カテゴリ:その他( 170 )

本の紹介:そのエビデンス、妥当ですか?

 タイトルの文字数に限りがあり、省略させていただきました。スイマセン。
 さて、献本ありがとうございます。結論から書きましょう。小児科医・プライマリ・ケア医は全員買うべし。これは、近年まれに見る完成度の医学書です。感動すら覚えるクオリティ。間違いなく、医学書史に残る神本です。

本の紹介:そのエビデンス、妥当ですか? _e0156318_211713.png

発売日:2020年4月14日
単行本 : 231 ページ
価格 : 3,400円 (税抜)
出版社 : 金芳堂
著者 : 大久保 祐輔先生 (著), 榊原 裕史先生(監修)

本の紹介:そのエビデンス、妥当ですか? _e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する

 著者の大久保先生のことは、風のウワサで何となく知っていました。とはいえ、私は小児科医ではなく呼吸器内科医ですから、たくさん論文を読んでいる疫学に詳しい先生、という印象でした。
本の紹介:そのエビデンス、妥当ですか? _e0156318_2115689.jpg

 しかし、この本をペラペラめくり始めて、自分の井の中の蛙っぷりを痛感しました。何者ですか、この先生、エビデンスの怪物じゃないか。町内の運動会のリレーで、ウサイン・ボルトが出てくるらしいというウワサを聞いてワクワク待機していたら、超サイヤ人孫悟空が出てきたくらいびっくりしました。走っているのが見えない!(自分でも何を書いているのかよくわからない)
本の紹介:そのエビデンス、妥当ですか? _e0156318_212538.jpg

 私が初めて書いた書籍は、シーニュ社から出版した「『寄り道』呼吸器診療」という本でした。普段から実臨床で感じる疑問を、エビデンスから紐解きながら解決する、そういう類の本です。大久保先生の本は、そのコンセプトと近いものですが、クオリティの高さに嫉妬するレベルでした。これをどうやって書き上げたのか、と思うくらい精緻かつ洗練された内容。一言一言に、エビデンスが裏付けされている。そしてコラムには、論文を読む上で必要な知識やノウハウが惜しみなく書かれている。全体的に、医学書10冊分くらいの内容と満足度がある。
本の紹介:そのエビデンス、妥当ですか? _e0156318_212476.jpg

 繰り返しますが、これは、医学書史に残る神本です。
 もう一度書きます、神本です。





by otowelt | 2020-04-08 22:20 | その他

本の紹介:高齢者のための高血圧診療

 献本ありがとうございます。名郷直樹先生著、岩田健太郎先生監修・著の「高齢者のための高血圧診療」という本です。シリーズ3作目でしょうか。

本の紹介:高齢者のための高血圧診療_e0156318_8104288.png

発売日:2020年3月23日
単行本 : 224 ページ
価格 : 3,850円 (税込)
出版社 : 丸善出版
著者 : 名郷直樹先生著、岩田健太郎先生監修・著

本の紹介:高齢者のための高血圧診療_e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する

 通読して感じたことは、こりゃあ「高血圧という窓を通してみて哲学の本」だということです。最近、良い意味で裏切られる本が増えてきています。嬉しいことです。
 
 この本には、いわゆるマニュアル本のように、アムロジピン5mgウンタラカンタラ・・・、副作用にはコレを気を付けてウンタラカンタラ・・・・という内容は出てきません。高齢者の高血圧診療をどう向き合うか、彼らの何が問題なのか、そしてなぜ血圧をそもそも毎日測るのか、など、医学書としての視点は異彩を放っています。

 医師が高血圧の診療をどうやって学ぼうか、というための本ではなくて、普段から高齢者の高血圧を診ている多くの医師が脱皮する上でのパラダイムシフト、そういう本です。
本の紹介:高齢者のための高血圧診療_e0156318_825332.jpg


 後半に名郷先生と岩田先生と対談が掲載されているのですが、高血圧の話はどこにいったの!というくらい、老い、人生、そして死について、深い議論がなされています。200ページ余りの本で、この深みに到達できたことは読者としては驚くばかりです。


by otowelt | 2020-04-04 00:08 | その他

本の紹介:マンガでわかる Dr.Kの株式投資戦術

 中外医学社から献本いただきました。医師向けの株式投資の本、「マンガでわかる Dr.Kの株式投資戦術 −忙しい医師でもできるエビデンスに基づく投資−」です。「Dr.Kの株式投資戦術」という本をマンガにしたもののようです。元になった本のほうは、口座開設のページが多めで、アドバンスな内容が多いという特徴があります。今回のマンガ版は、株式投資のエッセンスを抽出した感じです。
 他にも「医学生・若手医師のための 誰も教えてくれなかったおカネの話」という書籍もあり、以前ココでも紹介させていただきました。

・参考記事:本の紹介:医学生・若手医師のための 誰も教えてくれなかったおカネの話

本の紹介:マンガでわかる Dr.Kの株式投資戦術_e0156318_16191559.png

発売日:2020年4月3日
単行本 : 244 ページ
価格 : 2,400円 (税抜)
出版社 : 中外医学社
著者 : Dr.K

本の紹介:マンガでわかる Dr.Kの株式投資戦術_e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する

本の紹介:マンガでわかる Dr.Kの株式投資戦術_e0156318_13141310.jpg出版社から予約/購入する

 新型コロナウイルスでマーケットが崩壊したこともあって、証券会社の口座開設依頼が急増したそうです。近いうち、株式投資ブームがやってくるかもしれませんね。

 内容は、株式投資の基本的なところから、中級者向けの内容まで幅広く扱われています。株式投資の本って結構難しいので、こういう感じでマンガで入ったほうが分かりやすいかもしれません。
本の紹介:マンガでわかる Dr.Kの株式投資戦術_e0156318_14253713.jpg

 マンガのウェイトと文章のウェイトのバランスがよいですね。




by otowelt | 2020-03-29 00:18 | その他

本の紹介:医師×お金のルールとマナー

 若手医師向けのマネーリテラシーを高める本が日経BPより出版されるそうです。編集部のご厚意で献本いただきました。「知らなきゃマズい 医師×お金のルールとマナー」というタイトルです。

本の紹介:医師×お金のルールとマナー_e0156318_822262.png

発売日:2020年3月25日
単行本 : 192 ページ
価格 : 3,200円 (税込)
出版社 : 日経BP
著者 : 日経メディカル

本の紹介:医師×お金のルールとマナー_e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する

 医学生や医師がマネーリテラシーを学ぶ機会ってそうそうないと思います。大事なのは、自身のライフプランに合わせた資金計画を立てることで、この本に書かれているように研修医時代に億ションを買ってしまうのはNGです。そんな人いないでしょうけど・・・。
本の紹介:医師×お金のルールとマナー_e0156318_8291725.jpg
 持ち家 vs 賃貸の議論は私も興味のあるところです。現在は持ち家ですが、賃貸でもよかったかな・・・ボソッ。

本の紹介:医師×お金のルールとマナー_e0156318_834293.jpg
 後半は、医師を騙す悪い連中についてのコラムが続きますが、ここがハンパなく面白い。おいおい、テメェらそこまでして金を奪いたいのか!と怒鳴りたくなるほど。

 これまで、医師とおカネのテーマって不可侵領域でしたが、こうやってちゃんと書籍化されるとありがたいですね。


by otowelt | 2020-03-22 00:20 | その他

本の紹介:レジデントのための 呼吸器診療最適解

 本の紹介です。2020年1月27日に亀田総合病院の中島啓先生が「レジデントのための 呼吸器診療最適解」という本を出版されました。胸部画像の本も出版されており、スーパー分かりやすいので一読ください。

■参考記事:書籍の紹介「胸部X 線・CT の読み方やさしくやさしく教えます!」

本の紹介:レジデントのための 呼吸器診療最適解_e0156318_1023162.png

発売日:2020年1月27日
単行本 : 388ページ
価格 : 5,720円 (税込)
出版社 : 医学書院
著者 : 中島 啓 先生 (亀田総合病院 呼吸器内科 部長)

本の紹介:レジデントのための 呼吸器診療最適解_e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する
 
本の紹介:レジデントのための 呼吸器診療最適解_e0156318_13141310.jpg出版社から予約/購入する

 中島先生のことは昔から存じ上げているのですが、私の中では、「東の呼吸器指導医」というイメージです。ちなみに「西の呼吸器指導医」は長尾大志先生です。え?私ですか?・・・私は「呼吸器コラム芸人」っていったところですかね。うううッ・・・!(嗚咽)
 
 この本、まず目についたのはフルカラー!ここに目がいくのは執筆者病ってやつです。「医学書院バブリーですな!」とゲスい考えがよぎってしまう、いかんいかん。本の内容ですよ、大事なのは。

 中島先生の本、おそらくはレジデント・若手医師向けに描かれていますが、マニュアルマニュアル感は全然なくて、「こいうところで躓くよね」というのを症例ごとに咀嚼反芻してくれる感じです。躓いて転んだ若手医師に、手を差し伸べる優しい語り口調。「コケてんじゃねー!立てゴルァ!」みたいな昭和時代の指導とは大違いです。
 
 1単元ごとに読むだけで1パールはかならず頭に入ってくる進め方になっています。近年のトピックもふまえ、大事なポイントも全部おさえてある。昼ごはん中に1単元目を通せば、おかずなしで白米が食べられる内容ですよ。
本の紹介:レジデントのための 呼吸器診療最適解_e0156318_1002869.png
 実際の症例の画像や写真が出てくるので、呼吸器専門医でも悩みがちな膠原病関連間質性肺疾患の単元なんかは、読み応えあります。

本の紹介:レジデントのための 呼吸器診療最適解_e0156318_1004011.png

 ここからは声をひそめますが、普段から相談できる、優しくて有能な呼吸器指導医がいない若手医師にとっては、この本そのものが呼吸器指導医になってくれるでしょう。この本をテーブルに置いて酒を飲んで愚痴を吐けとまではいいませんが、ローテートしている間は常にデスクに置いておくべき一冊ですね。




by otowelt | 2020-02-08 00:48 | その他

出版のお知らせ:喘息バイブル

 出版のお知らせです。2020年2月8日に「喘息バイブル」という本を日本医事新報社から出版します。約4年前に出版した「気管支喘息バイブル」を大きく改訂したものです。100ページ増えて、386ページになりました。
 基本的に喘息の臨床試験はあらかた目を通しているつもりですが、漏れがあったらごめんなさい。Novel-START試験・PRACTICAL試験レジメン(早期ICS/LABA)、生物学的製剤の使い分け、舌下免疫療法について、大幅に加筆しました。私は吸入アドヒアランスこそがカギだと思っているので、しつこいくらいその話が出てきます。
 今回、無料の電子版が付属しています(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページが閲覧可能)。
 想定読者は、研修医・開業医・若手呼吸器内科医です。喘息専門バリバリのマニアックな上級ドクター向けではありません。

出版のお知らせ:喘息バイブル_e0156318_10573468.png

発売日:2020年2月8日
単行本 : 386ページ
価格 : 5,940円 (税込)
出版社 : 日本医事新報社
著者 : 倉原 優 (国立病院機構近畿中央呼吸器センター内科)

出版のお知らせ:喘息バイブル_e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する
 
出版のお知らせ:喘息バイブル_e0156318_13141310.jpg出版社から予約/購入する

出版のお知らせ:喘息バイブル_e0156318_936437.png
 私にとって,喘息は思い入れのある呼吸器疾患であり,自身のライフワークでもあります。私が医師になって初めて診た患者さんは重度の喘息だったのですが,あのとき,まさか自分が呼吸器内科医になり,ずっと喘息を診ていくことになろうとは予想していませんでした。

 この本の初版が出てから,いろいろなエビデンスが登場しました。生物学的製剤も,ゾレア®1剤だったのが,あっという間に4剤にまで増えました。トリプル吸入療法が実臨床で適用されるのも,もうすぐです。しかし,喘息診療には変わらないことが1つだけあります。それは,最大の予後規定因子が「吸入アドヒアランス」であることです。

 吸入薬がうまく使えているかどうかを判断するため,外来で患者さんといろいろな話をする必要があります。朝起きてから夜寝るまで,どういう生活をしているのか,趣味やペットはどうか,アレルギーはどうか。私は喘息患者さんと外来で雑談をしながら,コントロールが良好になるよう舵取りするのが好きです。

 この本を手に取って下さる方の多くは,普段から喘息患者さんを診療している医師だと思います。吸入薬の使い方やコツなどを,患者さんと笑いながら語れるようになると,喘息診療はもっと楽しくなります。是非この本で,診療の幅を広げて下さい。




by otowelt | 2020-02-01 07:43 | その他

クリスマスBMJ2019:BMJの論文は労働時間外に投稿されている?

クリスマスBMJ2019:BMJの論文は労働時間外に投稿されている?_e0156318_1016912.png ”働き方改革”において重要な論文ですね。

Adrian Barnett, et al.
Working 9 to 5, not the way to make an academic living: observational analysis of manuscript and peer review submissions over time
BMJ 2019; 367 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.l6460


目的:
 研究者が、時間外にBMJジャーナルの論文原稿と査読を提出しているかどうか、およびこれが経時的に変化したかどうか判断すること。

デザイン:
 2012年から2019年までの地理的座標が同定できた研究者の論文原稿と査読における観察研究。

セッティング:
 大規模一般医療ジャーナル2誌におけるオンラインBMJ投稿システム。

アウトカム:
 週末・休日の1時間ごと(早朝と深夜を決定するため)の論文原稿と査読の提出。 ロジスティック回帰分析を使用して、週末または休日に論文原稿と査読が提出される確率を推定した。

結果:
 分析には49000を超える論文原稿と76000の査読が含まれた。週末または休日に論文原稿または査読の提出が行われる平均確率に、経時的な変化はほとんどみられなかった。勤務時間外におこなわれていることが多く、週末の平均確率は0.14~0.18、休日の平均確率は同じ週の別日と比較して0.08~0.13だった。国の間で明確で一貫した違いがあった。中国の研究者は、週末と深夜に最も頻繁に提出していたが、スカンジナビア諸国の研究者は平日と日中に提出する可能性が最も高かった。
クリスマスBMJ2019:BMJの論文は労働時間外に投稿されている?_e0156318_814592.png
(週末・休日の提出:文献より引用)

クリスマスBMJ2019:BMJの論文は労働時間外に投稿されている?_e0156318_8164261.png
(時間別の提出:文献より引用)

結論:
 長期間経過してもみられる国の間での違いは、「過労の文化」が単なる比喩ではなく、文字通りのものであることを示している。


by otowelt | 2019-12-20 08:09 | その他

クリスマスBMJ2019:芸術に触れると長寿になる

クリスマスBMJ2019:芸術に触れると長寿になる_e0156318_1016912.png おそらく、活動性が高い集団なので、長く生きるのかな~と思います。

Daisy Fancourt, et al.
The art of life and death: 14 year follow-up analyses of associations between arts engagement and mortality in the English Longitudinal Study of Ageing
BMJ 2019; 367 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.l6377


目的:
 14年間のフォローアップ期間における、芸術に触れる頻度と死亡率との関連を調査すること。

デザイン:
 前向きコホート研究。

参加者:
 50歳以上の成人住民6710人(52.6%が女性、平均年齢65.9±9.4歳)のイギリス縦断的研究。

介入:
 自己申告による”芸術に触れること”(美術館、美術館、展示会、劇場、コンサート、オペラに行くなど)。

アウトカム:
 国民健康サービスのデータリンクに基づく死亡率。

結果:
 まれではあるものの(1年に1回か2回)に芸術活動した人は、追跡中の任意の時点で死亡するリスクが芸術活動をしていない人よりも14%低くなった(3042人中809人死亡 vs 1762人中837人死亡、ハザード比0.86、95%信頼区間0.77〜0.96)。頻繁(数ヶ月ごと)に芸術活動をしている人は、人口統計学、社会経済学、健康関連、行動学的、社会的要因とは独立して、死亡リスクが31%低かった(1906人中355人死亡、ハザード比0.69、95%信頼区間0.59-0.80)。結果は、性別、社会経済的地位、社会的要因によって影響されることなく、感度分析の範囲では不変だった。当該研究は観察研究であり、因果関係は推測できない。
クリスマスBMJ2019:芸術に触れると長寿になる_e0156318_164517.png
(芸術活動ごとの死亡:文献より引用)
結論:
 芸術に触れることは、高齢者の長寿に対して保護的に寄与するかもしれない。芸術活動する人とそうでない人の、認識、精神的健康、身体活動性などの差によって部分的に説明されるかもしれないが、補正してもおおむね有意な結果であった。


by otowelt | 2019-12-19 16:08 | その他

クリスマスBMJ2019:イギリスの新年の叙勲にはバイアスが存在する

クリスマスBMJ2019:イギリスの新年の叙勲にはバイアスが存在する_e0156318_1016912.png 知っている人も多いと思いますが、「新年の叙勲」はイギリスの文化です。

John A Emelifeonwu, et al.
Bend it like Beckham or fix them like Florence—proportional representation of healthcare in New Year honours: an observational study
BMJ 2019; 367 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.l6721


目的:
 新年の叙勲(NYH)を受け取った医療従事者の比例代表を、他の業界の労働者と比較し、NYHシステムに性別・地理的バイアスがあるかどうかを判断すること。

デザイン:
 イギリス労働者の比例代表におけるNYHの観察研究。性別と地理的因子についてのサブグループ解析。

参加者::
 2009年~2018年までNYHを受賞した人。

アウトカム:
 イギリスの産業、性別、地域に基づいたNYHを受賞する絶対リスク。 他業界と比較して、医療職種におけるNYH受賞の相対リスク。

結果:
 2009年~2018年に10989人のNYH受賞者が同定され、そのうち47%が女性だった。832人(7.6%)が医療関連の職種であった。スポーツ・芸術/メディアで働く人々は、医療の業種よりもNYHを受賞する可能性が高かった(それぞれ、相対リスク22.01、95%信頼区間19.91~24.34、相対リスク5.84、95%信頼区間5.31~6.44)。医療サービスの業種と、科学/テクノロジーの分野では有意差はなかった(P=0.22)。34% (3741人)の受賞者が、ロンドンおよびイングランド南東部に居住しており、高位の叙勲1447のうち496(34%)は女性に授与された。
クリスマスBMJ2019:イギリスの新年の叙勲にはバイアスが存在する_e0156318_15331418.png
(業種別NYH:文献より引用)

結論:
 労働者の規模に鑑みて、医療の業種におけるキャリアは、その他の業界のキャリアほど「名誉」とは言えない。NYHには、地理的および性別のバイアスが存在する可能性もある。


by otowelt | 2019-12-19 15:32 | その他

クリスマスBMJ2019:春~夏に生まれた女性は心血管疾患死亡率が高い

クリスマスBMJ2019:春~夏に生まれた女性は心血管疾患死亡率が高い_e0156318_1016912.png あ、そう。という感想しか抱きませんでした。

Yin Zhang, et al.
Birth month, birth season, and overall and cardiovascular disease mortality in US women: prospective cohort study
BMJ 2019; 367 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.l6058


目的:
 生年月日、出生季節、総死亡率・心血管疾患死亡率の関連性を評価し、これらにおける家族および社会経済的要因の役割を調べること。

デザイン: 
 前向きコホート研究。

セッティング:
 1976年に立ち上げられたNurses’ Health Study。アメリカでおこなわれている前向きコホート研究。

参加者:
 コホート登録時の生年月日情報を報告した女性看護師(n = 116911人、1976年-2014年、38年間追跡)。

曝露:
 誕生月と天文学的な誕生季節(季節区分の境界として二至二分に基づく)。

アウトカム:
 Cox比例ハザードを用いて、出生月(基準として11月を使用)、天文学的誕生季節(基準として秋を使用)、総死亡率・心血管疾患関連死亡率の間の関連について、多変量補正ハザード比、95%信頼区間で評価。

結果:
 参加者のうち、登録から4136364人年のあいだに43248人の死亡が報告された。うち、8360人が心血管系疾患に関連した死亡だった。補正多変量解析では、出生月・出生季節・総死亡のあいだに関連は観察されなかった。11月に生まれた女性と比べると、心血管系疾患に関連した死亡は、3月~7月に多かった(ハザード比:3月:1.09, 95%信頼区間0.98~1.21; 4月: 1.12, 95%信頼区間:1.00~1.24; 5月:1.08, 95%信頼区間0.98~1.20; 6月:1.07, 95%信頼区間0.96~1.19; 7月1.08, 95%信頼区間0.98~1.20)。4月に生まれた人は心血管系死亡率がもっとも高く、12月がもっとも低かった(12月:0.95, 95%信頼区間0.85~1.06)。最高と最低の間の相対差は17.89%だった。春(1.10、95%信頼区間1.04〜1.17)および夏(1.09、95%信頼区間1.03〜1.16)に生まれた女性は、秋に生まれた女性よりも心血管疾患による死亡率が高かった。家族および社会経済的要因の調整はこれらの結果を変えなかった。リスクの最も低い季節と最も高い季節の相対差は10.00%だった。

結論:
 春と夏に生まれた参加者(特に3月〜7月に生まれた参加者)は、心血管疾患死亡率がわずかではあるが有意に増加した。しかし、総死亡率については、季節的な出生月の影響は観察されなかった。家族性および社会経済的要因はこれらの関連性に影響を与えなかった。心血管疾患の死亡率における季節的な出生月の影響のメカニズムを明らかにするには、さらなる研究が必要である。


by otowelt | 2019-12-19 15:13 | その他