<   2017年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

職業上の殺虫剤・除草剤の曝露はCOPDのリスク

e0156318_1633480.jpg 喫煙以外のリスク因子については、国によって流行りがあるようです。ヨーロッパではディーゼルエンジン、ラドンなど。

Alif SM, et al.
Occupational exposure to pesticides are associated with fixed airflow obstruction in middle-age.
Thorax. 2017 Nov;72(11):990-997.


背景:
 集団ベースの研究では、職業上の曝露とCOPDに関連性があることが示されている。しかし、これらの研究は気管支拡張薬前スパイロメトリーを用いた限定的な研究である。職業上の曝露はCOPDのリスク因子を修飾するため、気管支拡張後のデータを用いて検討することは重要である。

目的:
 気管支拡張後スパイロメトリーを用いて、職業上の曝露と不可逆性気道閉塞について検討すること。

方法:
 2002年から2008年までに、Tasmanian Longitudinal Health Study (TAHS)に1335人の被験者が組み込まれた。スパイロメトリーが実施され、労働生活カレンダーを用いて職業歴を収集した。職業曝露カテゴリー割当のためALOHA plus Job Exposure Matrix(職務-曝露マトリックス)を用いた。累積曝露単位(EU)-年の観点からも相対リスクを算出した。不可逆性気道閉塞は、1秒率70%未満および同LLN未満とした。

結果:
 職業上のbiological dustの曝露(相対リスク1.58、95%信頼区間1.01-2.48)、殺虫剤の曝露(相対リスク1.74、95%信頼区間1.00-3.07)、除草剤の曝露(相対リスク2.09、95%信頼区間1.19-3.70)は不可逆性気道閉塞と関連していた。累積EU-年の観点では、殺虫剤(相対リスク1.11、95%信頼区間1.00-1.25)除草剤(相対リスク1.15、95%信頼区間1.00-1.32)が不可逆性気道閉塞と関連していた。加えて、殺虫剤曝露は慢性気管支炎および気流閉塞症状と一致した関連がみられた。鉱物、ガス/フューム、蒸気、ガス、ダストあるいはフュームの過去の曝露カテゴリーにおいては、喘息コンポーネントのない人の不可逆性気道閉塞にのみ関連していた。

結論:
 殺虫剤および除草剤の職業上曝露は、不可逆性気道閉塞や慢性気管支炎と関連していた。biological dustの曝露は喘息コンポーネントのない被験者の不可逆性気道閉塞と関連していた。職業上の曝露を最小化することは、COPDの公衆衛生に役立つかもしれない。


by otowelt | 2017-11-15 00:57 | 気管支喘息・COPD

胸部HRCTでCOPとCEPを鑑別する

e0156318_2331765.jpg いわゆるOPパターンとEPパターンというやつです。

Mehrian P, et al.
High-resolution computed tomography findings in chronic eosinophilic vs. cryptogenic organising pneumonia.
Int J Tuberc Lung Dis. 2017 Nov 1;21(11):1181-1186.


背景:
 類似の臨床的・胸部CT所見をとる特発性器質化肺炎(COP)と慢性好酸球性肺炎(CEP)は、診断の際鑑別がなかなか難しい。

目的:
 COPとCEPを胸部HRCTを用いて鑑別できるか調べること。

デザイン:
 イランのMasih Daneshvari病院において、2007年~2015年のCOP、CEPの患者の胸部HRCT所見を後ろ向きに調べた。COPあるいはCEPは外科的肺生検、経気管支肺生検・気管支肺胞洗浄液、血中好酸球数、ステロイド反応性などで診断された。

結果:
 以下の傾向がみられた。
 CEP:GGO、上葉の肺炎像、気管支壁の肥厚、モザイクパターンが多い
 COP:下葉の肺炎像、胸膜直下の網状影、コンソリデーション、結節・腫瘤影、小葉間隔壁ではない線状影、気管支拡張、reversed halo signが多い
 喘息、喘鳴、末梢血好酸球数上昇の既往は、有意にCEPの方によくみられた。

結論:
 胸部HRCTのみでCEPとCOPを鑑別するのは容易ではないが、他の診断法で確定にいたらない場合、上記所見が有用となるだろう。


by otowelt | 2017-11-14 00:45 | びまん性肺疾患

気腫の多いIPF患者では努力性肺活量のモニタリングは適切とは言えない

e0156318_7331272.jpg 実臨床では努力性肺活量をみる意味がありますが、臨床試験上で交絡因子になる可能性があることを示しています。

Cottin V, et al.
Effect of Emphysema Extent on Serial Lung Function in Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis.
Am J Respir Crit Care Med. 2017 Nov 1;196(9):1162-1171.


背景および方法:
 事後解析において、ベースラインの気腫と線維化のひろがりの関連性を、肺機能の変化とともに48週にわたり調べた。
 第III相ランダム化プラセボ対照試験(GIPF-001 [NCT00047645] 、GIPF-007 [NCT00075998])のデータ用いた。48週時点でのベースラインからの肺機能の変化を調べ、気腫と線維化のひろがりとの関連性を多変量線形回帰を用いて解析した。

結果:
 気腫は38%の患者にみられた。線維化と気腫のひろがりは逆相関した(r = -0.232; P < 0.001)。四分位の解析では、気腫のひろがりが大きい(28~65%)患者では努力性肺活量の減少が最も小さく、気腫がない患者との比較では、48週時点で差3.32%だった(P = 0.047)。多変量解析では、気腫のひろがりが15%以上の場合、気腫がない患者や15%未満の患者と比較して努力性肺活量の減少は有意に少なかった。このような関連は、拡散能などの他の機能では観察されなかった。
e0156318_10361553.jpg
(文献より引用:Figure4A)

結論:
 気腫のひろがりが15%以上あるIPF患者では、努力性肺活量のモニタリングは適切とは言えないかもしれない。


by otowelt | 2017-11-13 00:24 | びまん性肺疾患

頻回にサウナを使用すると肺炎リスクが減少する

e0156318_8265125.jpg ほんまでっか論文。
 研究グループのKunutsorらは、フィットネスと組み合わせると循環器系疾患の死亡リスクも減少させるという研究結果も発表しています(Ann Med. 2017 Oct 16:1-8. )。

Setor K. Kunutsor, et al.
Frequent sauna bathing may reduce the risk of pneumonia in middle-aged Caucasian men: The KIHD prospective cohort study
Respiratori Medicine, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.rmed.2017.10.018


目的:
 サウナは、さまざまな健康的利益があるとされている。頻繁にサウナに入ることは、急性・慢性疾患のリスクを軽減することが示されてきた。サウナは呼吸器疾患のリスクを減らす可能性があるが、エビデンスは不透明である。われわれは、サウナと肺炎リスクの関連について調べた。

方法:
 前向きコホートで同定した42~61歳の2210人の男性において、ベースラインのサウナ使用頻度を聴取した。

結果:
 中央値25.6年の追跡期間のなかで、375の肺炎が記録された。年齢で補正すると、週1回以下サウナを使用する人と比べると、1週間に2~3回サウナを使用する人の肺炎リスクはハザード比0.67(95%信頼区間0.53-0.83)、週4回以上サウナを使用する人の肺炎リスクはハザード比0.53(95%信頼区間0.34-0.84)だった。主要なリスク因子でさらに補正しても、ハザード比は統計学的に有意のままであった(それぞれハザード比0.69[95%信頼区間0.55-0.86]、0.56[95%信頼区間0.35-0.88])。さらに、総カロリー摂取量、社会経済的ステータス、身体活動性、CRP値で補すると、ハザード比はそれぞれ0.72(95%信頼区間0.57-0.90)、0.63(95%信頼区間0.39-1.00)となった。

結論:
 白人の中年男性は、頻回にサウナを使用することで肺炎のリスクが減少する。


by otowelt | 2017-11-10 00:09 | 感染症全般

CheckMate017試験・057試験:ニボルマブとドセタキセルの長期比較

e0156318_8501268.jpg ドセタキセルは長期には投与できませんからね。

Horn L, et al.
Nivolumab Versus Docetaxel in Previously Treated Patients With Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer: Two-Year Outcomes From Two Randomized, Open-Label, Phase III Trials (CheckMate 017 and CheckMate 057).
J Clin Oncol. 2017 Oct 12:JCO2017743062. doi: 10.1200/JCO.2017.74.3062.


目的:
 PD-1阻害剤であるニボルマブは治療歴のある非小細胞肺癌(NSCLC)における独立した2つの第3相試験(CheckMate 017; ClinicalTrials.gov identifier: NCT01642004、CheckMate 057; ClinicalTrials.gov identifier: NCT01673867)でドセタキセルと比較して全生存期間を延長させた。その後の追跡結果を今回報告し、2研究のプール解析をおこなった。

方法:
 プラチナ併用化学療法中または治療後に病勢進行した病期IIIB/IVの扁平上皮NSCLC患者(272人)または非扁平上皮NSCLC患者(582人)を1:1でランダムにニボルマブ(3 mg/kg 2週ごと)とドセタキセル(75 mg/m2 3週ごと)に割り当てた。生存観察のための最小観察期間は24.2ヶ月。

結果:
 2年全生存率は扁平上皮NSCLC患者でニボルマブで23%(95%信頼区間16-30%)、ドセタキセルで8%(95%信頼区間4-13%)、非扁平上皮NSCLC患者でニボルマブで29%(95%信頼区間24-34%)、ドセタキセルで16%(95%信頼区間12-20%)だった。ニボルマブによる死亡リスクの相対的な減少は一次解析で報告されたものと同様。持続的効果が確認された扁平上皮NSCLC患者27人中10人(37%)、非扁平上皮NSCLC患者56人中19人で、少なくとも2年の観察後にも効果が持続していた。ドセタキセルでは持続的効果がみられなかった。プール解析では、ドセタキセルに対するニボルマブの死亡リスクの相対的減少は28%(ハザード比0.72、95%信頼区間0.62-0.84)だった。治療関連有害事象は、ニボルマブの方がドセタキセルよりも少なかった(全グレード:68% vs 88%、グレード3-4:10% vs 55%)。
e0156318_17181341.jpg
(文献より引用)

結論:
 既治療の進行NSCLCにおいて、ニボルマブはドセタキセルと比べ長期の臨床的利益をもたらし、忍容性プロファイルは良好であった。


by otowelt | 2017-11-09 00:06 | 肺癌・その他腫瘍

LAMの診断にTBLBは有用かつ安全

e0156318_21492533.jpg 当院に在院していた木庭医師の報告です。
 
Koba T, et al.
Efficacy and safety of transbronchial lung biopsy for the diagnosis of lymphangioleiomyomatosis: A report of 24 consecutive patients.
Respirology, DOI: 10.1111/resp.13190


背景および目的:
 リンパ脈管筋腫症(LAM)は、出産適齢期の女性に起こるびまん性嚢胞性肺疾患である。LAMは、典型的胸部HRCT所見に加えて、乳び胸、血管脂肪腫、結節性硬化症複合体、血清VEGF-D上昇といった疾患特徴を少なくとも1つ有する場合に診断される。しかしながら、こういった特徴を有さない患者では、確定診断に際して組織学的な同定が必要となる。外科的肺生検よりも侵襲性の低い経気管支肺生検(TBLB)が有用かどうかはまだよくわかっていない。われわれは、LAMの診断におけるTBLBの有用性と安全性を後ろ向きに調べた。

方法:
 1991年1月から2016年8月までに、連続131人のLAM患者が同定された。TBLBはそのうち24人に実施された。われわれは、後ろ向きに当該コホートにおいて診断能と安全性を調べた。

結果:
 24人全例女性であり、年齢中央値は42歳だった。胸部HRCTでは多発性の類円形薄壁嚢胞が肺にびまん性にみられた。血清VEGF-D中央値は2109pg/mLだった。LAMの病理学的所見は2人の独立した病理医の診断によって17人(70.8%)に同定された。%DLCOは、TBLBが陰性だったLAM患者よりもTBLBで診断されたLAM患者17人で有意に低かった(p=0.046)。TBLBによる気胸や出血などの重篤な有害事象は報告されなかった。

結論:
 TBLBはLAMの病理診断において安全かつ有用な手法である。


by otowelt | 2017-11-08 00:02 | びまん性肺疾患

IPFの重症度分類判定改定案

e0156318_7331272.jpg いずれ改訂されるでしょう。 

Kondoh Y, et al.
Disease severity staging system for idiopathic pulmonary fibrosis in Japan.
Respirology. 2017 Nov;22(8):1609-1614.


背景:
 日本では、IPFの疾患重症度分類が医療助成の決定のために用いられてきた。現在使われているシステムはPaO2と労作時SpO2低下によって重症度分類IからIVに割り振られる。IIIとIVでは予後予測能が良好であるが、IとIIでは良好ではないとされている。そのため、IとIIでの識別性を高めるため、改訂システムを提唱する。

方法:
 IPFの死亡率を予測するためにCox比例ハザードモデルを用いて改定システムと現行システムを比較した。両システムと比較するために、国際的に提唱されているGAPシステムについても評価した。
e0156318_1436677.jpg

結果:
 215人のIPF患者を後ろ向きに検討した。単変量解析では現行システム、改訂システム、修正GAPシステムはすべて有意な予後予測因子であった。予後を識別するC統計値は、改定システムで修正GAPシステム・現行システムよりも高かった(それぞれ0.677、0.652、0.659)。1万のブートストラップサンプルから作成した当該モデルのC統計値はオリジナルモデルのものと同様で、良好な内的妥当性があると判断された(ぞれぞれ0.665 [95%信頼区間0.621–0.705]、 0.645 [95%信頼区間0.600–0.686]、0.659[95%信頼区間0.616–0.700])。多変量解析では改定システムと修正GAPシステムは独立予後予測因子と判断された。

結論:
 IPFの重症度分類判定の改定システムは、現行システムよりも良好な死亡予測が可能である。改定システムと修正GAPシステムはともにIPFの予後予測に有用である。


by otowelt | 2017-11-07 00:48 | びまん性肺疾患

IMPACT試験:COPDに対するトリプル吸入療法

 ホカホカのプレスリリースではないのですが、ブログにも貼り付けておきます。


<メモ:GSKより、IMPACT試験のプレスリリース>

 米国では、Trelegy Ellipta(フルチカゾンフランカルボン酸エステル/ウメクリジニウム臭化物/ビランテロールトリフェニル酢酸塩、FF/UMEC/VI)は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)において、レルベアエリプタ(FF/VI)に気管支拡張薬の追加投与を必要とする患者、またはレルベアおよびエンクラッセ(ウメクリジニウム臭化物、UMEC)を投与中である患者に対する1日1回投与の長期維持療法薬として承認されています。

 10,355例が参加したIMPACT試験では、1日1回投与の2成分配合COPD治療薬として既に承認を受けているGSKの2製品と比較した場合に、以下の通りFF/UMEC/VI(100/62.5/25μg)投与群において、主要評価項目である中等度/重度の年間増悪頻度で統計学的に有意な低下が示されました。

・FF/UMEC/VIをレルベアエリプタ(FF/VI, 100/25μg)と比較した場合、15%の低下がみられました;年間で0.91回に対し1.07回;p<0.001(負の二項回帰モデル)
・FF/UMEC/VIをアノーロエリプタ(UMEC/VI, 62.5/25μg)と比較した場合、25%の低下がみられました;年間で0.91回に対し1.21回;p<0.001(負の二項回帰モデル)

 さらに、事前に定めた主な副次評価項目および関連する治療群間比較全体にわたり、以下の通り統計学的に有意な改善を認めました。

・FF/UMEC/VIとFF/VIのトラフFEV1のベースラインからの変化量(52週時)の差は97mLでした;p<0.001。また、FF/UMEC/VIとUMEC/VIの差は54mLとなりました;p<0.001。(反復測定混合モデル)
・FF/UMEC/VIとFF/VIのSGRQスコアのベースラインからの変化量(52週時)の差は-1.8 unitsでした;p<0.001。また、FF/UMEC/VIとUMEC/VIの差は-1.8 unitsでした;p<0.001。(反復測定混合モデル)
・中等度/重度のCOPD増悪の初回発現までの期間の分析では、FF/VIと比較した場合、FF/UMEC/VIでは14.8%リスクが低下したことが示されました;p<0.001。また、UMEC/VIと比較した場合、FF/UMEC/VIでは16%リスクが低下したことが示されました;p<0.001。(Cox比例ハザードモデル)

 IMPACT試験の主要な結果におけるFF/UMEC/VIの安全性プロファイルは、各配合成分及びそれらの2成分配合剤でこれまでに確認されているものと一致していました。治療群全体で最もよくみられた有害事象は、ウイルス性上気道感染症、COPD増悪、上気道感染症、肺炎、および頭痛でした。最も発現頻度の高い重篤な有害事象は、COPD増悪FF/UMEC/VI、FF/VI、UMEC/VIでそれぞれ、11%、11%および13%;肺炎 FF/UMEC/VI、FF/VI、UMEC/VIでそれぞれ、4%、4%および3%でした。


by otowelt | 2017-11-06 00:46 | 気管支喘息・COPD

咽頭痛に対する単回低用量のステロイドは疼痛を軽減する

e0156318_1835391.jpg 咽頭炎に対するステロイドは、いちおう保険適用上問題ないみたいです。

Behnam Sadeghirad, et al.
Corticosteroids for treatment of sore throat: systematic review and meta-analysis of randomised trials
BMJ 2017; 358 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.j3887


目的:
 咽頭痛の治療に対してステロイドを用いることの利益と有害性を調べること。

デザイン:
 ランダム化比較試験のシステマティックレビューおよびメタアナリシス。

データ:
 Medline、Embase、CochraneCENTRALの電子データベースで2017年5月までのランダム化比較試験データを抽出。

研究:
 5歳以上の救急部を受診した急性扁桃炎、咽頭炎、咽頭痛の患者に対して、通常ケアにステロイドを加えたランダム化比較試験を対象とした。言語や出版ステータスは問わなかった。

結果:
 10研究1426人が対象となった。単回の低用量ステロイドを投与された患者(もっともよくみられたのは経口デキサメタゾンを最大10mg使用)は、24時間後(相対リスク2.2, 95%信頼区間1.2 to 4.3; リスク差12.4%)、48時間後(相対リスク1.5, 95%信頼区間1.3 to 1.8; リスク差18.3%)の疼痛緩和が得られやすかった。
e0156318_181283.jpg
(文献より引用)

 発症から疼痛緩和までの平均時間は、ステロイド投与によって4.8時間早くなった(95%信頼区間−1.9 to −7.8)。発症から疼痛の完全寛解までの平均時間は、ステロイド投与によって11.1時間早くなった(95%信頼区間−0.4 to −21.8)。24時間時点での疼痛緩和のVASスコア減少は、ステロイド投与群で大きかった(平均差1.3, 95%信頼区間0.7 to 1.9)。10研究のうち9つが副作用に関して報告していた。6研究は副作用について触れられておらず、3研究はわずかだが副作用に触れられていた。その多くが疾患の合併症であり、両群とも同等だった。

結論:
 単回低用量のステロイド投与は、重篤な有害事象を増やすことなく咽頭痛の軽減に有用である。


by otowelt | 2017-11-02 00:40 | 内科一般

TOMORROW試験オープンラベル:52週以降のニンテダニブの有効性と安全性

 納入要件が緩和されれば日本でも処方が増えると思います。
 
Luca Richeldi, et al.
Long-term treatment of patients with idiopathic pulmonary fibrosis with nintedanib: results from the TOMORROW trial and its open-label extension


e0156318_14282161.jpg
(文献より引用)

概要:
 これはIPFに対するニンテダニブの有効性と安全性を検証したプラセボ対照ランダム化比較試験(TOMORROW試験:52週)の52週以降の同アウトカムを調べたリサーチレターである。
 努力性肺活量の年あたりの減少はニンテダニブ群―125.4mL/年(95%信頼区間-168.1~-82.7)、プラセボ→試験終了後ニンテダニブ群-189.7mL/年(95%信頼区間-229.8~-149.6)だった。
e0156318_14231735.jpg
(文献より引用:努力性肺活量、死亡)
 
 ニンテダニブの有害事象は研究期間を通じてTOMORROW試験と差はなく、忍容性は良好だった。これらの結果から、ニンテダニブは52週を超えてもIPFの肺機能に利益をもたらすことがわかった。


by otowelt | 2017-11-01 00:19 | びまん性肺疾患