実臨床におけるネーザルハイフローの使用

e0156318_21563989.jpg まだコンセンサスがなさそうなので、用語はネーザルハイフローにしています。実臨床でどういう風に使われているのか、私の持っているイメージと同じでした。

Jiro Ito, et al.
The clinical practice of high-flow nasal cannula oxygen therapy in adults: A Japanese cross-sectional multicenter survey
Respiratory Investigation, DOI: https://doi.org/10.1016/j.resinv.2018.02.002


背景:
 ネーザルハイフローは急性期ケアでよく用いられている酸素療法だが、実臨床ではデータが限られている。この研究の目的は、日本人の成人患者における同酸素療法について記述することである。

目的:
 日本の33施設における後ろ向きの横断的研究を2015年3月まで実施した。

結果:
 321人の患者が22病院から登録された(年齢中央値76歳、218人が男性、103人が女性、PF比中央値178mmHg)。挿管拒否(Do-not-intubate)ステータスは患者の37.4%にみられた。ネーザルハイフロー導入前、57.9%の患者が通常酸素療法を適用され、25.9%がNPPVを適用され、15.0%が挿管人工呼吸管理を適用されていた。もっともよくみられた適応疾患は、急性低酸素性呼吸不全(65.4%)で、術後呼吸補助(15.9%)、抜管後呼吸補助(11.2%)と続いた。急性低酸素性呼吸不全の原因は、間質性肺疾患、肺炎、心原性肺水腫が主だった。ネーザルハイフロー導入はICUやそれに準ずる場所でおこなわれており(60.7%)、一般病床で行われたのは36.1%だった。装着期間中央値は4日で、流量中央値は40L/分、FiO2中央値は50%だった。ネーザルハイフローは動脈血酸素分圧、動脈血二酸化炭素分圧、SpO2、呼吸数を改善させた。3分の2の患者が生存し、退院もしくは転院した。

結論:
 実臨床におけるネーザルハイフローの使用について記述した。


# by otowelt | 2018-04-27 00:04 | 集中治療

重症COPDは好酸球数が多いと肺炎リスクが高い

e0156318_1633480.jpg あまり実感したことはありませんが・・・。好酸球数が多いCOPDというのは、本当にCOPDなのかという哲学的な問答も出てくる。

Signe Vedel-Krogh, et al.
Blood eosinophil count and risk of pneumonia hospitalisations in individuals with COPD
European Respiratory Journal 2018; DOI: 10.1183/13993003.00120-2018


背景:
 COPDにおける血中好酸球数は、増悪の頻度とステロイド反応性の高さに関連しているとされているが、頻回な増悪とICS使用は肺炎のリスクを高める。われわれは、重症COPDの患者では血中好酸球数が肺炎リスクと関連しているという仮説を立てた。

方法:
 Copenhagen General Population Studyから7180人のCOPD患者が登録され、643人が%1秒量50%未満だった。追跡期間中に、退院時診断名が肺炎とついているものを記録した。

結果:
 COPD患者のうち%1秒量が50%未満の患者のうち、0.34×109/Lの好酸球数にカットオフ値を設定すると、それより高い群は低い群と比較して肺炎の多変量補正罹患率比が2.17だった(95%信頼区間1.31–3.58)(性別、年齢、喫煙歴、BMI、教育水準、%1秒量で補正)。過去の肺炎歴、炎症性バイオマーカー(CRP、白血球数、フィブリノーゲン)、ICS使用でさらに補正すると1.81(95%信頼区間1.11-2.94)だった。臨床的にCOPDと診断された人(直近の増悪、10pack-years以上の喫煙歴、%1秒量<70%)では、同リスクは4.52(95%信頼区間2.11-9.72)だった。肺炎リスクは、%1秒量50%以上の症例では好酸球数によって差はみられなかった。

結論:
 COPDで%1秒量50%未満の場合、血中好酸球数0.34×109/L以上の群では肺炎による入院リスクが高かった。



# by otowelt | 2018-04-26 00:35 | 気管支喘息・COPD

緑膿菌感染合併肺MAC症の臨床的特徴

e0156318_13334416.jpg 気管支拡張症がシビアな患者さんだと両感染症を合併することがよくありますね。

本間千絵ら.
緑膿菌感染合併肺Mycobacterium avium complex 症患者の臨床的特徴の検討
Kekkaku Vol. 93, No. 2 : 101-107, 2018


目的:
 緑膿菌感染合併肺Mycobacterium avium complex(MAC)症の臨床的特徴を明らかにするため,後方視的に非緑膿菌感染合併肺MAC 症患者と比較検討を行った。

対象と方法:
 2012 年度から2015 年度までに当院に初診し,肺MAC 症と診断された患者322 人のうち緑膿菌感染合併患者41 人(12.7%)を対象とし,後方視的に非緑膿菌合併患者と臨床像を比較検討した。

結果:
 緑膿菌感染合併肺MAC 症患者は非合併肺MAC 症患者と比べ,統計的に有意に,より低いBody Mass Index(18.7±2.9,p<0.05),CT における病変がより広範囲(p<0.05)で,他一般細菌の同時検出が多くみられた(68.3%,p<0.05)。年齢(71.3±7.9),CT における下葉への拡がり(86.5%)やMAC 抗体陽性率(82.6%),他非結核性抗酸菌の検出(14.6%),クラリスロマイシン耐性(2 人,13.3%),死亡率(3 人,7.3%)について有意差はみられなかったが,緑膿菌感染合併肺MAC 症患者に多い傾向がみられた。

考察:
 肺MAC 症に緑膿菌感染を合併する場合,空洞の有無よりも病変の拡がりおよび,より低いBodyMass Index が関連した。緑膿菌感染合併肺MAC 症患者は一般細菌との混合感染,他非結核性抗酸菌の同時検出がより高頻度に認められ,緑膿菌検出は複数菌の混合感染の指標になる可能性,また予後もより悪い可能性が示唆された。


# by otowelt | 2018-04-24 00:20 | 抗酸菌感染症

ポケット呼吸器診療2018について

 『ポケット呼吸器診療2018』について「細かいことだが、50p と171pの表(ABPAのもの)は重複。」というご意見をいただきました。ありがとうございます。
e0156318_1784653.png

 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症については、目次から調べるとき「アレルギー疾患」として調べる場合と「感染症」として調べる場合の2パターンが想定されます。そこで、どちらから検索しても必要な資料に辿りつけるよう、敢えて重複して記載させていただきました。
 
 毎年の改訂が必要かどうかについては、出版社と話し合いの上、今後の検討課題とさせてください。貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。


# by otowelt | 2018-04-23 00:08 | その他

IMPACT試験:COPDにおけるトリプル吸入療法は中等症あるいは重症COPD増悪を抑制

e0156318_1051535.jpg ATSでも発表される予定のIMPACT試験、Trelegy®エリプタのエビデンスです。日本でも数年以内に発売されるでしょう。
 トラフ1秒量のイメージとして、50mL以上は上乗せされる印象です。
 ICSが入ると、軽症とはいえ肺炎がやはりネックになりそうです。
 IMPACT試験ではICS/LABAがLAMA/LABAよりもCOPD増悪アウトカムが優れていたとされていますが、FLAME試験ではLAMA/LABAの方が優れていました。この理由として、FLAME試験ではintrinsicにICS/LABAが必要だった人が除外されてしまっており、ICS/LABAの有効性が下方修正されていたのではないかとのことです。

David A. Lipson, et al.
Once-Daily Single-Inhaler Triple versus Dual Therapy in Patients with COPD
NEJM DOI: 10.1056/NEJMoa1713901


背景:
 COPDにおけるトリプル吸入療法(ICS、LAMA、LABA)の2剤使用と比較した臨床的利益は不透明である。

方法:
 10355人のCOPD患者を含むランダム化比較試験において、52週間の1日1回フルチカゾンフランカルボン酸(ICS)100μg+ウメクリジニウム(LAMA)62.5μg+ビランテロール(LABA)25μgのトリプル吸入療法を受けた群と、フルチカゾンフランカルボン酸+ビランテロールあるいはウメクリジニウム+ビランテロールの2剤治療を受けた群比較した。いずれにレジメンもエリプタで吸入した。プライマリアウトカムは、治療中の中等症あるいは重症のCOPD増悪年間発生率とした。

結果:
 中等症あるいは重症のCOPD増悪はトリプル吸入療法群で0.91/年、フルチカゾンフランカルボン酸+ビランテロール群で1.07/年だった(率比0.85、95%信頼区間0.80-0.90、15%差、p<0.001)。ウメクリジニウム+ビランテロール群では1.21/年だった(率比0.75、95%信頼区間0.70-0.81、25%差、P<0.001)。
 入院を要する重症増悪の年間発生はトリプル吸入療法群で0.13であり、ウメクリジニウム+ビランテロール群で0.19(率比0.66、95%信頼区間0.56-0.78、34%差、p<0.001)だった。
e0156318_1027579.png
(中等症~重症COPD増悪:文献より引用)

 ウメクリジニウム+ビランテロール群と比較すると、肺炎はICSを使用した群で多かった。臨床医の診断した肺炎のリスクについても、ウメクリジニウム+ビランテロール群と比較するとトリプル吸入療法群の方が高かった (ハザード比1.53; 95%信頼区間1.22-1.92; P<0.001)。
e0156318_10344583.jpg

(肺炎の頻度:文献より引用)

結論:
 フルチカゾンフランカルボン酸+ウメクリジニウム+ビランテロールは、フルチカゾンフランカルボン酸+ビランテロールあるいはウメクリジニウム+ビランテロールと比較すると、中等症あるいは重症COPD増悪の頻度を低下させた。トリプル吸入療法は、ウメクリジニウム+ビランテロールと比較すると、COPDによる入院の頻度も低下させた。


# by otowelt | 2018-04-22 00:09 | 気管支喘息・COPD