2020年 02月 06日 ( 1 )

呼吸困難に対するミルタザピン

呼吸困難に対するミルタザピン_e0156318_23192011.png リフレックス®は、一度内服したことがあるのですが、結構眠気の持ち越しが大きかったです。

Higginson IJ, et al.
Randomised, double-blind, multicentre, mixed-methods, dose-escalation feasibility trial of mirtazapine for better treatment of severe breathlessness in advanced lung disease (BETTER-B feasibility).
Thorax. 2020 Jan 8. pii: thoraxjnl-2019-213879. doi: 10.1136/thoraxjnl-2019-213879.


背景:
 進行性疾患に伴う重度の息切れに対する新規治療が求められている。

方法:
 われわれは、mMRC息切れスケール3以上の成人患者に28日におよぶミルタザピン(15 mg/日、夕内服)の効果をみるランダム化比較実現可能性試験を実施した。

結果:
 409人がスクリーニングされ、64人がランダム化された。ほとんどの患者がCOPDあるいは間質性肺疾患だった。52人(81%)が試験を完遂した。プラセボとミルタザピンの間に、忍容性あるいは安全性に差はみられなかった。28日時点での最悪の息切れ評価(NRS)は、プラセボ群7.1±2.3、ミルタザピン6.3±1.8だった。
呼吸困難に対するミルタザピン_e0156318_2143258.png
(NRS:文献より引用)

結論:
 ミルタザピンの第3相試験の実施が望まれる。




by otowelt | 2020-02-06 00:27 | 呼吸器その他