閉塞性睡眠時無呼吸に対するゾピクロンの影響

e0156318_23181522.jpg 睡眠薬ゼッタイダメ!というのは極論なのかもしれません。

Sophie G. Carter, et al.
Effects of 1-month of zopiclone on OSA severity & symptoms: A randomised controlled trial
European Respiratory Journal 2018; DOI: 10.1183/13993003.00149-2018


背景:
 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)に対する睡眠薬の使用は、安全性の懸念から禁忌とされている。近年の研究では、夜間の睡眠薬1剤の使用は、幾人かにおいて低酸素血症を悪化させるが、その他の被験者ではOSA重症度を軽減することが示されている。しかしながら、より長期の臨床試験でのデータは不足している。この研究の目的は、1ヶ月のゾピクロン使用の影響を調べることである。

方法:
 1ヶ月間におよぶランダム化二重盲検並行群間試験である。69人が、覚醒閾値を評価するための喉頭蓋カテーテルを用いた夜間生理学的スクリーニングを受けた。その後、30人(平均AHI22±11)がポリソムノグラフィ(ベースライン)を受け、さらにゾピクロン7.5mg内服あるいはプラセボ内服の条件下で2回(初日、30日目)の検査を受けた。

結果:
 ベースラインから30日目までのAHI変化は、ゾピクロンとプラセボ群で差はみられなかった(−5.9±10.2 vs. −2.4±5.5, p=0.24)。同様に、低酸素血症、翌日の眠気、ドライビングシミュレーターパフォーマンスにも有意差はなかった。

結論:
 1ヶ月のゾピクロン投与は、低酸素血症を起こすことなく、OSA重症度や眠気を悪化させなかった。





# by otowelt | 2018-07-19 00:26 | 呼吸器その他

クライオバイオプシーの合併症の頻度

e0156318_1543237.jpg クライオバイオプシーの単施設研究です。

Cooley J, et al.
Safety of performing transbronchial lung cryobiopsy on hospitalized patients with interstitial lung disease.
Respir Med. 2018 Jul;140:71-76.


背景:
 経気管支肺クライオバイオプシー(TBLC)は、間質性肺疾患(ILD)の診断に良く用いられるオプションとなったが、安全性についてはわずかな報告しかない。ゆえに、われわれは、入院患者におけるTBLCの安全性を外来患者のそれと比較した。

方法:
 2013年11月から2017年3月までにILDを疑われてTBLCを受けた全患者を後ろ向きに登録した(単施設)。

結果:
 ILDの診断のため、159のクライオバイオプシー手技が行われた。有害事象は以下の通りだった。気胸:11%、遷延性エアーリーク1.3%、中等症~重症の出血:3.8%、48時間以内のICU入室:3.1%、30日死亡率:1.9%。ただし、手技による死亡例はないと判断された。入院患者と外来患者を比較すると、気胸の頻度はそれぞれ24%、9.9%、遷延性エアーリークの頻度はそれぞれ5.9%、0.7%、ICU入室はそれぞれ12%、2.1%、30日死亡率はそれぞれ5.9%、1.4%だった。しかしながら、統計学的に群間差はなかった。

結論:
 臨床医はクライオバイオプシーは、外科的肺生検と遜色のない高い診断率、高い安全性、安価な医療コストであることを認識し、すべての手技が同等のリスクプロファイルというわけではないことを知っておくべきである。外来患者と比較して、入院患者は気胸、遷延性リーク、ICU入室、30日死亡率が高かった。





# by otowelt | 2018-07-18 00:34 | びまん性肺疾患

悪性胸水再貯留のリスク因子

e0156318_10101326.jpg 確かに貯まりやすい人とそうでない人に二分される印象です。

Grosu HB, et al.
Risk factors for pleural effusion recurrence in patients with malignancy.
Respirology. 2018 Jul 2. doi: 10.1111/resp.13362.


背景および目的:
 悪性胸水患者における治療の主目的は、症状緩和である。この研究の目的は、有症状悪性胸水の再発のリスク因子を同定することである。

方法:
 初回胸水穿刺を受けた悪性胸水患者を後ろ向きに登録した多施設共同コホート研究を実施した。プライマリアウトカムは、転移性疾患の診断が得られている患者における介入を要する再発性胸水とした。原因別ハザードモデルを用いて、悪性胸水再発のリスク因子を同定した。

結果:
 転移性悪性腫瘍の診断を受けた988人の患者が登録された。累積再発率は、15日後までで30%の頻度だった。多変量解析では、胸部レントゲン写真における心上縁までの胸水貯留(ハザード比1.84、95%信頼区間1.21-2.80, P = 0.004)、心上縁を超える胸水貯留(ハザード比2.22, 95%信頼区間1.43-3.46, P = 0.0004)、大量の胸水排液(ハザード比1.06、95%信頼区間1.04-1.07、P < 0.0001)、胸水中LDH高値(ハザード比1.008, 95%信頼区間1.004-1.011, P < 0.0001)は再発と関連していた。細胞診陰性(ハザード比0.52, 95%信頼区間0.43-0.64, P < 0.0001)は再発率が低かった。

結論:
 胸水量、胸水排液量、胸水中LDH、胸水細胞診は、胸水貯留再発のリスク因子と考えられる。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人工呼吸器の本 アドバンス [ 田中 竜馬 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2018/7/6時点)



# by otowelt | 2018-07-17 00:52 | 肺癌・その他腫瘍

IPFに対する24週間のピルフェニドン+ニンテダニブ併用治療

e0156318_1543237.jpg 併用治療によって長期生存に利益があればよいのですが・・・。どうでしょうか。

Flaherty KR, et al.
Safety of Nintedanib Added to Pirfenidone Treatment for Idiopathic Pulmonary Fibrosis
Eur Respir J. 2018 Jun 25. pii: 1800230.


背景:
 われわれは、IPF患者におけるピルフェニドン(1602-2403mg/day)とニンテダニブ(200-300mg/day)の併用療法の安全性と忍容性を調べた。

方法:
 この24週のシングルアームオープンラベル第IV相試験では、努力性肺活量50%以上、%DLCO30%以上のIPF患者が組み入れられた。ニンテダニブを始める前に、患者は16週以上のピルフェニドンを投与され、28日以上の期間1602mg/day以上の用量に忍容性があることを確認した。プライマリエンドポイントは、24週のピルフェニドンとニンテダニブの併用を完遂した患者頻度とした。治療関連有害事象を記録した。

結果:
 83人の患者が登録された。73人が24週の治療を完遂し、16人が治療を中断した(13人が有害事象による)。74人で合計418の治療関連有害事象のうち、下痢、悪心、嘔吐がもっともよくみられた。2人の患者が重篤な有害事象を呈した。

結論:
 ピルフェニドンとニンテダニブの24週におよぶ併用治療は、ほとんどのIPF患者で忍容性があり、単独治療と同等の有害事象を呈した。併用治療について、さらなる研究をすすめるべきである。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

画像から学ぶびまん性肺疾患 [ 酒井文和 ]
価格:10260円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)



# by otowelt | 2018-07-13 00:46 | びまん性肺疾患

COPD患者において、喘息合併や吸入ステロイド薬使用は肺癌リスクを減少させる

e0156318_8124310.jpg 後ろ向き研究ですが、非常に規模の大きなコホートからの報告です。
 この話はよく取り沙汰されますが、吸入ステロイド薬を用いている患者さんが、実はぶっちゃけCOPDらしくないので肺癌にかかりにくい、というストーリーも考えられなくはないでしょうか。

Sandelin M, et al.
Factors associated with lung cancer in COPD patients.
Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2018 Jun 6;13:1833-1839.


背景:
 肺癌の死亡リスクは、年齢・性別マッチのコントロールと比較するとCOPD患者で8倍高いと言われている。この研究の目的は、プライマリケアセンターにおける大規模COPD患者コホートで、肺癌に関連する因子を調べることである。

方法:
 年齢、性別、社会経済的因子、併存症、薬物治療がCOPDにおける肺癌リスクに影響を与えるかどうかを解析するため、プライマリケアセッティングでのスウェーデンのCOPDコホートを用いた。後ろ向き観察研究である。

結果:
 19894人の患者が登録された。594人(3.0%)に肺癌が診断された。多変量解析では、肺癌のリスクはCOPDと喘息の合併例では低かった(ハザード比0.54、95%信頼区間0.41-0.71)。一方で、年齢の増加とともに肺癌のリスクは上昇した。吸入ステロイド薬を処方された患者では用量依存性に肺癌リスクが減少した(ハザード比0.52、95%信頼区間0.37-0.73)。しかしながら、アセチルサリチル酸の使用者ではリスクが上昇した(ハザード比1.58、95%信頼区間1.15-2.16)。

結論:
 この大規模集団ベースコホートにおいては、COPD患者における喘息の合併と吸入ステロイド薬の使用は肺がんリスクを減少させる独立因子であり、アセチルサリチル酸の使用はリスクを上昇させた。この研究の知見は、前向き研究でもって立証されるべきである。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

気管支鏡ベストテクニック改訂2版 [ 浅野文祐 ]
価格:10260円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)



# by otowelt | 2018-07-12 00:20 | 肺癌・その他腫瘍