2020年 02月 25日 ( 4 )

COVID-19:咽頭スワブと喀痰のウイルス量ピーク

COVID-19:咽頭スワブと喀痰のウイルス量ピーク_e0156318_1013880.png Lancet Infectious Diseasesからの短報。SARSと比べてCOVID-19のウイルス量ピークはやや早期にあるのですね。

・参考記事:COVID-19:鼻腔・咽頭のウイルス量の推移
・参考記事:COVID-19:患者の半数で便中SARS-CoV-2が陽性
・参考記事:COVID-19:PCR検査は喀痰検体と咽頭検体のどちらがよいか?
・参考記事:COVID-19:便中SARS-CoV-2陽性は鼻咽頭スワブ検体よりも遷延する

Yang Pan, et al.
Viral load of SARS-CoV-2 in clinical samples.
Lancet Infectious Diseases, DOI:https://doi.org/10.1016/S1473-3099(20)30113-4


概要:
 SARS-CoV-2によるCOVID-19が2019年12月に武漢で発生し、中国やその他の国に広がった。リアルタイムRT-PCRアッセイがSARS-CoV診断に推奨されている。しかしながら、感染者におけるウイルス動態はまだ完全には解明されていない。そこで、われわれは異なる臨床検体を82人の感染患者から採取した結果を報告する。
 北京の2人の患者から毎日入院時に連続検体(咽頭スワブ、喀痰、尿、便)を採取した(患者1:発症から3-12日目まで、患者2:発症から4-15日目まで)。咽頭スワブおよび喀痰検体のウイルス量は発症から5-6日目がピークで、10⁴~10⁷コピー/mLだった。これはSARSのパターンとは異なるものである。SARSは発症から10日目あたりがピークだった。喀痰検体は一般的に咽頭スワブよりもウイルス量が多かった。これら2人の患者に関しては尿や便からRNAは検出されなかった。
COVID-19:咽頭スワブと喀痰のウイルス量ピーク_e0156318_22544571.png

(ウイルス量:文献より引用)

 われわれは、呼吸器検体(鼻腔1人、咽頭スワブ67人、喀痰42人)を80人の患者から異なる病期で採取した。ウイルス量は641コピー/mLから1.34×10¹¹コピー/mLまでの範囲で、咽頭スワブの中央値は7.99×10⁴コピー/mL、喀痰検体の中央値は7.52×10⁵コピー/mLだった。唯一鼻腔スワブから検体をとられた患者のウイルス量は1.69×10⁵コピー/mLだった。全体として、発症早期のウイルス量は多かった(>1×10⁶コピー/mL)。しかしながら、発症8日目に死亡した患者の喀痰検体はウイルス量が多かった(1.34×10¹¹コピー/mL)。特筆すべきこととして、濃厚接触歴があるため監視されていた2人は、発症前にRT-PCRが陽性となっていたが、症状が発現する前に感染性があることが示唆された。
 30の咽頭スワブと喀痰のペア検体において、ウイルス量は2検体の間で相関がみられた(1–3日目 (R²=0.50, p=0.022), 4–7日目(R²=0.93, p<0.001), 7–14日目(R²=0.95, p=0.028)。
COVID-19:咽頭スワブと喀痰のウイルス量ピーク_e0156318_22533233.png
(咽頭スワブと喀痰の相関)

 データ利用が可能だったSARS-CoV-2感染患者17人(発症から0-13日目)のうち、便検体が9人(53%:発症から0-11日目)で陽性だった。ウイルス量は呼吸器検体より少なかったが(550コピー数/mL~1.21×10⁵コピー数/mL)、便検体を扱う際には注意すべきと考えられる。




by otowelt | 2020-02-25 23:26 | 感染症全般

COVID-19:81例の胸部CT所見の推移

COVID-19:81例の胸部CT所見の推移_e0156318_1013880.png 類似の研究は過去にいくつかありましたね。Lancet Infectious Diseasesから、81例を検討した報告です。武漢市金銀潭医院の論文の数がスゴイ。

・参考記事:COVID-19:肺炎の胸部CTの経時的所見
・参考記事:COVID-19:94例の胸部CT所見の推移

Heshui Shi, et al.
Radiological findings from 81 patients with COVID-19 pneumonia in Wuhan, China: a descriptive study
Lancet Infectious Diseases, DOI:https://doi.org/10.1016/S1473-3099(20)30086-4


背景:
 SARS-CoV-2によって引き起こされるCOVID-19による肺炎患者の集団発生は、中国武漢から報告さえた。われわれは、疾患の経過ごとのCT所見の違いについて記述する。

方法:
 次世代シークエンスあるいはRT-PCRでCOVID-19と診断された患者で、武漢にある2病院(武漢市金銀潭医院あるいは華中科技大学同済医学院)のいずれかに入院し、連続的に胸部CT検査を撮影された人を後ろ向きに同定した。患者は、症状発現から初回の胸部CT撮影までの時間によって4群に分けられた。

グループ1:症状発症前に胸部CTを撮影された無症候性の患者
グループ2:症状発症から1週間以内に胸部CTを撮影された患者
グループ3:症状発症から1~2週間に胸部CTを撮影された患者
グループ4:症状発症から2~3週間に胸部CTを撮影された患者

これら4群の画像所見や分布を解析し、比較した。

結果:
 2019年12月20日~2020年1月23日に81人のCOVID-19患者が入院した。42人(52%)が男性で、39人(48%)が女性だった。平均年齢は49.5±11.0歳である。合併症は、糖尿病10人(12%)、高血圧12人 (15%)、慢性呼吸器疾患9人(11%)、心血管疾患8人(10%)だった。
 発熱は59人(73%)にみられた。咳嗽は48人(59%)、呼吸困難は34人(42%)にみられ、グループ2よりもグループ4のほうが頻度が高かった(p<0.0001)。本研究では末梢血リンパ球数に増減は観察されなかった。
 異常がみられた肺の区域数は10.5±6.4で、グループ1は2.8±3.3、グループ2は11.1±5.4、グループ3は13.0±5.7、グループ4は12.1±5.9だった。
 画像所見は、両側性(64人[69%])、末梢性(44人[54%])、辺縁不整(66人[81%])、GGO(53人[65%])が多くみられ、主に右下葉に観察された(225人[27%])。
 グループ1(15人)では、片側(9人[60%])、多発性(8人[90%])、GGO(14人[93%])が多くみられた。これらの陰影はグループ2(21人)になると、両側性(19人[90%])、びまん性(11人[52%])、GGO(17人[81%])と進展した。その後、グループ3(30人)・グループ4(15人)では、GGOは減少していき(それぞれ17人[57%], 5人[33%])、浸潤影や混合性パターンがよくみられるようになった(それぞれ12人[40%]、8人[53%])。
COVID-19:81例の胸部CT所見の推移_e0156318_1304468.png
(胸部CTで異常がみられた区域数:文献より引用)
COVID-19:81例の胸部CT所見の推移_e0156318_131549.png
(肺炎像の推移:文献より引用)

 2020年2月8日時点で、62人(77%)が退院していた。症状発現から退院までの平均期間は23.2±6日だった(範囲12-41日)。

結論:
 COVID-19の肺炎は、無症候性でも胸部CT写真の異常がみられることがあり、すみやかに片側限局性からびまん性両側性GGOへ進展し、1-3週間で浸潤影を混じるようになる。画像所見と臨床・検査所見を組み合わせて評価することは、COVID-19の肺炎の早期診断に有用かもしれない。




by otowelt | 2020-02-25 13:06 | 感染症全般

COVID-19:臓器傷害はサイトカインストームではなくウイルス感染そのものに起因

COVID-19:臓器傷害はサイトカインストームではなくウイルス感染そのものに起因_e0156318_1013880.png 朝のテレビでも「サイトカインストーム」がエライ取り沙汰されていましたね。ARDSはそうなんでしょうけど・・・。

Yishan Zheng, et al.
Comparative study of the lymphocyte change between COVID-19 and non-COVID-19 pneumonia cases suggesting uncontrolled inflammation might not be the main reason of tissue injury
medRxiv preprint doi: https://doi.org/10.1101/2020.02.19.20024885.


背景:
 COVID-19は2019年12月に中国武漢から発生し、世界中に拡大している。このウイルスは高い感染率を有し、特異な臨床的特徴を持つ。しかし、鍵となる病理学的メカニズムはよくわかっていない。そこで、ヒトの中におけるCOVID-19の主要な病理学的特徴を解明するべく、COVID-19患者の検査データを解析し、非COVID-19の肺炎と並行して比較検討した。

方法:
 COVID-19感染患者の検体の生化学所見とリンパ球を分析し、非COVID-19の肺炎症例のデータと比較した。この研究では、COVID-19の肺炎患者103人、非COVID-19の肺炎患者22人を登録した。検査所見は電子カルテから抽出された。リンパ球サブセットとフローサイトメトリー分析によるサイトカイン測定のために血液が採取された。

結果:
 合計125人が登録されCOVID-19は103人(55人が男性、平均年齢43.4±18.9歳)、非COVID-19の肺炎患者は22人(11人が男性、平均年齢36.7±10歳)だった。COVID-19患者のうち、重症が8人、非重症が71人、軽症が9人、無症候性が22人だった。
 COVID-19群と非COVID-19群では、CRP、LDH、AST、eGFR、Naに有意な差があり、COVID-19ではリンパ球サブセットの減少が観察された。相関解析では、リンパ球サブセットがCOVID-19の臓器傷害と逆相関しており、好中球や単球ではこれは当てはまらなかった。特にCD4陽性T細胞数がほとんどの生化学検査と有意な相関を示した。

結論:
 本研究では、COVID-19と非COVID-19の臨床的特徴に有意な差があり、特にリンパ球減少は臓器傷害と関連していることが分かった。特に、相関解析により、COVID-19患者の臓器傷害が、制御されてない炎症反応(いわゆるサイトカインストーム)ではなく、ウイルス感染そのものに起因することを示している。




by otowelt | 2020-02-25 07:46 | 感染症全般

COVID-19:短期死亡を予測するインデックス

COVID-19:短期死亡を予測するインデックス_e0156318_1013880.png いろいろ考えて提唱されたのですが、リンパ球が除外されて結局のところ年齢とCRPだけという疾患非特異的なインデックスになってしまいました。SARS-CoV-2陰性例も含まれているので、当然市中肺炎も組み込まれているわけで・・・。

Jiatao Lu, et al.
ACP risk grade: a simple mortality index for patients with confirmed or suspected severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 disease (COVID-19) during the early stage of outbreak in Wuhan, China
medRxiv preprint doi: https://doi.org/10.1101/2020.02.20.20025510.


背景:
 SARS-CoV-2によるCOVID-19が中国武漢でアウトブレイクし、ヘルスケアリソースが逼迫してしまった。COVID-19の発生と死亡者数をより迅速に制御するための鍵となる、効率的マネジメントへのアプローチが必要である。COVID-19の確定例・疑い例について入院患者の臨床的特徴を記述し、死亡リスクを予測するインデックスを作成することを目的とした。

方法:
 この後ろ向き単施設コホート研究において、2020年1月21日~2月5日まで、COVID-19が疑われた武漢市漢口医院の入院患者を組み入れた。背景、臨床所見、検査データ、放射線学的および臨床的アウトカムが収集された。

結果:
 少なくとも入院後1回でも評価を受けた577人の患者の年齢中央値は55歳(IQR 39-66)で、254人(44.0%)が男性だった。22.8%(438人中100人)が重症肺炎で入院し、199人中75人(37.7%)がSARS-CoV-2陽性だった。
 SARS-CoV-2が陽性だった患者と陰性だった患者の臨床データ、検査データ、放射線学的データを比較した。中央値8.4日(IQR 5.8-12.0)の追跡期間の間、39人が死亡した。12日の累積死亡率は8.7%だった(95%信頼区間5.9-11.5)。死亡リスクを評価するインデックスとしてACPインデックスを提唱する。これは年齢(Age)、CRP(C reactive Protein)で構成される。このインデックスによって、患者を3群に分けたところ、累積死亡率は以下のようになった(P<0.001)。

・年齢60歳以上、CRP≧3.4mg/dL:33.2%(95%信頼区間19.8-44.3)
・年齢60歳以上、CRP<3.4mg/dL:5.6%(95%信頼区間0-11.3)
・年齢60歳未満、CRP<3.4mg/dL:0%
COVID-19:短期死亡を予測するインデックス_e0156318_10154689.png
(単変量解析と多変量解析:文献より引用)
COVID-19:短期死亡を予測するインデックス_e0156318_1041550.png
(生存曲線:文献より引用)

結論:
 COVID-19に対するACPインデックスは短期死亡を予測する。




by otowelt | 2020-02-25 05:16 | 感染症全般