLcoが低いSSc患者さんでは、いつもPAHの存在がないか疑っています。DLcoが60%未満では、肺動脈圧が経時的に上昇していきます(Eur Respir J. 2018 Apr 4;51(4). pii: 1701197.)。

・参考記事:DETECT研究:全身性強皮症における肺高血圧症の進展

Hachulla E, et al.
Survival improved in systemic sclerosis associated pulmonary arterial hypertension patients aged 70 years or less over the period 2006-2017 in France.
Chest. 2019 Nov 19. pii: S0012-3692(19)34216-3. doi: 10.1016/j.chest.2019.10.045.


背景:
 全身性強皮症に関連した肺動脈性肺高血圧症(SSc-PAH)について、過去10年間生存の改善に進歩があったかどうかわかっていない。

方法:
 臨床的に関連するベースラインの交絡因子に合わせて調整された多変量Cox回帰モデルを使用して、同じ期間(2006年~2011年 vs 2012年~2017年)の2つを比較して、死亡の発生とPAH診断日との関連を評価した。2診断期とベースラインの共変数の交互作用が検証された。

結果:
 合計306人の患者が登録され、167人(54.6%)が2006年~2011年に、139人(45.4%)が2012年~2017年にPAHと診断された。
 2006年~2011年と比較して2012年~2017年に診断されたPAHの生存期間に有意な差は観察されなかった(ハザード比0.76、95%信頼区間0.46-1.26、p=0.29)。
 PAH診断期と年齢のあいだに有意な交互作用がみられた(p=0.05)。年齢で層別化すると、70歳以下の患者では2006年~2011年から2012年~2017年までに生存期間が有意に延長していた(ハザード比0.40、95%信頼区間0.17-0.99、p=0.046)。しかし、高齢者では有意差はなかった(ハザード比1.29、95%信頼区間0.67-2.51、p=0.44)。
 エンドセリン受容体/ホシホジエステラーゼ5阻害剤による初期併用治療(初期4ヶ月以内)を受けた頻度は、2006年~2012年と比較して2012年~2017年では若年層で高かったが、高齢者層では有意ではなかった。
全身性強皮症関連肺高血圧症は、若年層で生存期間が延長しつつある_e0156318_14103525.png
(70歳以下の生存曲線:文献より引用)

結論:
 2006年~2017年のあいだに、SSc-PAHの生存期間は70歳以下では改善していたが、高齢者では不変だった。この関連性が初期併用治療による恩恵によるものか、あるいは一般診療の質が向上したことによるものか、さらなる研究によって調べる必要がある。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラッシュアップ敗血症 [ 近藤豊 ]
価格:3520円(税込、送料無料) (2019/11/19時点)



by otowelt | 2019-12-26 00:19 | 膠原病