2020年 02月 27日 ( 5 )

COVID-19:中国SNSにおけるアウトブレイクの予兆

COVID-19:中国SNSにおけるアウトブレイクの予兆_e0156318_17185130.png いくらなんでも初発患者出現時にWeChatインデックスが上昇するのは不自然な気が・・・。ボソッ。

Wenjun Wang, et al.
WeChat, a Chinese social media, may early detect the SARS-CoV-2 outbreak in 2019
medRxiv preprint doi: https://doi.org/10.1101/2020.02.24.20026682


背景:
 WeChatは、Tencent Inc.が提供する月10億人がアクセスする中国最大のSNSである。WeChatアプリでアクセスされるWeChat インデックスを使えば、過去90日間にWeChatの投稿、特定の検索キーワードなどの公開データが得られる。WeChatインデックスを使用して、「SARS」、「Feidian(重症呼吸器症候群の中国語略語)」など、SARS-Cov-2疾患に関連するキーワードについて、2019年11月17日から2020年2月14日までの日ごとのデータを取得した。
 また、Baiduは、主要な中国のインターネット検索エンジンである。Baidu Inc.が提供するBaidu インデックス(https://index.baidu.com)も、ある地域で一定期間にキーワードがどれほど頻繁に検索されたかを調べることが可能である。
 日ごとのデータは、各キーワードの時間ごとにプロットされた。

結果:
 2019年11月17日から2019年12月30日まで(44日間)に、キーワード「Feidian」、「SARS」、「コロナウイルス」、「新型コロナウイルス」、「息切れ」、「呼吸困難」、「下痢」のWeChatインデックスが急増した。 「Feidian」のWeChatインデックスは、2019年12月15日までわずかな変動で低レベルを維持し、その後大幅に増加した。その後、インデックスは翌日から2019年12月29日まで比較的高いレベルで維持された。「SARS」のインデックスは、12月の最初の3日間を除いて安定しており、ピークは2019年12月1日だった。「新型コロナウイルス」のWeChatインデックスは、2019年12月11日に急上昇した。。「コロナウイルス」のWeChatインデックスは、2019年12月30日まで急速に上昇するまでほぼ安定していた。「息切れ」と「呼吸困難」のWeChatインデックスは、2019年12月22日から増加し始めた。「下痢」のWeChatインデックスは、2019年12月18日に急上昇した。「肺炎」のWeChatインデックスにはスパイクがあったが、明らかな長期トレンドのない7日周期の周期的パターンであり、アウトブレイクを予測する潜在的な候補ではなかった。
COVID-19:中国SNSにおけるアウトブレイクの予兆_e0156318_17133723.png
(WeChatインデックス:文献より引用)

 「Feidian」、「SARS」、「肺炎」、「コロナウイルス」のBaidu インデックスは、2019年12月30日に急速に上昇した。 その他のキーワードについては、Baidu インデックスは2019年11月17日から2019年12月30日までの期間に明らかな増加を示さなかった。

結論:
 中国のSNSであるWeChatのデータを使用すると、2019年12月時点で中国のSARS-CoV-2発生が早期に検知できる可能性がある。キーワードとして「Feidian」のWeChatインデックスを監視すると、発生は2週間前に検出された。




by otowelt | 2020-02-27 17:20 | 感染症全般

COVID-19:無症候性キャリア24例の臨床経過

COVID-19:無症候性キャリア24例の臨床経過_e0156318_1013880.png 無症候性キャリアのうち、全く問題なく経過したのは3割ということになりますね。やはり、若年者は有利のようです。

Hu Z, et al.
Clinical characteristics of 24 asymptomatic infections with COVID-19 screened among close contacts in Nanjing, China.
Sci China Life Sci. 2020 Mar 4. doi: 10.1007/s11427-020-1661-4.


背景:
 これまでの研究において、COVID-19の臨床的特徴とヒトヒト感染があることが示されてきた。しかしながら、無症候性の感染者からのデータは限られている。この研究は、濃厚接触がある無症候性COVID-19キャリア24人の臨床的特徴と潜在的な感染性について調べたものである。

方法:
 2020年1月28日~2月9日までに、中国江蘇省南京におけるCOVID-19患者(または疑い例)の濃厚接触者を検索した。無症候性キャリアは、咽頭スワブ検体からSARS-CoV-2が陽性になった者とした。彼らの臨床記録、検査データ、胸部CTデータがレビューされた。

結果:
 24人の無症候性キャリアのうち、PCR前に誰も症状は訴えていなかった(これは当然であるが)。5人(20.8%)が入院中に症状を訴えた(発熱、咳嗽、倦怠感など)。12人(50.0%)が典型的なCT所見であるGGOを、5人(20.8%)が線状影を呈した。残りの7人(29.2%)は正常CTで、入院中にまったく症状も訴えなかった。これら7人は、他の17人と比較して若年だった(年齢中央値14歳、p=0.012)。4人(16.7%)は入院中リンパ球減少がみられた。
 抗ウイルス薬は21人(87.5%)に投与された。抗菌薬、抗真菌薬、免疫グロブリンが投与された患者もいた。24人の誰1人として重症COVID-19には発展せず、ICU入室者や死亡者もいなかった。初回PCR陽性から陰性化までの期間中央値は9.5日だった(最大21日)。
 疫学的調査によると、同居している家族への典型的な無症候性感染が観察され、重篤なCOVID-19肺炎を引き起こした症例もあった。

結論:
 濃厚接触者のうち無症候性キャリアは、入院中軽症で済んだ。しかしながら、感染リスクがある期間は最大3週間で、二次感染を受けた患者は重症になる可能性がある。




by otowelt | 2020-02-27 07:31 | 感染症全般

COVID-19:深圳における小児30例の臨床的検討

COVID-19:深圳における小児30例の臨床的検討_e0156318_1013880.png 小児例はまだトップジャーナルには掲載されていないですね。

Wang Yanrong, et al.
Epidemiological and clinical characteristics analysis of 30 childhood cases with 2019 novel coronavirus infection in Shenzhen.
Chin J Infect Dis, 2020,38:Epub ahead of print.


目的:
 深圳におけるCOVID-19に罹患した小児の疫学・臨床的特徴を解析すること。

方法:
 2020年1月16日~2月9日に深圳市第三人民医院でCOVID-19と診断された30人の小児のデータを収集した。

結果:
 30人の小児のうち、14人が男児、16人が女児だった。10人が軽症例、13人が典型例(発熱、呼吸器症状がみられ肺炎像があるもの)、1人が重症例、6人が無症候性だった。年齢は7ヶ月~18歳で、年齢中央値は7歳だった。30人のうち20人(66.7%)が学童児だった。2週間以内に湖北省に渡航したのは29人で、24人(80.0%)に親族(親や祖父母)にCOVID-19と診断された人がいた。
 臨床症状として、9人(30.0%)に発熱、7人(23.3%)に咳嗽がみられた。体温は、おおむね37.5℃だった。ほとんどの症例では、肺の聴診でラ音がなく、肺外の合併症もなかった。1人にwheezesと低酸素血症がみられた。また、1人に下痢と嘔吐があった。重篤例や死亡例はなかった。
 白血球上昇(>12000/μL)が3人、CRP上昇が5人、LDH上昇が5人、ヘルパーT細胞の低値が3人にみられた。一部の患者は、RSウイルス、マイコプラズマ肺炎、ヒトヘルペスウイルス、インフルエンザB、風疹ウイルスと共感染していた。
 胸部CTでよくみられた所見は、両肺または片肺の斑状GGOだった。
 軽症例のCOVID-19にはインターフェロン吸入が投与され、典型例と重症例にはロピナビル/リトナビル錠が投与された。診断前に、抗ウイルス療法の経口ノイラミニダーゼ阻害薬(オセルタミビル)が投与された症例もあり、4例には抗菌薬が投与されていた。6歳の小児1人に酸素投与が行われた。喘鳴のため2日目に入院し、血中酸素飽和度は90%まで低下した。しかし3日後には喘鳴は解除され、酸素療法は解除された。
 PCRが陰性化するまでの期間中央値は8日だった。全例治癒し自宅へ退院した。入院期間は、5-16日で中央値は12日だった。

結論:
 ほとんどの小児COVID-19症例は、学童児で、家族内クラスターがみられた。ほとんどが軽症で予後良好だった。一部の患児は複数の感染を合併していた。





by otowelt | 2020-02-27 04:28 | 感染症全般

COVID-19:北京における46例の臨床的検討

COVID-19:北京における46例の臨床的検討_e0156318_1013880.png 地域ごとにまとめた報告が出てきていますが、やはり武漢が突出してシビアな印象ですね。

・参考記事:COVID-19:浙江省における62例の臨床的特徴

Wen Ke, et al.
Epidemiological and clinical characteristics of 46 newly-admitted coronavirus disease 2019 cases in Beijing.
Chin J Infect Dis, 2020,38:Epub ahead of print.


目的:
 北京におけるCOVID-19の疫学的・臨床的特徴を調べ、解析すること。

方法:
 中国北京にある中国人民解放軍総医院第五医学中心において2020年1月20日から2月8日までCOVID-19患者46人を登録し解析した後ろ向き研究である。臨床症状、検査データ、画像データの特徴が解析された。

結果:
 登録された46人のうち、27人が男性、19人が女性だった。年齢は3-79歳で、平均年齢は41.8±16.3歳だった。平均潜伏期間は4.85±3.00日だった。合計26人(56.5%)がクラスター患者で、12人(26.1%)が軽症例、23人(50.0%)が典型例、11人(23.9%)が重症例だった。発熱(39.8%)、咳嗽(27.6%)、倦怠感(25.3%)が主症状だった。12人に白血球減少がみられ、4人はTリンパ球数が減少し、17人がCD4陽性T細胞数が減少し、7人がCD8陽性T細胞数が減少していた。21人(45.7%)はCRPが高値で、32人(69.6%)はIL-6が高値だった。赤沈は20人(50%)で亢進し、血清フェリチンは26人(56.5%)で上昇していた。9人でLDHが上昇していた。軽症例、典型例、重症例の間では、Tリンパ球、CD8陽性T細胞数の減少がみられた患者数に有意差があった(P<0.05)。この3群でCRP、IL-6、赤沈、血清フェリチン、LDHを比較すると、これも有意であった(P<0.05)。CRP上昇がみられた患者数は重症例で有意に多かった。IL-6、赤沈、血清フェリチン、LDHについても同様だった。

結論:
 北京におけるCOVID-19の疫学的特徴として、主に武漢からの輸入症例とクラスター症例であったことが挙げられる。臨床症状は発熱、倦怠感、咳嗽だった。CRP、IL-6、赤沈、血清フェリチン、LDHは重傷の患者でより高値だった。





by otowelt | 2020-02-27 02:13 | 感染症全般

COVID-19:臨床・検査・画像所見のシステマティックレビュー

COVID-19:臨床・検査・画像所見のシステマティックレビュー_e0156318_1013880.png プレプリントのシステマティックレビュー2つ目。登録された文献はやや重症に偏っている印象。

Alfonso J. Rodriguez-Morales, et al.
Clinical, Laboratory and Imaging Features of COVID-19: A Systematic Review and Meta-analysis
Preprints 2020, 2020020378


背景:
 COVID-19は中国武漢で12月に発生した。臨床的、検査的、画像的な特徴がいくつかの観察研究で特徴づけられている。これについてのシステマティックレビューはまだない。

方法:
 3つの文献データベースにおいて、COVID-19と確定された患者のシステマティックレビューとメタアナリシスをおこなった。すべて観察研究だったが、一部の症例報告が組み込まれたが、これについては別に解析した。ランダム効果モデルによるメタアナリシスをおこない、その頻度と95%信頼区間を算出した。異質性・出版バイアスの評価もおこなった。

結果:
 660文献がスクリーニングされ、27文献が全文アセスメントの対象となった。これらのうち、19文献が定性的・定量的解析の対象となった(2874人)。18文献が中国のもので、1文献がオーストラリアのものだった。
 平均年齢は51.97歳(95%信頼区間46.06-57.89)、男性は55.9%(95%信頼区間51.6-60.1%)だった。基礎疾患を有していたのは36.8%(95%信頼区間24.7-48.9%)で、高血圧が最も多かった(18.6%、95%信頼区間8.1-29.0%)。心血管疾患(14.4%, 95%信頼区間5.7-23.1%), 糖尿病(11.9%, 95%信頼区間9.1-14.6%)がこれに続いた。
 症状は、発熱(88.7%, 95%信頼区間84.5-92.9%), 咳嗽(57.6%, 95%信頼区間40.8-74.4%)、呼吸困難(45.6%,95%信頼区間10.9-80.4%)がよくみられた。小児よりも、成人のほうが発熱の頻度は高かった(92.8%, 95%信頼区間89.4-96.2% vs 43.9%, 95%信頼区間28.2-59.6%)。
 検査所見は、低アルブミン血症(75.8%, 95%信頼区間30.5-100.0%), CRP高値(58.3%, 95%信頼区間21.8-94.7%), LDH高値 (57.0%, 95%信頼区間38.0-76.0%), リンパ球減少症(43.1%, 95%信頼区間18.9-67.3%), 赤沈高値(41.8%,95%信頼区間0.0-92.8%)がよくみられた。
 胸部レントゲン写真で、肺炎像はおもに両側性だった(72.9%, 95%信頼区間58.6-87.1%)、陰影はGGOが主体だった(68.5%、95%信頼区間51.8-85.2%)。
 患者のうち、ICUに入室したのは20.3% (95%信頼区間10.0-30.6%)で、ARDSにいたったのは32.8%(95%信頼区間13.7-51.8)だった。急性腎傷害は7.9%(95%信頼区間1.8-14.0%)に合併していた。致死的なアウトカムになったのは13.9% (95%信頼区間6.2-21.5%)だった。
 出版バイアスは確認されなかった。
 加えて、39例の症例報告が別に解析された。これらのうち、主症状は発熱(77.0%), 咳嗽(55.6%), 筋肉痛(31.0%)であった。リンパ球減少は23.8%にみられ、CRP上昇が22.2%、AST上昇が7.9%にみられた。胸部レントゲン写真では46%がGGOを呈し、39.7%が両側性の分布だった。

結論:
 このシステマティックレビューとメタアナリシスでは、ICU入室にいたるほどの重症例が5人に1人おり、死亡も多かった。





by otowelt | 2020-02-27 01:43 | 感染症全般