<   2012年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

fidaxomicinはC.difficile感染症の治療においてバンコマイシンに非劣性

フィダキソマイシンについては過去にもいくつか紹介した。
fidaxomicinによるC. difficile感染症治療は有効かつ再発率が低い
Fidaxomicin (FDX)はC.difficile関連腸炎においてバンコマイシンより有用

Lancet infectious diseasesから。

Oliver A Cornely, et al.
Fidaxomicin versus vancomycin for infection with Clostridium difficile in Europe, Canada, and the USA: a double-blind, non-inferiority, randomised controlled trial
The Lancet Infectious Diseases, Early Online Publication, 8 February 2012


背景:
 Clostridium difficileの感染は抗菌薬関連下痢症における
 最も多い原因である。われわれは、フィダキソマイシン(fidaxomicin)と
 バンコマイシンのC.difficile感染の治療に対する効果と安全性を
 ヨーロッパ、カナダ、アメリカにおいて比較した。

方法:
 この多施設共同二重盲検ランダム化非劣性試験において
 われわれはヨーロッパ45の地域、アメリカとカナダから41の地域を
 2007年4月19日から2009年12月11日の間患者を登録した。
 登録患者は16歳以上で急性発症のC.difficile感染があり
 トキシンが陽性であることとした。患者はランダムに経口フィダキソマイシン
 (200 mg every 12 h)とバンコマイシン(125 mg every 6 h)に10日間
 割りつけられた。プライマリエンドポイントは臨床的治癒、すなわち下痢の軽快と
 継続治療の不要性と定義された。改訂ITT解析とper-protocol解析を実施。
 このスタディはClinicalTrials.gov, number NCT00468728に登録。

結果:
 535人の患者が登録され、270人がフィダキソマイシン群、
 265人がバンコマイシン群に割りつけられた。26人の患者が除外され
 509人が改訂ITT解析対象となった。フィダキソマイシン投与のper-protocol
 において216人中198人(91.7%)が軽快したのに対して、バンコマイシン群で
 235人中213人(90.6%)が軽快。非劣性マージンの基準を満たした
 (one-sided 97.5% CI −4·3%)。非劣性は改訂ITTでの臨床的治癒でも
 確認され、フィダキソマイシン252人中221人(87.7%)、
 バンコマイシン257人中223人(86.8%) で軽快。プライマリエンドポイント解析
 におけるほとんどのサブグループ解析では、両群間に差がみられなかった。
 しかしながら、他の感染症に対して同時に抗菌薬を併用していた場合では、
 フィダキソマイシンの方が高い治癒率であった(フィダキソマイシン群
 51人中46人[90·2%] vs バンコマイシン45人中33人[73·3%]; p=0·031)。
 副作用についても特に両群ともに差はみられず。

結論:
 フィダキソマイシンはC.difficile感染治療において
 バンコマイシンと同等の効果と安全性があるため、代替薬となりうる。

by otowelt | 2012-02-15 05:49 | 感染症全般

血圧の左右差は循環器疾患と死亡リスクを上昇させる

Christopher E Clark , et al.
Association of a difference in systolic blood pressure between arms with vascular disease and mortality: a systematic review and meta-analysis
The Lancet, Early Online Publication, 30 January 2012


背景:
 収縮期血圧(SBP)の左右差による末梢血管疾患ハイリスク患者を
 明らかにするため、血圧左右差と末梢血管疾患、心血管疾患、脳血管疾患、
 死亡の関連性についてシステマティックレビューとメタアナリシスを実施。

方法:
 Medline、Embase、CINAHL、Cochrane、Medline In Process
 データベースに2011年7月までに登録された研究において、
 血圧左右差、鎖骨下動脈狭窄、末梢血管疾患、脳血管疾患、心血管疾患、
 死亡に関する臨床的データを掲載していたものを選択し、
 ランダム効果を用いてメタアナリシスをおこなった。

結果:
 28の研究がこのレビューに組み込まれた。
 定量的なデータを報告していた20の研究をメタアナリシスの対象とした。
 血管造影を用いた研究5つにおいて、鎖骨下動脈の狭窄がある患者で
 狭窄腕の収縮期血圧は、対側腕に比べ平均で
 36.9mmHg(95%CI35.4-38.4mmHg)低かった。
 血圧左右差10mmHg以上と鎖骨下動脈狭窄の関係は強くみられた。
 2つの研究データをプール解析すると、10mmHg以上差がみられた場合
 50%を上回る鎖骨下動脈狭窄がある可能性は、左右差10mmHg未満群の
 8.8倍であった(RR8.8、3.6-21.2)。血圧左右差10mmHg以上で
 鎖骨下動脈狭窄同定の感度65%(35-86%)、特異度85%(82-88%)。
 非侵襲的データのプール解析では、血圧左右差10mmHg以上では
 末梢血管疾患と有意に関連していた(RR2.44[1.53-3.87]、
 感度32%[23-41%]、特異度は91%[86-94%])。
 脳血管疾患の既往と血圧左右差の関係も統計学的に有意にみられた。
 左右で15mmHg以上の差がある場合、脳血管疾患歴の
 RR1.63(1.10-2.41)、感度8%(2-26%)、特異度93%(86-97%)。
 プロスペクティブ研究においては、左右差15mmHg以上で全死亡の
 RR1.55(1.07-2.25)であった(10mmHgでは有意差みられず)。

結論:
 末梢血管疾患の存在診断において、収縮期血圧左右差10mmHg以上
 または15mmHg以上は、特異度が高い。この差は
 脳血管疾患の存在、心血管死亡リスク、全死亡リスクに関連。

by otowelt | 2012-02-15 05:20 | 内科一般

総末梢循環腫瘍細胞(CTC)数と化学療法後のその変化は、予後予測因子

Jian-Mei Hou, et al.
Clinical Significance and Molecular Characteristics of Circulating Tumor Cells and Circulating Tumor Microemboli in Patients With Small-Cell Lung Cancer
JCO February 10, 2012 vol. 30 no. 5 525-532


目的:
 末梢循環腫瘍細胞:circulating tumor cells (CTCs)は
 サロゲートバイオマーカーとして有用で、”ヴァーチャル生検”
 のような役割を果たすかもしれない。
 われわれは、標準治療を受けている小細胞肺癌:SCLCの患者
 において同定されたCTCs、CTCクラスター、循環腫瘍微小塞栓:CTM
 の臨床的な有用性について報告する。

患者および方法:
 化学療法を受けている97の患者において血液検査を施行し、
 EpCam-based immunomagnetic detectionおよび
 filtration-based techniqueで解析をおこなった。
 増殖ステータス(Ki67)とアポトーシス形態を調査した。
 CTC・CTM数と臨床因子・予後との関連性を同定した。

結果:
 CTCsは85%の患者で確認され(77 of 97 patients)、
 豊富であった(平均±SD = 1,589 ± 5,565)。CTMと
 アポトーシスCTCsは総CTC数と関連しており、
 それぞれ患者の32%、57%に確認された。
 治療前CTCs、1サイクル化学療法後CTC数、CTM、アポトーシスCTCs
 は独立予後予測因子であった。OSはCTCsが50/7.5ml以上の場合に
 5.4ヶ月であり、それ未満の場合では11.5ヶ月であった(P < .0001)
 (HR = 2.45; 95% CI, 1.39 to 4.30; P = .002)。
総末梢循環腫瘍細胞(CTC)数と化学療法後のその変化は、予後予測因子_e0156318_21132962.jpg
結論:
 ベースラインCTC数と1サイクル化学療法後のCTC数の変化は
 SCLCにおける独立予後予測因子である。CTCsとCTM細胞の
 分子学的な比較はSCLCのバイオロジーにおいて革新的な知見を
 もたらすかもしれない。

by otowelt | 2012-02-13 21:18 | 肺癌・その他腫瘍

ECIL-3メタアナリシス:β-Dグルカン連続2回陽性の有用性

面白そうだが、かなり気合いを入れて読まないと難しい。
後日余裕があったらしっかり読んでみよう。

Frederic Lamoth, et al
β-Glucan Antigenemia Assay for the Diagnosis of Invasive Fungal Infections in Patients With Hematological Malignancies: A Systematic Review and Meta-Analysis of Cohort Studies From the Third European Conference on Infections in Leukemia (ECIL-3)
Clinical Infectious Diseases 2012;54(5):633–43


背景:
 侵襲性真菌感染症(IFIs)は、血液悪性腫瘍患者における致死的合併症の
 1つであり、早期診断が望まれる。
 1,3-b-D-glucan (BG)は、多くの真菌の細胞壁を構成しており、
 IFIにおいて同定される。4つのBGアンチゲネミアアッセイが現在使われている
 (Fungitell, Fungitec-G, Wako, and Maruha)。このメタアナリシスでは
 Third European Conference on Infections in Leukemia (ECIL-3)
 により血液悪性腫瘍患者でのIFI診断のためのBGアッセイを解析する。
 ※Fungitell cutoff, 60–80 pg/mL; Fungitec-G cutoff, 20 pg/mL; Wako and Maruha cutoff, 11 pg/mL

方法:
 血液悪性腫瘍におけるIFIにおいて
 BGアンチゲネミアアッセイのパフォーマンスについて報告したスタディを組み込んだ。
 ※European Organization for Research and Treatment of Cancer and Mycoses Study Group criteria
 解析は、症例対照研究を除いたコホート試験でおこない、
 メタアナリシスは、通常のメタアナリシスプールと二変量解析によって施行。

結果:
 6のコホート試験が登録された。
 (1771の成人、414人のIFI(proven or probable))
 IFIにおけるBGアッセイの診断的パフォーマンスは連続2陽性の場合に
 いっそう高かった (診断的オッズ比:2連続陽性vs1回陽性
 111.8 [95%CI 38.6–324.1] vs 16.3 [95% CI, 6.5–40.8];
 heterogeneity index:2連続陽性vs1回陽性0% vs 72.6%)。
 2連続のBG測定は、感度・特異度は49.6%(95% CI, 34.0%–65.3%)、
 98.9% (95% CI, 97.4%–99.5%)であった。
 PPVないしNPVはIFI頻度10%において83.5%、94.6%であった。

結論:
 血液腫瘍におけるIFI診断精度はBGアッセイごとに同等であった。
 2回の連続したBGアンチゲネミアアッセイは高い特異度、PPV、NPVであった。

by otowelt | 2012-02-13 18:59 | 感染症全般

肺腺癌における融合遺伝子の発見:KIF5B-RET

今朝、同僚の先生に教えていただいた。
肺腺癌における新たな遺伝子が発見され、Nature Medicineに発表された。
肺癌では優位性が示せなかったVandetanibの臨床試験があるが、捲土重来か。

・共同通信 「肺がん原因遺伝子を発見 治療薬の候補も」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120213/bdy12021306560000-n1.htm
肺腺がんの原因となる異常な遺伝子を発見したと、国内外の3チームが12日付の米科学誌ネイチャーメディシン電子版に同時発表した。甲状腺がんなどの治療薬の中に、この遺伝子によるがんを抑制する効果が期待できるものがあることも分かったという。
 発見されたのは、二つの遺伝子が何らかの原因でくっついた「KIF5B-RET融合遺伝子」。別々に研究していた(1)がん研究会や自治医大など(2)国立がん研究センターなど(3)米国の研究所や名古屋市立大など-の3チームが発表した。
 肺腺がんは、肺がんの約7割を占めるとされる。各チームが患者の組織を調べたところ、1~2%の患者にこの融合遺伝子が見つかった。マウスの細胞などを使った実験で、この融合遺伝子にがんをつくる性質があることや、甲状腺のがんの治療薬などで、この融合遺伝子によりがん化した細胞を殺せることも確かめた。
 また、がん研究会のチームは、ROS1という遺伝子が別の遺伝子とくっついてできた融合遺伝子が肺腺がんの約1%に見られ、がんの原因になっていることも明らかにした。
 現在分かっているだけで、肺腺がん患者の半数には治療に直結する何らかの異常な遺伝子があるとされ、これらを対象にしたゲフィチニブ(商品名イレッサ)やクリゾチニブなどの治療薬が登場している。今回の研究も、患者のがんの特徴に合った効果的な治療薬を選べるオーダーメード医療の拡大に貢献しそうだ。(共同)

・ネイチャーの発表
Takashi Kohno, et al.
KIF5B-RET fusions in lung adenocarcinoma
http://www.nature.com/nm/journal/vaop/ncurrent/abs/nm.2644.html
Kengo Takeuchi, et al
RET, ROS1 and ALK fusions in lung cancer
http://www.nature.com/nm/journal/vaop/ncurrent/abs/nm.2658.html

・公益財団法人がん研究会プレス
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20120213/index.html

・日経バイオテク
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120210/159511/
国立がん研究センター研究所の河野隆志・ゲノム生物学研究分野長らの研究チームと、がん研究会の竹内賢吾プロジェクトリーダーらの研究チーム、米Foundation Medicine社のDoron Lipson博士らの研究チームはそれぞれ、肺がんの新しい原因遺伝子としてKIF5B-RET融合遺伝子を発見し、2012年2月13日にNature Medicine誌にそれぞれ個別に論文発表した。

by otowelt | 2012-02-13 12:27 | 肺癌・その他腫瘍

Parkinson病の平衡障害に対して太極拳は有効

NEJMから、太極拳のスタディ。これはびっくりした。
Wikipediaによれば、太極拳とは
「東洋哲学の重要概念である太極思想を取り入れた拳法で、
 形意拳、八卦掌と並んで内家拳の代表的な武術として知られる」
とのことである。

Fuzhong Li, et al.
Tai Chi and Postural Stability in Patients with Parkinson's Disease
N Engl J Med 2012; 366:511-519


背景:
 Parkinson病の患者は、強い平衡障害がみられるため
 機能的能力の低下、ひいては転倒リスクの増加がみられる。
 われわれ医療従事者は、通常では運動療法を推奨するが
 これについて効果が実証されたプログラムはほとんどない。

方法:
 ランダム化試験で、個別化された太極拳プログラムにより
 特発性Parkinson病患者の姿勢制御が改善するか検討。
 Yahrの重症度分類1~4 のParkinson病195人を次の3群の
 いずれかにランダムに割り付けた。
 ・太極拳群
 ・抵抗トレーニング群
 ・ストレッチ群
 患者は、60分運動セッションに週2回合計24週間参加。
 プライマリアウトカムは、ベースラインからの変化量
 (maximum excursion and directional control; range, 0 to 100%)
 セカンダリアウトカムは、歩行と筋力測定値、
 機能的リーチテストと timed up-and-go tests、
 Unified Parkinson's Disease Rating Scaleの運動スコア、
 転倒回数など。

結果:
 太極拳群では、抵抗トレーニング群、ストレッチ群と比べて
 maximum excursion:最大変位(ベースラインからの変化量の
 群間差はそれぞれ5.55%ポイント、95%CI 1.12~9.97;
 11.98%ポイント、95% CI 7.21~16.74)、および方向制御
 (それぞれ10.45%ポイント、95%CI 3.89~17.00;
 11.38%ポイント,95% CI 5.50~17.27)の効果が優れていた。
 太極拳群では、すべてのセカンダリアウトカムが
 ストレッチ群よりも優れており、ストライド長と
 機能的リーチの成績は抵抗トレーニング群よりも優れていた。
 太極拳群の転倒発生率は、ストレッチ群と比較すると低かったが、
 抵抗トレーニング群との間では有意に低くはなかった。

結論:
 太極拳により、軽度~中等度のParkinson病患者の
 平衡障害が軽減し、また運動耐容能の改善と転倒の減少が
 観察された。

by otowelt | 2012-02-12 20:13 | 内科一般

SSRIは肺高血圧のリスクを減少させない

この間BMJから新生児肺高血圧症と妊婦のSSRIの報告があったが、
Helle Kieler, et al.
Selective serotonin reuptake inhibitors during pregnancy and risk of persistent pulmonary hypertension in the newborn: population based cohort study from the five Nordic countries
BMJ 2012; 344 doi: 10.1136/bmj.d8012


CHESTから成人のSSRIと肺高血圧の関連について論文が出ている。
本来肺高血圧のリスク軽減のためにおこなった試験だが、
肺高血圧のリスクが上昇したという報告。
この試験デザインでは疫学的なリスク上昇は断言できないので
結論は緩やかな発言にとどめている。

Irfan A. Dhalla, et al.
Selective Serotonin Reuptake Inhibitors and Pulmonary Arterial Hypertension
A Case-Control Study
CHEST 2012; 141(2):348–353


背景:
 動物ないしヒトの臨床試験において、選択的セロトニン再取り込み阻害薬
 (SSRIs)が、肺高血圧症の予防あるいは治療に有用かもしれないとされている。

方法:
 SSRIが肺高血圧のリスクを減らすという仮説を検証するため
 症例対照研究を実施。肺高血圧で薬剤治療を要する症例を登録。
 それぞれの症例に対して10のマッチコントロールを設定。
 SSRI曝露と非SSRI抗不安薬曝露を解析。
 肺高血圧で治療を要する症例は、レセプトから判断した。
 
結果:
 460の肺高血圧症例に対して4539人のコントロールを設定。
 72.6%が女性であり、平均年齢は65.3歳であった。
 citalopramの使用が最も多かった。
 われわれの仮説に反して、SSRIの使用と肺高血圧には
 多変量解析においてリスク関連性がみられた
 (adjusted OR, 1.55; 95% CI, 1.13-2.13)。

結論:
 SSRIは肺高血圧のリスクは減少させない。

by otowelt | 2012-02-08 05:14 | 呼吸器その他

胃癌術後に抗菌薬を使用しなくてもSSIの頻度は上昇しない

個人的には全文が手に入らないが、
日本からの前向きランダム化試験である。

Intraoperative versus extended antimicrobial prophylaxis after gastric cancer surgery: a phase 3, open-label, randomised controlled, non-inferiority trial
The Lancet Infectious Diseases, Early Online Publication, 31 January 2012


背景:
 術後抗菌薬の予防投与の効果のエビデンスは不足しているが
 多くの患者がルーチンに術後治療を受けている。
 われわれは、手術部位感染症;surgical-site infections(SSI)の
 頻度を術中抗菌薬単独群と術中術後抗菌薬群で比較した。

方法:
 プロスペクティブオープンラベルランダム化第3相試験を
 日本の7施設でおこなった。胃癌がある患者で
 潜在的に治療可能な遠位胃摘の患者をランダムに1:1に
 術中抗菌薬単独(cefazolin 1 g 術直前+3時間ごとの追加投与)群と
 術中に加えて術後にも2日間同じ薬を1日2回投与する群に割りつけた。
 ランダム化は施設ないしASAスコアごとに
 Pocock and Simonの最小化法を使用し、
 乱数生成においてはMersenne twisterを用いた。
 プライマリエンドポイントは、SSI発生とした。
 われわれは、術中抗菌薬単独群の非劣性を解析した(margin 5%)。
 解析はITT解析とした。入院中、感染制御スタッフが患者の感染を評価し
 外科主治医に外来クリニックにおいて術後30日までSSIのチェックを義務付けた。

結果: 
 2005年6月2日~2007年12月6日において355人がランダムに割り付けられた。
 術中抗菌薬単独群(n=176)、術後予防投与併用群(n=179)。
 術中単独群の8人がSSIを発症(5%, 95% CI 2—9%)、術後予防投与併用群の
 16人がSSIを発症(9%, 5—14)。術中抗菌薬単独のSSIの相対リスクは
 0.51 (0.22—1.16)で、統計学的に有意な非劣性であった(p<0·.0001)。

結論:
 胃切除後の抗菌薬予防投与をおこなわなくても、SSIの頻度は上昇しない。
 そのため、胃癌術後において予防的な抗菌薬の使用は推奨されない。

by otowelt | 2012-02-06 07:27 | 感染症全般

アメリカにおける肥満の頻度は男女ともに35%

社会問題になるのも頷ける数字である。

Katherine M. Flegal、et al
Prevalence of Obesity and Trends in the Distribution of Body Mass Index Among US Adults, 1999-2010
JAMA. 2012;307(5):491-497.


背景:
 1980年から1999年の間、成人の肥満(BMI30以上)は
 アメリカにおいて増えた。近年この傾向は緩やかあるいは
 頭打ちになっていると思われる。

目的:
 成人の2009年から2010年のNational Health and Nutrition
 Examination Survey (NHANES)により肥満の頻度を調べ、
 1999年から2008年のデータからBMIの分布を調べる。
 主要アウトカムは肥満の頻度と平均BMIとした。

結果:
 2009年から2010年の年齢調整による平均BMIは男性で28.7
 (95% CI, 28.3-29.1) 、女性で28.7 (95% CI, 28.4-29.0)。
 BMI中央値は男性で27.8 (IQR, 24.7-31.7)、女性で27.3
 (IQR, 23.3-32.7)であった。年齢調整による肥満の頻度は
 男性で35.5% (95% CI, 31.9%-39.2%)、女性で35.8%
 (95% CI, 34.0%-37.7%)であった。1999年から2010年の12年で
 女性における肥満に有意な増加はみられなかった(age- and
 race-adjusted annual change in odds ratio [AOR], 1.01;
 95% CI, 1.00-1.03; P = .07)ものの、非ヒスパニック黒人女性
 (P = .04)、メキシカンアメリカ人女性(P = .046)においては有意な
 増加がみれれた。男性においては、有意に線形増加傾向がみられた
 (AOR, 1.04; 95% CI, 1.02-1.06; P < .001)。
 男女ともに直近の2年(2009-2010)においては2003年から2008年の
 6年間と比較して有意な差はみられなかった(男性P=.08、女性P=.24)。
アメリカにおける肥満の頻度は男女ともに35%_e0156318_18523810.jpg
結論:
 2009年から2010年において、肥満頻度は成人男性で35.5%、
 成人女性で35.8%であった。2003年から2008年の6年と比較して
 有意な変化はみられなかった。

by otowelt | 2012-02-05 18:53 | 内科一般

Buruli潰瘍は治療開始後に一時的に悪化するようにみえる

Buruli潰瘍はご存知の通り発展途上国の皮膚感染症として
非常に問題になっている疾患である。
Googleで画像検索すると、いかに深刻なものかおわかりかと思う。
Buruli潰瘍は治療開始後に一時的に悪化するようにみえる_e0156318_2210333.jpg
日本でも昨年19例をまとめた報告がある。
Nakanaga K, et al.
Nineteen cases of Buruli ulcer diagnosed in Japan from 1980 to 2010.
J Clin Microbiol. 2011 Nov;49(11):3829-36.


以下、今回のCIDの論文。

Willemien A. Nienhuis、et al.
Paradoxical Responses After Start of Antimicrobial Treatment in Mycobacterium ulcerans Infection
Clin Infect Dis. (2012) 54 (4): 519-526.


背景:
 抗酸菌感染症における殺菌は(一過性の)
 臨床的な悪化をもたらすかもしれない、すなわち
 奇異性反応として知られている。Buruli潰瘍
 (Mycobacterium ulcerans感染症)におけるこれらの反応
 パターンを調べた。

方法:
 BURULICO抗菌薬試験の参加者において潰瘍を
 注意深い触診により評価しアセテートシートトレースにより
 記録された。患者は抗菌薬を8週間投与された。
 サイズ評価に際して、確たる治療失敗参加者、スキングラフト例、
 HIV感染者は除外された。いずれの時期においても
 表面エリアは過去のものと比較されて評価された。

結果:
 151人の参加者のうち134人が病変サイズ評価に組み込まれた。
 最大の奇異性反応は8週時にみられ、30%を超える参加者が
 サイズの増加がみられた(6週時評価と比較)。90人中75人(83%)の
 非潰瘍性病変の参加者が治療開始後潰瘍化した。9人の参加者は
 治療後新しい病変が発症した。すべての病変は引き続き治癒した。

結論: 
 Buruli潰瘍における抗菌薬治療開始後、新たな潰瘍あるいは潰瘍の
 進行が治癒前にみられることがよくある。この奇異性反応は
 治療開始8週時にみられ、治療失敗と誤認しないことが重要である。

by otowelt | 2012-02-04 22:11 | 感染症全般