カテゴリ:呼吸器その他( 296 )

肺動脈性肺高血圧症と肥満の関連

e0156318_9102283.jpg 少なくとも、肥満パラドクスの現象はありませんでした。

Jason Weatherald, et al.
The association between body mass index and obesity with survival in pulmonary arterial hypertension
CHEST, DOI: https://doi.org/10.1016/j.chest.2018.05.006


背景:
 肥満パラドクス、すなわち肥満が死亡率を低下させる現象は、いろいろな心肺疾患で記述されてきた。それは肺動脈性肺高血圧症(PAH)とて例外ではない。われわれの目的は、肥満とBMIが、PAH患者の死亡率に関連しているかどうか調べることである。

方法:
 特発性、薬剤性、遺伝性のPAH患者をフランスPAHレジストリーから登録した。Cox回帰およびKaplan-Meier解析を用いて、BMI・死亡と総死亡率の関連を調べた。

結果:
 1255人の患者が登録され、30%が肥満だった。肥満は女性の方に多く(65.1% vs 53.4%、p<0.01)、薬剤性PAHに多く(28.9% vs 9.2%、p<0.01)、全身性の高血圧症、糖尿病、甲状腺機能低下症も肥満群に多くみられた。肥満患者はNYHA IIIの状態になりやすく(66.4% vs 57.1%)、IVの頻度は低かった(11.8% vs 16.9%、p<0.01)。6分間歩行距離は肥満患者のほうが少なかった(276±121m vs 324±146m, p<0.01)。肥満患者のほうが、右室圧や肺動脈楔入圧は高かったが、肺血管抵抗は低かった。多変量解析において、BMI(ハザード比0.99, 95%信頼区間0.97-1.01, p=0.41)も肥満(ハザード比1.0, 95%信頼区間0.99-1.01, p=0.46)も、死亡率とは関連がなかった。65歳未満の肥満PAH患者では、死亡に関して年齢と肥満の有意な交互作用がみられた(ハザード比3.01, 95%信頼区間1.56-5.79, p=0.001)。
e0156318_10513118.png
(文献より引用)

結論:
全体的に、PAHにおいて肥満は死亡率と関連していなかった。ただ、若年層では交互作用が観察された。すなわち、肺移植待機になるような若年層では体重マネジメントが重要であるということが言える。




by otowelt | 2018-06-12 00:27 | 呼吸器その他

新生児期の母乳栄養は、成人になっても咳嗽予防効果がある

e0156318_8544857.png うーん、風邪っぽくないけど1週間咳が続くって、判断難しくないですか?

Kimberly D Gerhart, et al.
Protective effect of breastfeeding on recurrent cough in adulthood
Thorax 2018;0:1–7. doi:10.1136/thoraxjnl-2017-210841

e0156318_849548.png

背景:
 人生早期の母乳栄養は呼吸器感染症を予防するとされているが、成人における再発性咳嗽や他の呼吸器系アウトカムとの関連性はよく分かっていない。

方法:
 非選択的出生コホートにおいて、新生児に母乳栄養をおこなった例を抽出し、その期間を1ヶ月未満、1ヶ月以上4ヶ月未満、4ヶ月以上(延長母乳)に分けて解析した。再発性咳嗽は、22歳時、26歳時、32歳時において「前年の1週間以上続く2エピソード以上の非感冒性咳嗽」と定義された。共変量には、性別、人種、喫煙歴、母の喫煙歴、教育、年齢、喘息が含まれた。潜在的な交絡因子で補正して評価された。

結果:
 786人のうち、19%が1ヶ月未満の母乳栄養、50%が1ヶ月~4ヶ月の母乳栄養、31%が4ヶ月以上の母乳栄養だった。再発性咳嗽は、22歳時で17%、26歳時で15%、32歳時で16%だった。母乳栄養が長くなると、成人における再発性咳嗽のリスクが減った(補正オッズ比0.71、95%信頼区間0.56-0.89、p=0.004)。追加で、wheezeの有無、肺容量などを加えて解析したが、この結果に変化はみられなかった。
e0156318_8474496.png


結論:
 喫煙歴やその他の呼吸器症状の有無にかかわらず、新生児期の長期の母乳栄養は再発性咳嗽のリスクを減らした。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

呼吸器内科実践NAVI “近中”の極意 [ 林 清二 ]
価格:4860円(税込、送料無料) (2018/5/22時点)



by otowelt | 2018-06-04 00:37 | 呼吸器その他

ATS2018閉幕:医学情報収集に対する私見

 ATS2018が閉幕しました。Facebookページでは、58のニュースをお届けしました。いかがだったでしょうか。

 若手医師の方々から、よく「倉原先生はどうやって情報を集めているのですか?」「倉原先生はどうやって医学論文を読んでいるのですか?」と聞かれます。簡単です。作業を簡略化しているだけです。私はもともと頭がよくない人間なので、インプットとアウトプットの間にできるだけ時間をかけないようにしています。

 私は、諸事情により休暇をとって海外に行くことはできません。そのかわり、学会参加者に負けない量の情報を収集しています。1つの情報源はTwitterです。そしてもう1つの情報源は参加医師です。数年前から、海外の信頼できる医師にインセンティブを支払って、国際学会の情報を収集しています。わずかなお金を支払って海外の学会に仮想参加できるなら、時間もお金もそのほうがリーズナブルです(臨場感はゼロですが・・・)。今後、学会情報を効率的に集めて医師向けに拡散するベンチャー企業が出てきてもおかしくないとすら思っています。

 また、医学論文を1つ1つ検索して読む時間がもったいないので、ある程度の水準のジャーナルに掲載された原著論文を週1回サーベイランスできるルーチン作業を実践しています。PubMedで検索式を代入するだけのアナログな手法ですが、これも作業を簡略化しているだけです。繰り返しますが、基本的に私は頭がよくないですから。要は、最小努力で最大情報量を集める意欲こそが情報収集のコツだということです。

 ATS2018では、多くの医師がTwitterを使用していました。実際、どういったセッションでどのくらいツイートがあったかというデータもあります(ATS2018ニュース33参照)。しかし、日本の学会ではSNS投稿はおろか、写真撮影はNGです。今年から、写真撮影に厳しいとされる天下のAACRですらもSNSでの情報拡散を一部容認しました。医師が情報収集ツールとしてSNSを使っている流れに便乗したわけです。SNSで拡散されるだけなら学会にメリットはありませんが、学会がマネースポットであるという企業向けの宣伝効果にもなりますし、学会の認知度も向上します。
e0156318_9382225.png

 残念ながら、日本では旧態依然とした考えがまだ根強く、SNSの普及に異論を唱える人もいます。これからの時代、SNSは医師にとって必携の情報収集ツールだと確信しています。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2018) [ 林清二 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)



by otowelt | 2018-05-24 12:33 | 呼吸器その他

ATS2018ニュース配信中

e0156318_10142767.png

Facebookページ(URL:Facebook「呼吸器内科医」https://www.facebook.com/pulmonarist)でATS2018のニュースを流しているため、ブログは少しお休みしています。

日本から情報収集しているため情報に偏りがあるかもしれませんが、呼吸器内科医の皆さんは是非チェックしてみてください。TwitterなどのSNS、委託している外国人医師の現地情報収集・ヒアリングに基づく速報です。このほうがトータルコストが少なく、豊富な情報が得られるためです。

<5月23日更新分 ATS2018ニュース47~>
■注目されていた演題

・ICUにおける家族ケア介入:PARTNER研究(NEJM同時掲載)
・電子たばこはCOPDのリスク:PATH研究
・IPFに対する抗線維化薬は診断後すみやかに開始すべき:IPF診療医169人のアンケート
・アメリカにおけるARDS10年のあゆみ
・ATSウォーキングチャレンジ第1位は42万歩(笑)

e0156318_9253258.png


<5月22日更新分 ATS2018ニュース35~46>
■注目されていた演題
・ニンテダニブのINPULSIS試験+TOMORROW試験のプール解析
・メポリズマブのオマリズマブからのスイッチング:OSMO試験
・難治性肺MAC症に対するALISの上乗せ効果:CONVERT研究
・heterogeneous emphysemaに対するZypher:LIBERATE研究(AJRCCM同時掲載)
・ATS/ERS/JRS/ALATのIPF臨床プラクティスガイドライン2018策定(2011年からの改訂)


e0156318_8124156.png



<5月22日更新分 ATS2018ニュース23~34> 
■注目されていた演題
・ステロイド依存性喘息に対するデュピルマブの第3相試験:LIBERTY ASTHMA VENTURE研究(NEJM同時掲載)
・コントロール不良喘息に対するデュピルマブの第3相試験LIBERTY ASTHMA QUEST研究(NEJM同時掲載)
・TRILOGY試験+TRINITY試験+TRIBUTE試験のプール解析


e0156318_758991.png



<5月21日更新分 ATS2018ニュース1~22>
■注目されていた演題

・ARDSに対するEOLIA研究
・IPFに対するPBI-4050+ニンテダニブ
・IPFにおける遺伝子組み換え型ヒト・ペントラキシン-2タンパク質製剤(JAMA同時掲載)
・IPFに対するオートタキシン阻害剤GLPG1690:FLORA研究(Lancet Respiratory Medicine同時掲載)
・IMPACT研究(すでにNEJM掲載)
・COPDのトリプル吸入療法からのde-escalation:SUNSET研究(AJRCCM同時掲載)
・低中所得国におけるqSOFAの有効性(JAMA同時掲載)
・重症喘息に対するTralokinumab:STRATOS 1、2研究(Lancet Respiratory Medicine同時掲載)
・メポリズマブの長期追跡:COLUMBA研究


e0156318_12111339.png
e0156318_12775.png






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケット呼吸器診療(2018) [ 林清二 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)



by otowelt | 2018-05-21 00:10 | 呼吸器その他

50%ブドウ糖液の術中注入は自然気胸再発予防に有効

e0156318_14441648.jpg タルクのように副作用が目立たないのであれば、ルーチンでおこなってもよい処置なのかもしれません。

Tsuboshima K, et al.
Pleural Coating by 50% Glucose Solution Reduces Postoperative Recurrence of Spontaneous Pneumothorax.
Ann Thorac Surg. 2018 Mar 22. pii: S0003-4975(18)30369-2. doi: 10.1016/j.athoracsur.2018.02.040. [Epub ahead of print]


背景:
 胸腔鏡下手術(VATS)は、自然気胸の標準的処置であるが、吸収性被覆材を臓側胸膜に適用しても術後再発はよくみられるものである。近年、高濃度のブドウ糖液の胸腔への注入が、術後エアリークや術後自然気胸再発の予防に有効であることが示されている。そのため、術中に50mLの50%ブドウ糖を被覆材の上に胸腔内投与することで、術後自然気胸再発の予防をこころみた。これは後ろ向き研究であり、患者背景はheterogeneousである。そのため、傾向スコアマッチによって患者背景を補正して評価した。

方法:
 2010年1月から2017年12月までにVATSを受けた376人が評価された。50%ブドウ糖を注入したのは106人で、それ以外の270人は注入されていない。術後の自然気胸再発を予測する因子を解析した。

結果:
 単変量解析では、25歳以上、喫煙歴の存在、対側肺の手術歴がないこと、50%ブドウ糖液を注入することが術後の再発を予防する因子として同定された。傾向スコアマッチによるCox回帰分析およびIPTW法では、50%ブドウ糖液の注入は術後再発を予防する因子であった。

結論:
 術中の50%ブドウ糖液の胸腔内注入は、自然気胸の術後再発を減少させる。



by otowelt | 2018-05-08 00:45 | 呼吸器その他

エリスロマイシンによる胸膜癒着術

e0156318_9591036.jpg タルクやピシバニールのように肺の炎症を惹起する可能性のある癒着剤を避けて、近年では自己血、50%ブドウ糖が使われることが増えています。エリスロマイシンはどうでしょうか、ミノサイクリンと同様の印象ですが・・・。

Zhai CC, et al.
Erythromycin poudrage versus erythromycin slurry in the treatment of refractory spontaneous pneumothorax.
J Thorac Dis. 2018 Feb;10(2):757-765.


背景:
 高い再発率の難治性(再発性あるいは遷延性)自然気胸は、持続的胸腔ドレナージあるいは何かしらの介入を要する。胸膜癒着術は高い効果と安全性がある再発性自然気胸の治療であるが、胸腔内エリスロマインの効果、安全性、投与法はまだよくわかっていない。

方法:
 再発性自然気胸に対して、胸腔鏡による胸膜癒着剤の散布と胸腔ドレナージを通じた胸膜癒着剤懸濁液の注入を比較した。57人の再発性自然気胸患者が登録され、そのうち30人が胸腔鏡散布、27人が懸濁液注入を受けた。胸膜癒着の反応性、合併症、再発率が比較された。

結果:
 胸腔鏡散布群の24人(80%)および懸濁液注入群の16人(59.26%)が5日以内に胸膜癒着の成功を得た(p=0.087)。エリスロマイシンを胸腔鏡で散布した方が、胸腔ドレナージ期間が短かった(6.23±3.04日 vs 10.67±9.81日)(p=0.032)。試験期間中、気胸の再発に統計学的有意差はなかった。よくみられた有害事象として、発熱と胸痛があったが、両群ともに差はなかった。

結論:
 エリスロマイシンは再発性気胸のマネジメントに有効かつ安全な胸膜癒着剤である。どちらも安全だが、エリスロマイシンを胸腔鏡で散布したほうが、懸濁液を注入するより有効である。


by otowelt | 2018-05-07 00:31 | 呼吸器その他

書籍の紹介:呼吸器疾患の薬物療法を極める

 帝京大学医学部内科学講座 呼吸器・アレルギー学 長瀬洋之教授が編集された「呼吸器疾患の薬物療法を極める」が出版されました。私も1項目書かせていただきました。
e0156318_23221171.jpg

発売日:2018年4月14日
単行本 : 312ページ
価格 : 6,500円 (税抜)
出版社 : 文光堂

e0156318_13141310.jpgAmazonから購入する 

 かなりレベルの高いクリニカルクエスチョンがまとめられており、呼吸器内科専門医にとって満足できる一冊に仕上がっているのではないでしょうか。いずれも素晴らしい項目ですが、特に三浦由紀子先生・齋藤武文先生の「抗線維化薬の臨床試験適応外症例への有効性」がニッチかつハイクオリティな内容で、目からウロコが落ちました。


by otowelt | 2018-04-17 00:06 | 呼吸器その他

PRIMEセミナーのお知らせ

 当院では、今年もPRIMEセミナーを開催します。PRIMEセミナーは、若手医師のための呼吸器セミナーです。
 呼吸器臨床の最前線で診療する講師らと楽しく勉強しませんか?他では聞けない実臨床ですぐに使える講義内容となっています。

日時:2018年5月12日(土)15:00-18:10
場所:近畿中央胸部疾患センター 研修棟
参加費:500円


<プログラム>
1.こんなときどうする?非結核性抗酸菌症
2.喀血のマネージメント~呼吸管理から気管支動脈塞栓術(BAE)まで~
3.非小細胞肺癌における免疫チェックポイント阻害剤の可能性について ~これからの治療戦略予想(私見Version)~
4.特発性間質性肺炎の急性憎悪 ~今昔物語~

【募集人数】40名 【対象】卒後2~6年目
【申し込み方法】お申し込みは下記メールアドレスにご連絡ください。
 prime-entry@kch.hosp.go.jp (PRIMEセミナー係 倉原優 宛)


by otowelt | 2018-03-29 00:10 | 呼吸器その他

出版のお知らせ:ポケット呼吸器診療2018

 しつこくも2回目の宣伝ですが、毎年アップデート出版している「ポケット呼吸器診療2018」が2018年3月30日に発売されます。前回の2017年版から少しだけボリュームが増えました。2017版と同様に変更があった部分は青いアミをかけて、一目で分かるように工夫をこらしています。価格は、ギリギリ税込1,000円台を維持しました。

e0156318_8484882.jpg

発売日:2018年3月30日
単行本 : 221ページ
価格 : 1,944円 (税込)
出版社 : シーニュ
著者 : 倉原 優 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター内科)
監修 : 林 清二 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター院長)

e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する 
e0156318_13141310.jpg出版社から購入する 

<2017年版→2018年版の主な変更点>
・喀血の項目を追加
・インフルエンザ治療薬にバロキサビルマルボキシル(ゾフルーザ®)追加
・成人肺炎診療ガイドライン2017のアップデートを反映
・SPA治療に空洞切開菌球除去術を追加
・ABPA治療にイトラコナゾール単独治療を追加
・肺クリプトコッカス症に一部追記
・ベナンバックス®の腎機能別用量を記載
・肺ノカルジア症の項目を追加
・結核治療薬にベダキリン(サチュロ®)を追加
・キードラッグが使用できないケースの結核治療について表作成
・リファマイシン系との相互作用でグレカプレビル/ピブレンタスビル(マヴィレット®)を追加
・喘息治療薬にアニュイティ®追加(ステップごとの該当用量についてはGSKに問い合わせ済)
・喘息治療薬にベンラリズマブ(ファセンラ®)追加
・気管支サーモプラスティの手技や費用などの情報を追加
・GOLD2018のアップデートを反映
・ERS/ATSのCOPD増悪ガイドラインのアップデートを反映
・ACOS(asthma-COPD overlap syndrome)からACO(asthma and COPD overlap)へ変更
・『喘息とCOPD のオーバーラップ 診断と治療の手引き2018』の情報を反映
・気管支拡張症に対する吸入アミノグリコシドおよび間欠的抗菌薬投与について追加
・クライオバイオプシーが使えるようになったことを追加
・Fleischner SocietyのUIP診断カテゴリーをアップデート:typical UIP、probable UIP、indeterminate for UIP、most consistent with non-IPF diagnosisの4群へ
・メトトレキサート(MTX)関連リンパ増殖性疾患について追加
・リンパ脈管筋腫症(LAM)の項目を追加
・肺癌の項目を大幅に変更(肺癌診療ガイドライン2017 年版刊行による)
・抗癌剤の禁忌・慎重投与にタフィンラー®、メキニスト®の情報を追加
・悪性胸膜中皮腫に対するオフェブ®、オプジーボ®について追加
・悪性胸膜中皮腫のTNM 分類をAJCC2017へ
・胸腺腫・胸腺癌の項目を追加
・好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)のFive-Factor Scoreを追加
・年齢と腎機能によるエンドキサン®間欠的静注の用量調節を追加
・サルコイドーシスの寛解率・合併臓器の情報をアップデート
・Morisset らのデルファイ法による慢性過敏性肺炎(CHP)診断アルゴリズムを追加
・じん肺健康管理手帳交付の申請書類について追加
・じん肺管理区分フローチャートを追加
・じん肺の小陰影の読影、大陰影の読影、付加記号について追加
・珪肺症の分類を変更
・気胸の項目を追加
・閉塞性睡眠時無呼吸のauto CPAPについて追加
・肺高血圧症の診断と治療を大幅に追加
・肺血栓塞栓症の項目を追加


 このマニュアルは「できるだけコンパクトかつ有用な安い書籍」を目標にしていますが、限りなく最新の文献に基づいた疾患情報を提供できるよう心がけています。実臨床で使用することを最優先に、不要な贅肉を極限までこそぎ落としているつもりです。

 呼吸器を診療する医師のポケットに長く入れていただけるよう、これからも努力致しますので、よろしくお願い申し上げます。「こういった内容の方がよい」「こういった項目を入れて欲しい」などの叱咤激励もお待ちしております。

 最後に、シーニュの藤本浩喜様、監修を引き受けていただいた当院院長の林清二先生に心より感謝申し上げます。


by otowelt | 2018-03-25 00:03 | 呼吸器その他

出版のお知らせ:ポケット呼吸器診療2018

 少し先の話ですが、毎年アップデート出版している「ポケット呼吸器診療2018」が2018年3月30日に発売されます。前回の2017年版から少しだけボリュームが増えました。2017版と同様に変更があった部分は青いアミをかけて、一目で分かるように工夫をこらしています。価格は、ギリギリ税込1,000円台を維持しました。

e0156318_8484882.jpg

発売日:2018年3月30日
単行本 : 221ページ
価格 : 1,944円 (税込)
出版社 : シーニュ
著者 : 倉原 優 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター内科)
監修 : 林 清二 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター院長)

e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する 
e0156318_13141310.jpg出版社から購入する 

<2017年版→2018年版の主な変更点>
・喀血の項目を追加
・インフルエンザ治療薬にバロキサビルマルボキシル(ゾフルーザ®)追加
・成人肺炎診療ガイドライン2017のアップデートを反映
・SPA治療に空洞切開菌球除去術を追加
・ABPA治療にイトラコナゾール単独治療を追加
・肺クリプトコッカス症に一部追記
・ベナンバックス®の腎機能別用量を記載
・肺ノカルジア症の項目を追加
・結核治療薬にベダキリン(サチュロ®)を追加
・キードラッグが使用できないケースの結核治療について表作成
・リファマイシン系との相互作用でグレカプレビル/ピブレンタスビル(マヴィレット®)を追加
・喘息治療薬にアニュイティ®追加(ステップごとの該当用量についてはGSKに問い合わせ済)
・喘息治療薬にベンラリズマブ(ファセンラ®)追加
・気管支サーモプラスティの手技や費用などの情報を追加
・GOLD2018のアップデートを反映
・ERS/ATSのCOPD増悪ガイドラインのアップデートを反映
・ACOS(asthma-COPD overlap syndrome)からACO(asthma and COPD overlap)へ変更
・『喘息とCOPD のオーバーラップ 診断と治療の手引き2018』の情報を反映
・気管支拡張症に対する吸入アミノグリコシドおよび間欠的抗菌薬投与について追加
・クライオバイオプシーが使えるようになったことを追加
・Fleischner SocietyのUIP診断カテゴリーをアップデート:typical UIP、probable UIP、indeterminate for UIP、most consistent with non-IPF diagnosisの4群へ
・メトトレキサート(MTX)関連リンパ増殖性疾患について追加
・リンパ脈管筋腫症(LAM)の項目を追加
・肺癌の項目を大幅に変更(肺癌診療ガイドライン2017 年版刊行による)
・抗癌剤の禁忌・慎重投与にタフィンラー®、メキニスト®の情報を追加
・悪性胸膜中皮腫に対するオフェブ®、オプジーボ®について追加
・悪性胸膜中皮腫のTNM 分類をAJCC2017へ
・胸腺腫・胸腺癌の項目を追加
・好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)のFive-Factor Scoreを追加
・年齢と腎機能によるエンドキサン®間欠的静注の用量調節を追加
・サルコイドーシスの寛解率・合併臓器の情報をアップデート
・Morisset らのデルファイ法による慢性過敏性肺炎(CHP)診断アルゴリズムを追加
・じん肺健康管理手帳交付の申請書類について追加
・じん肺管理区分フローチャートを追加
・じん肺の小陰影の読影、大陰影の読影、付加記号について追加
・珪肺症の分類を変更
・気胸の項目を追加
・閉塞性睡眠時無呼吸のauto CPAPについて追加
・肺高血圧症の診断と治療を大幅に追加
・肺血栓塞栓症の項目を追加


 このマニュアルは「できるだけコンパクトかつ有用な安い書籍」を目標にしていますが、限りなく最新の文献に基づいた疾患情報を提供できるよう心がけています。実臨床で使用することを最優先に、不要な贅肉を極限までこそぎ落としているつもりです。

 呼吸器を診療する医師のポケットに長く入れていただけるよう、これからも努力致しますので、よろしくお願い申し上げます。「こういった内容の方がよい」「こういった項目を入れて欲しい」などの叱咤激励もお待ちしております。

 最後に、シーニュの藤本浩喜様、監修を引き受けていただいた当院院長の林清二先生に心より感謝申し上げます。


by otowelt | 2018-03-09 00:46 | 呼吸器その他