2020年 02月 12日 ( 1 )

ネットワークメタアナリシス:喘息増悪に対する生物学的製剤の比較

ネットワークメタアナリシス:喘息増悪に対する生物学的製剤の比較_e0156318_22305171.png 細かい使い分けについてはエキスパートオピニオンがありますが、基本的には総じて横並びといった感じでしょうか。

Ramonell RP, et al.
Effect of Anti-IL5, Anti-IL5R, Anti-IL13 Therapy on Asthma Exacerbations: A Network Meta-analysis.
Lung. 2020 Jan 1. doi: 10.1007/s00408-019-00310-8.


背景:
 過去10年間、重症喘息に対するいくつかの新治療法が利用可能となった。しかし、特定の患者集団における使用をガイドするデータはほとんどない。

目的:
 重症好酸球性喘息患者における喘息増悪を予防する上で、FDA承認のモノクローナル抗体製剤の効果を比較するためにネットワークメタアナリシスを実施した。

方法:
 喘息増悪の予防におけるベンラリズマブ、デュピルマブ、メポリズマブ、レズリズマブの有効性を研究したランダム化比較試験について、PubMedおよびOvidを用いて2019年7月まで検索された。重症好酸球性喘息患者(好酸球絶対数250/μL以上と定義)データが有効な研究を用いた。喘息の年間増悪率(治療中)が算出され、log率比に変換された。Rによる頻度論的方法ネットワークメタアナリシスを用いて直接および間接治療推定(薬物間の差)が解析され、Pスコアに基づいて治療がランク付けされた。

結果:
 全体で9つの研究が最終的な解析対象となった。ネットワークメタアナリシスによると、全薬剤はプラセボよりも喘息増悪予防に有効で、薬剤間の差は観察されなかった。P-スコア(0.83)に基づくと、デュピルマブが喘息増悪のlog率比を減少させる効果がもっとも大きかった。
ネットワークメタアナリシス:喘息増悪に対する生物学的製剤の比較_e0156318_22281225.png
(感度分析:文献より引用)

結論:
 ベンラリズマブ、デュピルマブ、メポリズマブ、レスリズマブはすべて好酸球性喘息患者の喘息増悪の減少と関連しており、薬剤間の有意な差は観察されなかった。




by otowelt | 2020-02-12 00:06 | 気管支喘息・COPD