ファストフードの消費は喘息のリスク

e0156318_23391854.png 週3回以上ハンバーガーを食べる人はヤバそうですが、組み入れられているのは小児の研究ばかりです。一応。

Wang CS, et al.
Is the consumption of fast foods associated with asthma or other allergic diseases?
Respirology. 2018 Jul 4. doi: 10.1111/resp.13339.


背景:
 ファストフードの消費と喘息あるいはアレルギー性疾患の関連については明らかにされていない。この研究の目的は、ファストフードの消費が喘息あるいはアレルギー性疾患と関連しているかどうか調べることである。

方法:
 データベースは2018年2月まで登録された。ファストフードと喘息あるいはアレルギー性疾患の関連を調べた症例対照研究および横断研究が組み入れられた。補正オッズ比と95%信頼区間が算出された。

結果:
 16研究(横断研究:13、症例対照研究:3)が登録された。ファストフードの消費は、現在の喘息(症例対照研究:補正オッズ比1.58、95%信頼区間1.17-2.13、横断研究:補正オッズ比1.58、95%信頼区間1.10-2.26)、重症喘息(補正オッズ比1.34、95%信頼区間1.23-1.46)、喘息既往(補正オッズ比1.36、95%信頼区間1.06-1.75)、現在のwheeze(補正オッズ比1.21、95%信頼区間1.16-1.27)、wheeze既往(補正オッズ比1.65、95%信頼区間1.07-2.52)、主治医が診断したアレルギー性鼻炎(オッズ比1.43、95%信頼区間1.05-1.95)、重症鼻結膜炎(補正オッズ比1.54、95%信頼区間1.18-2.00)と有意に関連していた。ハンバーガーの消費は現在の喘息(補正オッズ比1.59; 95%信頼区間1.13-2.25), 重症喘息(補正オッズ比1.34; 95%信頼区間1.23-1.46), 喘息既往 (補正オッズ比1.47; 95%信頼区間1.13-1.92), 重症湿疹 (補正オッズ比1.51; 95%信頼区間1.16-1.96), 重症鼻結膜炎(補正オッズ比1.54; 95%信頼区間1.18-2.00)、鼻結膜炎(補正オッズ比1.21; 95%信頼区間1.15-1.27)と関連していた。特に、ハンバーガーを食べている場合や、ファストフードを週3回以上食べている場合、重症喘息やwheezeのリスク上昇と関連していた。

結論:
 ファストフード、とりわけハンバーガーの摂取は、用量反応性に喘息のリスク上昇と関連していた。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝 [ レー・A.クロック ]
価格:1543円(税込、送料無料) (2018/7/9時点)



# by otowelt | 2018-07-24 00:23 | 気管支喘息・COPD

補完代替医療を受ける癌患者は死亡リスクが高い

e0156318_1013928.png 一時期、日本でも問題になりました。特に外科手術のように生命予後に直結するケースで補完代替医療を選ぶのは、危険だと思っています。

Skyler B. Johnson, et al.
Complementary Medicine, Refusal of Conventional Cancer Therapy, and Survival Among Patients With Curable Cancers
JAMA Oncol. Published online July 19, 2018. doi:10.1001/jamaoncol.2018.2487


背景:
 補完代替医療(CM)を受けていない患者と比較した場合、CMを受けている癌患者におけるCM、標準癌治療(CCT)アドヒアランス、全生存期間の関連性についての情報は不足している。

目的:
 CMの有無ごとにCCTを受けた癌患者の全生存期間を比較すること。また、治療アドヒランスや患者特性を比較すること。

デザイン:
 国立癌データベースによる190万1815人の患者データを用いた後ろ向き観察研究である。癌種は乳癌、前立腺癌、肺癌、直腸結腸癌とし、2004年1月1日~2013年12月31日までの患者を組み入れた。患者は、年齢、臨床病期、Charlson-Deyo合併症スコア、保険種類、人種、診断時年齢、癌種によってマッチングされた。統計解析は2017年11月8日~2018年4月9日まで実施された。

曝露:
 CMは、「非医療従事者によって管理されたその他の癌治療」とされ、外科手術、放射線治療、化学療法、ホルモン療法といった少なくとも1つ以上のCCTに追加的に用いられるものとした。

主要アウトカム:
 全生存期間、治療アドヒアランス、患者特性。

結果:
 190万1815人の癌患者コホート(258人:CM群、190万1557人:コントロール群)となった。マッチング後の主要解析に用いられたのは、CM群258人(女性199人、男性59人、平均年齢56歳[IQR48-64歳])、コントロール群1032人(女性798人、男性234人、平均年齢56歳[IQR48-64歳])である。
 CMを選んだ患者は、CCT開始が遅れたわけではなかったが、外科手術(7.0% [18 of 258] vs 0.1% [1 of 1031]; P < .001)、化学療法(34.1% [88 of 258] vs 3.2% [33 of 1032]; P < .001), 放射線治療(53.0% [106 of 200] vs 2.3% [16 of 711]; P < .001), ホルモン療法(33.7% [87 of 258] vs 2.8% [29 of 1032]; P < .001)に拒否的であった。CM使用は、5年生存率の悪化と関連していた(82.2% [95%信頼区間76.0%-87.0%] vs 86.6% [95%信頼区間 84.0%-88.9%]; P = .001)。また、治療遅れや拒否を組み込まない多変量解析において、CMは独立して死亡リスクを上昇させた(ハザード比2.08; 95%信頼区間 1.50-2.90)。しかしながら、治療遅れや拒否をモデルに組み込むと、有意差は消失した(ハザード比1.39; 95%信頼区間0.83-2.33)。
e0156318_1053684.png
(文献より引用)

結論:
 この研究において、CMを受けている患者は追加的なCCTを拒否しやすく、死亡リスクを上昇させた。CMはCCTを拒否しやすいため、リスク上昇につながったものと考えられる。







# by otowelt | 2018-07-23 00:49 | 肺癌・その他腫瘍

血清CCL18はIPFの疾患進行を予測する強力なバイオマーカー

e0156318_1543237.jpg 有名臨床試験の事後解析です。

Margaret Neighbors, et al.
Prognostic and predictive biomarkers for patients with idiopathic pulmonary fibrosis treated with pirfenidone: post-hoc assessment of the CAPACITY and ASCEND trials
Lancet Respiratory Medicine, DOI: https://doi.org/10.1016/S2213-2600(18)30185-1


背景:
 IPFの進行は個々にばらつきがある。過去の研究では、いくつかのタンパクバイオマーカーの末梢血濃度が予後予測因子となりうることが示されているが、複製コホート間で直接比較されたことはない。

方法:
 われわれはCAPACITY 004および006試験、ASCEND試験において、血清CCL13、CCL17, CCL18, CXCL13, CXCL14, COMP、インターロイキン13、MMP3、MMP7、オステオポンチン、ペリオスチン、YKL40のデータを集積し事後報告をこころみた。登録患者は40~80歳のIPF患者で、ベースラインのバイオマーカー未測定例は除外された。バイオマーカーが臨床アウトカムの予後予測と一致するかどうかをみるために、ベースラインのバイオマーカー濃度と努力性肺活量(%予測値)の絶対変化に相関性があるかどうかを検証した。

結果:
 いくつかのベースラインバイオマーカー(CCL13, CCL18, COMP, CXCL13, CXCL14, ペリオスチン, YKL40)はプラセボ群において疾患進行を予測できたが、CCL18のみが努力性肺活量(%予測値)の絶対変化に相関性がある予後予測バイオマーカーだった。ベースラインバイオマーカー濃度にかかわらず、ピルフェニドン治療は利益をもたらした。

結論:
 血清CCL18は、IPFコホートにおいて最も疾患進行を予測するバイオマーカーである。前向き研究においてこの妥当性を検証する必要があろう。





# by otowelt | 2018-07-20 00:17 | びまん性肺疾患

閉塞性睡眠時無呼吸に対するゾピクロンの影響

e0156318_1048204.png 睡眠薬ゼッタイダメ!というのは極論なのかもしれません。

Sophie G. Carter, et al.
Effects of 1-month of zopiclone on OSA severity & symptoms: A randomised controlled trial
European Respiratory Journal 2018; DOI: 10.1183/13993003.00149-2018


背景:
 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)に対する睡眠薬の使用は、安全性の懸念から禁忌とされている。近年の研究では、夜間の睡眠薬1剤の使用は、幾人かにおいて低酸素血症を悪化させるが、その他の被験者ではOSA重症度を軽減することが示されている。しかしながら、より長期の臨床試験でのデータは不足している。この研究の目的は、1ヶ月のゾピクロン使用の影響を調べることである。

方法:
 1ヶ月間におよぶランダム化二重盲検並行群間試験である。69人が、覚醒閾値を評価するための喉頭蓋カテーテルを用いた夜間生理学的スクリーニングを受けた。その後、30人(平均AHI22±11)がポリソムノグラフィ(ベースライン)を受け、さらにゾピクロン7.5mg内服あるいはプラセボ内服の条件下で2回(初日、30日目)の検査を受けた。

結果:
 ベースラインから30日目までのAHI変化は、ゾピクロンとプラセボ群で差はみられなかった(−5.9±10.2 vs. −2.4±5.5, p=0.24)。同様に、低酸素血症、翌日の眠気、ドライビングシミュレーターパフォーマンスにも有意差はなかった。

結論:
 1ヶ月のゾピクロン投与は、低酸素血症を起こすことなく、OSA重症度や眠気を悪化させなかった。





# by otowelt | 2018-07-19 00:26 | 呼吸器その他

クライオバイオプシーの合併症の頻度

e0156318_1543237.jpg クライオバイオプシーの単施設研究です。

Cooley J, et al.
Safety of performing transbronchial lung cryobiopsy on hospitalized patients with interstitial lung disease.
Respir Med. 2018 Jul;140:71-76.


背景:
 経気管支肺クライオバイオプシー(TBLC)は、間質性肺疾患(ILD)の診断に良く用いられるオプションとなったが、安全性についてはわずかな報告しかない。ゆえに、われわれは、入院患者におけるTBLCの安全性を外来患者のそれと比較した。

方法:
 2013年11月から2017年3月までにILDを疑われてTBLCを受けた全患者を後ろ向きに登録した(単施設)。

結果:
 ILDの診断のため、159のクライオバイオプシー手技が行われた。有害事象は以下の通りだった。気胸:11%、遷延性エアーリーク1.3%、中等症~重症の出血:3.8%、48時間以内のICU入室:3.1%、30日死亡率:1.9%。ただし、手技による死亡例はないと判断された。入院患者と外来患者を比較すると、気胸の頻度はそれぞれ24%、9.9%、遷延性エアーリークの頻度はそれぞれ5.9%、0.7%、ICU入室はそれぞれ12%、2.1%、30日死亡率はそれぞれ5.9%、1.4%だった。しかしながら、統計学的に群間差はなかった。

結論:
 臨床医はクライオバイオプシーは、外科的肺生検と遜色のない高い診断率、高い安全性、安価な医療コストであることを認識し、すべての手技が同等のリスクプロファイルというわけではないことを知っておくべきである。外来患者と比較して、入院患者は気胸、遷延性リーク、ICU入室、30日死亡率が高かった。





# by otowelt | 2018-07-18 00:34 | びまん性肺疾患